Adobe Illustrator CC では一般的なポイント文字とエリア内文字のテキスト編集に加えて、文字一つ一つの角度や大きさなどを変更できる文字タッチツールなど、多様な入力や操作ツールが用意されています。またテキストを扇形などに変形したり、アウトライン化でき、テキストを編集する機能が充実しています。

ポイント文字とエリア内文字

ポイント文字とは、文字ツールをクリックして、そのまま入力したテキストのことです。配置エリアに囚われず、テキストサイズの変更がしやすい文字でもあります。エリア内文字は名前の通り、閉じたパスの範囲(エリア)内で、収まるよう自動改行されながら入力できるテキストのことです。

また文字を入力した後でも、「書式」メニューから「ポイント文字に切り換え」または「エリア内文字に切り換え」を選択すれば、ポイント文字からエリア内文字に変換することやエリア内文字からポイント文字への変換もできます。

多様な入力ツール

文字ツール

  1. Illustrator CC を起動して、新規ファイルを作成します。

  2. 文字ツールを長押しして、「文字ツール」または「文字(縦)ツール」を選択します。

  3. カンバスをクリックしてそのまま文字を入力すれば、ポイント文字が入力できます。またはドラック&ドロップで範囲を指定すると範囲内で文字を入力することもできます。

エリア内文字ツール

  1. Illustrator CC を起動して、新規ファイルを作成します。

  2. ペンツールや長方形ツールなどで、シェイプなどの閉じたパスを作成します。

  3. 文字ツールを長押しして、「エリア内文字ツール」または「エリア内文字(縦)ツール」を選択します。

  4. 手順2で作成したシェイプのパス部分をクリックし、そのまま文字を入力すれば、エリア内文字が入力できます。

パス上文字ツール

  1. Illustrator CC を起動して、新規ファイルを作成します。

  2. ペンツールを選択して、2点以上のパスを作成します。
    ※パスに塗りつぶしや線のスタイルが適用されていても、手順4でテキスト入力用のパスに変換します。

  3. 文字ツールを長押しして、「パス上文字ツール」または「パス上文字(縦)ツール」を選択します。

  4. パスをクリックして、文字を入力します。

文字タッチツール

  1. Illustrator CC を起動して、新規ファイルを作成します。

  2. 文字ツール」を参考に文字を入力します。

  3. 文字ツールを長押しして、「文字タッチツール」を選択します。

  4. 文字を1つクリックすると、クリックした文字だけ選択でき、角度や大きさなど変形することやフォントや文字色など書体を変更することができます。

テキストのオプションメニュー

上記の文字ツールで文字を入力したら、選択ツールなどでテキストを選択すると画面上部にテキストの書式や変形など様々な編集を行うメニューが表示されます。

テキストをアウトライン化

テキストはアウトライン(複合パス)に変換して、他のグラフィックオブジェクトと同じように編集および操作できます。また 印刷業者に印刷を依頼するときなど、フォントが変わらないようにテキストをアウトラインに変換するよう求められる場合もあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー