Adobe InDesign CCでは、文末脚注を自動的に読み込むか、またはドキュメントに追加して、すばやく文献を引用できます。
add-endnotes-indesign1800x1012

注意:この機能は、最新版のAdobe InDesign CCでご利用いただけます。

自動的に文末脚注を読み込む

「ファイル/配置」を使い、ワードプロセッサーからテキストを配置すると、文末脚注が保持され、引用文が末尾の新しいページに配置されます。 

add-endnotes-indesignstep1

手動で文末脚注を挿入する

新しい文末脚注を挿入するには、文字ツール(T)を選択し、文末脚注の挿入ポイントとして、単語や文の後をクリックします。右クリックして、「文末脚注を挿入」を選択します。上付きの文末脚注番号が追加され、文末脚注ページに任意の記述が可能となります。読み込んだ文末脚注が新しく挿入したポイントより後にある場合は、文末脚注番号が順に更新されます。

add-endnotes-indesignstep2

文末脚注をスタイル設定する

文末脚注のスタイルは簡単に変更でき、ドキュメントのどこに配置するかも指定できます。「書式/脚注オプション」を選択します。ここでは自動番号スタイルの変更、段落スタイル、文字スタイル、その他の設定ができます。ヒント:文末脚注テキストに対して段落スタイルと文末脚注参照番号に対して文字スタイルを適用してみましょう。

デフォルトでは、文末脚注はドキュメントの最後に作成されますが、ストーリーの最後に変更することも可能です。 

ヒント:文末脚注付きのドキュメントを読み込むと、新しい段落スタイルと文字スタイルが作成されます。そのスタイルを編集すれば、効率良く、体裁を整えることができます。

add-endnotes-indesignstep3

文末脚注とテキスト間をジャンプする

文末脚注とテキストを切り替えるには、文末脚注またはテキストを右クリックして、「文末脚注テキストへ移動」または「文末脚注参照に移動」を選択します。

add-endnotes-indesignstep4

説明を参考に、ぜひ作成してみてください。InDesignのこの機能について詳しくは、文末脚注をご覧ください。

09/10/2018
このページは役に立ちましたか。