Adobe Illustrator CC と旧バージョンファイルとの互換性について説明します。

旧バージョンファイルとの互換性

Illustrator CC で作成したファイルは、初期設定では旧バージョンファイルとの互換性はありませんが、旧バージョンファイルと互換性のある形式で保存することが可能です。

旧バージョンの Illustrator と互換性のあるファイルを保存

旧バージョンの Illustrator CS6 / CS5 / CS4 / CS3/ CS2 / CS / 10 / 9.0 / 8.0 / 3.0 と互換性のあるファイルを作成するには、ファイルを保存した際に表示される、Illustrator オプションダイアログボックス上部の「バージョン」オプションで設定します。

Illustrator CC で作成したファイルに、旧バージョンの Illustrator でサポートされていない機能が含まれる場合は、 警告セクションでデータがどのように変更されるか警告メッセージが表示されます。

注意:

Illustrator CC で作成したファイルを以前のバージョンの形式で保存すると、再び Illustrator CC で開いた際に一部の編集ができなくなる場合があります。Illustrator CC ファイル内で、以前のバージョンに存在しない機能が使用されている場合にこの問題が生じます。ダイアログボックスに表示される警告メッセージを確認してください。

Illustrator 10 以前で作成したテキストオブジェクト

Illustrator 10/9.0/8.0/3.0 で作成したテキストを含む Illustrator ファイルを、それ以降のバージョンの Illustrator で編集するには、テキストオブジェクトを更新する必要があります。更新することによって、段落スタイルと文字スタイル、オプティカルカーニング、OpenTypeフォントの完全サポートなど、Illustrator CC のテキスト機能をすべて使用できるようになります。

※ テキストを編集する必要がない場合は、更新する必要はありません。更新されていないテキストを、レガシーテキストと呼びます。レガシーテキストは、表示、移動、プリントは可能ですが、編集することはできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー