チラシやパンフレットのデザインに関する重要なレイアウトおよびグラフィック要素について説明します
「Fitness Coaching」パンフレットの表紙と中身のレイアウト

広く使われているツール、機能、ワークフローを活用し、見る人の興味を引くチラシやパンフレットを簡単に作成して宣伝効果を生み出しましょう。

ドキュメントを設定する

プロジェクトの開始時にチラシやパンフレットに適した正しい設定を選び、作業能率を高めましょう。

  • Adobe Stockテンプレートを利用して新規ドキュメントの作成を迅速に進めることも、多彩な選択肢から1つのサイズを選んで完全に新しいデザインの作成を始めることもできます。
  • 新規ドキュメントをゼロから作成する場合は、新規ドキュメントダイアログボックスで「印刷」カテゴリを選択し、印刷に適したCMYK(C=シアン、M=マゼンタ、Y=イエロー、K=ブラック)カラーモードを指定します。「単位」メニューでは、インチまたはその他の単位を選択します。
  • コンテンツの配置場所を囲むように段組とマージンを設定します。これは後で必要に応じて変更することもできます。
新規ドキュメントダイアログボックスで新しいドキュメントを用意する

惹きつけるテキストを追加する

クリエイティブな方法で文字をデザインし、ひときわ目を引く作品にしましょう。プロパティパネルでは次のようなことができます。

  • 自分で用意したフォントや、Adobe Fontsの表情豊かなフォントの検討。
  • フォントサイズ、行送り(行間の縦スペース)、トラッキング(字間の横スペース)など、様々なフォーマット設定値を試してみましょう。
プロパティパネルの「文字」セクションで見出しのフォントを選ぶ

カラーを適用する

カラーは見る人の感情を動かし、ストーリーを伝える力になります。InDesignには、デザインの中にいろいろなカラーを組み合わせて適用する様々な方法が用意されています。

  • カラーをスウォッチパネルに保存し、デザインの統一性とカラー再利用の能率を高めることができます。
  • Adobeカラーテーマパネルは、1つのカラーを指定するだけで調和のとれた配色や魅力の高い配色が表示され、アイデアを検討する際に役立ちます。
Adobeカラーテーマパネルを使ってカラーを選ぶ

グラフィックを追加する

画像やロゴなどのグラフィック要素には、JPEG、SVG、TIFF、PNG、AI、PSDなど多種多様なフォーマットの素材を使用できます。素材を読み込むには、ファイル配置を選択します。

本格的な画像素材が使いたいけれど、時間や予算がなくて撮影は無理。そんなときは、Adobe Stockにアプリ内からアクセスして、豊富なセレクションから高品質な写真やグラフィックを探し、利用ライセンスを取得できます。

レイアウトにグラフィックを追加中

デザインを共有する

クリエイティブな作品ができたら、次のようにいくつかの方法で共有できます。

  • 手元のプリンターで印刷する。
  • PDF形式で保存し、印刷会社や職場の同僚などに送信して印刷してもらう。
  • PDF、EPUBなどの形式でデジタルドキュメントを回覧するか、Publish Online機能でリンクを生成して共有する。

このガイドラインを意識してプロジェクトに着手すれば、魅力ある本格的な成果物を目指し、作業を進めることが出来ます。今度のスペシャルイベントを宣伝するチラシや、自社業務の紹介パンフレットを作成する際に実践してみてください。

08/11/2020
このページは役に立ちましたか。