マニュアル キャンセル

EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツール
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
        5. アートボード
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. ズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

EPS ファイルの読み込み

Encapsulated PostScript(EPS)は、アプリケーション間でベクターアートワークを受け渡しするときに使用される一般的なファイル形式です。 開くコマンド、配置コマンド、ペーストコマンドおよびドラッグ&ドロップ機能を使用して、EPS ファイルから Illustrator にアートワークを読み込むことができます。

EPS アートワークを使用して作業する場合は、次の点に注意してください。

  • 別のアプリケーションで作成した EPS ファイルを読み込んだり、埋め込んだりすると、そのファイルに含まれているすべてのオブジェクトが Illustrator 形式に変換されます。 ただし、Illustrator で認識できないデータがファイルに含まれている場合、それらのデータは失われる可能性があります。 したがって、EPS ファイルのオブジェクトを個別に編集する必要がない限り、開いたり、埋め込みではなく、リンクを使用してファイルの作業をおこなうことをお勧めします。

  • EPS 形式では透明の設定がサポートされていないため、透明が適用されたアートワークをほかのアプリケーションから Illustrator に配置しないように注意してください。 この場合は、PDF 1.4 形式を使用することをお勧めします。

  • バイナリ形式で保存された EPS ファイル(例えば、Photoshop の初期設定の EPS 形式で保存されたファイルなど)をリンクしているアートワークをプリントまたは保存するときに、エラーメッセージが表示されることがあります。 この場合は、EPS ファイルを ASCII 形式で保存し直すか、リンクファイルを Illustrator アートワークに埋め込むか、ASCII プリントポートではなくバイナリプリントポートで印刷します。または、アートワークを EPS 形式ではなく AI 形式または PDF 形式で保存します。

  • Illustrator ドキュメントでアートワークのカラーマネジメントをおこなっている場合、埋め込まれた EPS はドキュメントの一部であるため、プリンターへの送信時にカラーマネジメントが実行されます。 一方、リンクされた EPS の場合、Illustrator ドキュメントでカラーマネジメントをおこなっても、リンク配置されたアートワークのカラーマネジメントはおこなわれません。

  • EPS ファイルを読み込んだときに、色の構成が異なる同名のカラーがドキュメント内に存在する場合、警告メッセージが表示されます。 「リンクされたファイルのカラーを使用」を選択すると、ドキュメント内のカラーがリンク先ファイルの EPS カラーに置き換えられ、 このカラーが適用されているオブジェクトはすべて適切に更新されます。 「ドキュメントのカラーを使用」を選択すると、ドキュメント内のスウォッチは変更されず、EPS ファイル内のカラーがドキュメント内のカラーで置き換えられます。 EPS ファイルのプレビューは変更されないので、実際のカラーと異なるプレビューが表示される場合がありますが、色分解出力をおこなうと正しい版にプリントされます。 「すべてに適用」を選択すると、選択したオプションに応じて、すべての同名カラーがドキュメントまたはリンク先ファイルのカラーに置き換えられます。

  • 「配置した画像を含む」オプションを選択して保存した Illustrator ドキュメントを開くと、警告メッセージが表示される場合があります。 元の EPS 画像が見つからない場合は、EPS 画像を抽出するように指示されます。 ダイアログボックスの「抽出」オプションを選択すると、表示中のドキュメントと同じフォルダーに画像が抽出されます。 埋め込まれたファイルはドキュメント内では表示用画像が作成されていないため内容を確認できませんが、正しくプリントされます。

  • 初期設定では、リンクされた EPS ファイルは、高解像度のプレビュー画像として表示されます。リンクされた EPS ファイルがドキュメントウィンドウに表示されない場合は、そのファイルのプレビューが失われている可能性があります(プレビューを PICT 形式で保存した EPS ファイルを Mac OS から Windows へ転送すると、プレビューが失われることがあります)。 EPS ファイルのプレビューを復元するには、プレビューを TIFF 形式として EPS ファイルを保存し直します。EPS を配置したときにパフォーマンスが低下する場合は、プレビューの解像度を低くします。編集/環境設定/ファイル管理・クリップボード(Windows)または Illustrator/環境設定/ファイル管理・クリップボード(Mac OS)を選択し、「リンクされた EPS に低解像度の表示用画像(プレビュー)を使用」を選択します。

DCS ファイルの読み込み

Desktop Color Separation(DCS)は、標準 EPS 形式の一種です。 DCS 1.0 形式では CMYK 画像だけがサポートされますが、DCS 2.0 形式ではマルチチャンネル CMYK ファイルに加えて複数の特色インキもサポートされます (特色インキは Illustrator のスウォッチパネルでは特色として表示されます)。 Illustrator では、Photoshop で作成した DCS 1.0 および DCS 2.0 ファイルのクリッピングパスが認識されます。 Illustrator では、DCS ファイルをリンクできますが、DCS ファイルを埋め込んだり、開いたりすることができません。

注意:

リンクパネルで DCS 透明の影響を表示するには、リンクパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、「DCS 形式への透明の影響を表示」を選択します。

AutoCAD ファイルの読み込み

注意:

Illustrator では、AutoCAD 2007 以降で保存されたファイルを開くことができません。

AutoCAD ファイルには、DXF と DWG の両方の形式があります。 AutoCAD のバージョン 2.5 から、バージョン 2007 までのファイルを読み込めます。読み込みの際は、拡大・縮小、単位マッピング(AutoCAD ファイルで長さに関するすべてのデータを解釈するためのカスタム単位)、線幅の拡大・縮小を設定できるほか、どのレイアウトを読み込むかやアートワークを中央揃えにするかどうかを指定できます。

Illustrator は、大半の AutoCAD データに対応しています。これには、3D オブジェクト、形状とパス、外部参照、領域オブジェクト、スプラインオブジェクト(元の形状を維持するベジェオブジェクトにマッピング)、ラスタライズオブジェクトおよびテキストオブジェクトが含まれます。外部参照が含まれている AutoCAD ファイルを読み込むと、参照の内容が Illustrator によって読み取られ、Illustrator ファイル内の適切な場所に配置されます。 外部参照が見つからない場合は、ファイル参照のダイアログが開き、ファイルを検索して取得できるようになります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン