問題

クリッピングマスクコマンドで作成とレイヤーを使って作成したクリッピングマスクオブジェクトの違いはなんですか?

作成方法と違いについて:

クリッピングマスクを使用したオブジェクトの一部の非表示

  1. マスクとして使用するオブジェクトを作成します。(このオブジェクトはクリッピングパスと呼ばれます。クリッピングパスとして使用できるのはベクトルオブジェクトだけです。)
  2. 重なり順がマスクするオブジェクトの上位になるように、クリッピングパスを移動します。
  3. クリッピングパスとマスクするオブジェクトを選択します。
  4. オブジェクト/クリッピングマスク/作成を選択します。

    *複数のオブジェクトが重なり合う領域からクリッピングパスを作成するには、最初にオブジェクトをグループ化します。

グループまたはレイヤーのクリッピングマスクの作成

 

  1. マスクとして使用するオブジェクトを作成します。(このオブジェクトはクリッピングパスと呼ばれます。クリッピングパスとして使用できるのはベクトルオブジェクトだけです。)
  2. クリッピングパスとマスクするオブジェクトをレイヤーまたはグループに移動します。
  3. レイヤーパネルで、クリッピングパスがグループまたはレイヤーの一番上にあることを確認して、レイヤーまたはグループの名前をクリックします。
  4. レイヤーパネルの下部にあるクリッピングマスクを作成 / 解除ボタンをクリックするか、レイヤーパネルメニューの「クリッピングマスクを作成」を選択します。



違い:
  • オブジェクトを選択するとクリッピングパスがハイライト(選択される)します。
  • ダブルクリックで編集モードになります。マスクされたままでリンクファイルを編集できます。移動するとマスクもかわります。

  • サブレイヤーが作成されます。

違い:
  • オブジェクトを選択するとマスクされた画像がハイライト(選択される)します。

     
  • ダブルクリックで編集モードになります。リンクファイルが編集の対象になります。マスクの位置は分かりません。



     
  • レイヤーでは、オブジェクトの上にクリッピングパスがあります。



     

追加情報

内側描画はどちらでも利用できます。ダイレクト選択ツールでクリッピングパスを選択してからブラシツールなどを利用してパスの内側に書き込みます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー