カーニングと字送りについて

カーニングとは、特定の文字の組み合わせの文字間隔を調整する処理です。字送りとは、テキストブロック全体の文字間隔を調整する処理です。

注意:

カーニング値および字送り値は日本語のテキストにも有効ですが、通常、これらのオプションは欧文文字間のアキを調整するために使用されます。

カーニングの種類

メトリクスカーニングまたはオプティカルカーニングを使用すると、自動的に文字をカーニングすることができます。メトリクスカーニングでは、多くの欧文フォントに含まれているペアカーニングを使用します。ペアカーニングには、特定の文字の組み合わせに対する間隔情報が定義されています。ペアの例としては、LA、P.、To、Tr、Ta、Tu、Te、Ty、Wa、WA、We、Wo、Ya および Yo などがあります。

InCopy ではメトリクスカーニングを使用するように初期設定されているので、テキストの入力または読み込み時に、特定の文字の組み合わせに対して自動的にカーニングが行われます。メトリクスカーニングを無効にするには、「0」を選択します。

オプティカルカーニングでは、文字の形状に基づいて、隣接する文字の間隔が調整されます。欧文フォントの中には、固有のペアカーニング情報を持っているフォントもありますが、最小限のカーニングしか定義されていないか、まったくカーニングが定義されていないフォントを使用する場合や、1 行内に異なるフォントやサイズを使用している場合は、オプティカルカーニングオプションを使用してカーニングを調整します。

オプティカルカーニングでは、文字の形状に基づいて、隣接する文字の間隔が調整され、欧文字形用に最適化されています。欧文フォントの中には、固有のペアカーニング情報を持っているフォントもありますが、最小限のカーニングしか定義されていないか、まったくカーニングが定義されていないフォントを使用する場合や、1 行内に異なるフォントやサイズを使用している場合は、オプティカルカーニングオプションを使用して、ドキュメント内の欧文テキストのカーニングを調整します。

op_06
Before applying the optical kerning option to the “W” and “a” pair (top), and after (bottom)

手動カーニングを使用して、2 つの文字間の間隔を調整することもできます。 トラッキングと手動カーニングで設定した値はテキストに対してそれぞれ適用されるので、まず個々の文字間隔を調整してからテキストブロック全体の文字間隔を調整すると、文字間の相対的なカーニングを保持できます。

単語のカーニングは、ジャスティフィケーションダイアログボックスの「単語間隔」とは異なり、単語の先頭文字とその前のスペースのカーニング値だけを変更します。

op_07
Kerning and tracking

A. Original B. Kerning applied between “W” and “a” C. Tracking applied 

カーニングと字送りの適用方法

テキスト(通常は欧文テキスト)を選択して、カーニング、字送りまたはその両方を適用して、文字間隔を調整することができます。字送りとカーニングの値は、現在の文字サイズを基準とした 1/1000 em 単位で指定します。1 em は、6 ポイントのフォントでは 6 ポイントになり、10 ポイントのフォントでは 10 ポイントになります。カーニングと字送りは、現在のフォントサイズに比例します。

トラッキングと手動カーニングで設定した値はテキストに対してそれぞれ適用されるので、まず個々の文字間隔を調整してからテキストブロック全体の文字間隔を調整すると、文字間の相対的なカーニングを保持できます。

2 つの文字の間をクリックしてテキスト挿入点を置くと、InCopy では、文字パネルとコントロールパネルにカーニング値が表示されます。オプティカルカーニング値(既定のペアカーニング値)は、かっこ内に表示されます。同様に、単語またはテキストの範囲を選択すると、InCopy では、文字パネルとコントロールパネルに字送り値が表示されます。

テキストに対するカーニングの適用

文字間隔は、2 種類の自動カーニング(メトリクスカーニングまたはオプティカルカーニング)のいずれかを適用するか、手動で調整できます。

メトリクスカーニングの使用

  1. ペアカーニングする文字間にテキスト挿入点を置くか、テキストを選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルで、カーニング メニューから「メトリクス」を選択します。
  3. 文字パネルまたはコントロールパネルで、カーニング メニューから「メトリクス」または「和文等幅」を選択します。

注意:

ペアカーニング情報のないフォント(一部の日本語 OpenType フォントなど)に「メトリクス」を適用した場合、各文字間は「0」に設定されるため、文字は詰まりません。

選択しているテキストでフォントのペアカーニング情報を使用しない場合は、カーニング メニューで「0」を選択します。

注意:

フレームのデフォルト設定は「和文等幅」です。欧文 OpenType フォントに「和文等幅」を適用した場合は、「メトリクス」を選択したときと同じカーニングになります。CJK の OpenType フォントに「和文等幅」を適用した場合は、「メトリクス」を設定したときと同様に、欧文文字だけにペアカーニングが適用されます。CJK 文字にはカーニングは適用されず、「0」が設定されたようになります。そのため、ペアカーニングしない場合は、「0」を選択してください。

注意:

日本語 OpenType フォントのメトリクスカーニングを使用する場合は、コントロールパネルメニューから、OpenType 機能/プロポーショナルメトリクスを選択することをお勧めします。これによって、手動カーニングによる不要な調整を避けることができます。

オプティカルカーニングの使用

  1. ペアカーニングする文字間にテキスト挿入点を置くか、カーニングするテキストを選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルで、カーニング メニューから「オプティカル」を選択します。

注意:

オプティカルカーニングは、欧文文字の形状を基にデザインされています。この機能を CJK フォントに適用することはできますが、適用結果を必ず確認するようにしてください。

カーニングの手動調整

  1. 文字ツール を使用して、クリックして文字間にテキスト挿入点を置きます。

    注意:

    テキスト範囲を選択した場合は、カーニングを手動で調整することはできません(「メトリクス」、「オプティカル」または「0」だけを選択できます)。選択したテキストのアキを調整する場合は、字送りを使用します。

    注意:

    テキスト範囲を選択した場合は、カーニングを手動で調整することはできません(「メトリクス」、「和文等幅」、「オプティカル」または「0」だけを選択できます)。選択したテキストのアキを調整する場合は、字送りを使用します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 文字パネルまたはコントロールパネルで、「カーニング」に値を入力するか、カーニングメニューからカーニング値を選択します。

    • Alt + 右 / 左向き矢印キー(Windows)または Option + 右 / 左向き矢印キー(Mac OS)を押して、2 つの文字間のカーニングを増減します。

単語のカーニング調整の量は、環境設定ダイアログボックスの「単位と増減値」セクションにある「カーニング」の値と同じです。Ctrl キーまたは Command キーを押しながらショートカットキーを押すと、カーニングの量が「カーニング」の設定値の 5 倍になります。

カーニングのデフォルトの増減値の変更

  1. 環境設定ダイアログボックスの「単位と増減値」セクションで、「カーニング」オプションの新しい値を入力し、「OK」をクリックします。

選択されているテキストのカーニングの解除

  1. テキストを選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルの「カーニング」で「0」を入力するか選択します。

Alt+Ctrl+Q キー(Windows)または Option+Command+Q キー(Mac OS)を押すと、カーニングと字送りをリセットすることができます。リセットを行うと、カーニング値が適用されているかどうかにかかわらず、カーニングは「和文等幅」に設定されます。

字送りの調整

  1. 文字の範囲を選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルで、「字送り」 に数値を入力するか選択します。

カーニングと字送りがカスタマイズされたテキストのハイライト表示

カスタマイズされた字送りとカーニングが適用されているテキストを確認しなければならない場合もあります。環境設定の「カスタマイズされた字送り/カーニング」オプションを選択すると、カスタマイズされた字送りとカーニングが適用されているテキストが緑色でハイライト表示されます。

  1. 編集/環境設定/組版(Windows)または、InCopy/環境設定/組版(Mac OS)を選択します。
  2. 「カスタマイズされた字送り/カーニング」を選択し、「OK」をクリックします。

単語間のカーニングの調整

  1. 文字ツール を使用して、テキストの範囲を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 文字間のスペースを増加するには、Alt+Ctrl+¥ キー(Windows)または Option+Command+¥ キー(Mac OS)を押します。

    • 文字間のスペースを減少するには、Alt+Ctrl+Backspace キー(Windows)または Option+Command+Delete キー(Mac OS)を押します。

    • カーニングの調整値を 5 倍にするには、Shift キーを押しながらショートカットキーを押します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー