Adobe InCopy は、Adobe InDesign と緊密に連携するプロフェッショナルな文書作成、編集アプリケーションです。デザイナーと編集者による同時進行の共同制作ワークフロー、正確なコピーフィット、厳しい編集スケジュールに対応する効率的な作業を実現します。 

InCopy ユーザーは、InDesign をインストールしていなくても、各自の担当部分をレイアウトに沿った形で確認することができます。執筆者と編集者は、InCopy を使用して、(通常は InDesign から読み込んだ)書式設定用スタイルの適用、割り付け、改行と改ページの調整、ハイフネーション設定、カーニングなどの組版機能を含め、テキストを完全にコントロールできます。InCopy ユーザーは、ストーリーの表現を豊かにするためにグラフィックを読み込み、それらのグラフィックに対して、拡大 / 縮小やトリミングなど、特定の種類に限定された変形を加えることができます。コンテンツを InCopy に保存したら、そのドキュメントを InDesign で更新することができます。さらに、InDesign ユーザーがデザインの更新を InCopy ユーザーと共有することで、両者が最新のレイアウトを使用して作業することができます。

[ 主な特長 ] 

同時進行の共同作業ワークフロー

InCopy と InDesign の緊密な連携により、地方や離れた場所にいるライターと編集者、デザイナーが、単一の InDesign ドキュメントに対して同時に作業を行い、互いの作業内容が上書される心配もない同時進行ワークフローが実現できます。

編集作業の生産性を高めるパワフルなツール

スポイトツールでは、あるテキスト選択範囲のスタイルを別のテキストに適用することができるので、手間をかけずに書式設定できます。リンクパネルでは、配置された画像やテキストファイルを簡単に管理可能です。また、段落スタイルと文字スタイルを利用すれば、タイポグラフィの一貫性を維持できます。

柔軟なページの表示

そのときどきの作業に最適なビューで編集を行えます。ゲラビューは改行を 100% 正確に表示し、ストーリービューはより迅速なワードプロセッシングを可能にします。レイアウトビューではデザインを考慮しながらのテキスト編集が可能になります。

プロフェッショナルなタイポグラフィ

リード、レタースペース、段落スペースなど、広範囲のタイポグラフィ調整を正確に適用できます。OpenType フォントと Unicode 文字セットを使用したり、字形パネルを使って字形も簡単に挿入できます。

正確なコピーフィット

コピーフィットの情報を確認しながら作業を進められます。残りのスペースあるいはオーバーしてしまった量、さらにストーリーの量、行数、単語数、文字数を、いつでも視覚的に確認できます。

高度な共同編集作業

ドキュメント内で行ったテキストの変更は、表中の変更も含め、すべてトラックできます。変更内容の非表示、表示、ナビゲーションや、変更の許可、却下をまとめて、またはユーザー別に行えます。また、ストーリー内や表のセル内の特定位置に付けられたノートに注釈を記入しておくこともできます。

柔軟性の高いワークスペース

主要なコントロール機能やツールに簡単にアクセスし、効率良く作業。Adobe Mini Bridge パネルを使用すれば、InCopy を離れることなく、ファイルをブラウズしたり開くことができます。特定の編集作業用にワークスペースをカスタマイズすることも可能です。

ドキュメント単位でインストールされるフォント

InCopy のストーリーを開くと、InCopy が自動的に関連するドキュメントフォントフォルダーを検索し、そのストーリーで使用するフォントを一時的にインストールし、ストーリーを閉じるとフォントをアンインストールします。ただし、ストーリーを開いたり、編集や印刷を行うには、適切なフォントライセンスが必要です。

Acrobat.com の Buzzword をサポート

Adobe Buzzword (Acrobat.com の機能)で書かれたコピーを編集可能な InCopy のテキストフレーム内に簡単に配置できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー