問題点 (Issue)

Illustrator CC 2015 において、以下のような問題が起きる場合があります。

  • Windows環境で強制終了してしまう
  • 既存ファイルを開くと何も表示されない(レイヤー等は表示される)
  • 新規作成でファイルが真っ黒になる
  • ファイルの中にギザギザの線が現れる
  • 線の太さが一定にならない
  • 点線が実線になる
  • 「Web用に保存」を選ぶと強制終了する

解決方法 (Solution)

環境設定内の「GPUパフォーマンス...」でGPUパフォーマンスにチェックが入っているかを確認し、チェックを外します。

 
これらのトラブルが起きた場合は、環境設定内の「GPUパフォーマンス...」でGPUパフォーマンスにチェックが入っているかを確認し、チェックを外します。
 
これらのトラブルが起きた場合は、環境設定内の「GPUパフォーマンス...」でGPUパフォーマンスにチェックが入っているかを確認し、チェックを外します。
 
これらのトラブルが起きた場合は、環境設定内の「GPUパフォーマンス...」でGPUパフォーマンスにチェックが入っているかを確認し、チェックを外します。

注意:

Adobeではこの問題を認識しており、現在調査中です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー