写真から色を選択して、レイアウトの要素に適用します。
color-theme-tool_1408x792

カラフルな写真の色をカラーテーマに流用する

デザインの外観を洗練されたものにするのは簡単です。カラーテーマツールを使用すれば、プロジェクトの要素の色を選択してカラーテーマを作成できます。作成したオリジナルのカラーテーマは、現在のプロジェクトやInDesignで使用できるだけでなく、他のアドビのデスクトップアプリケーションやモバイルアプリでも利用できます。

作業を進めるには、サンプルファイルをダウンロードしてInDesignで開いてください。

ヒント:表示/表示画質/高品質表示を選択すると、すべてのページ要素が最高解像度で表示されます。

5449_color-theme-tool_intro

プロジェクトの任意の部分から色を選択する

ツールパネルでカラーテーマツールを選択します。

カラフルな写真からカラーテーマを作成するには、3 つの方法があります。

  • 領域をクリック:画像全体の色を使用する場合は、領域をクリックします。画像全体の色に基づくカラーテーマがフローティングパネルに表示されます。
  • クリック&ドラッグ: 画像の特定の部分の色に絞る場合は、最初にカラーテーマツールをクリックしてリセットします。その後、マーキーをドラッグして画像の領域を選択します。
  • Shiftキーを押しながらクリック: カラーの階調を1つに絞る場合は、カラーテーマツールをリセットした後、Shiftキーを押しながら画像の一部をクリックします。
5449_color-theme-tool_step-1

カラーテーマを修正する

目的のカラーテーマが完成したら、矢印をクリックしてカラーバリエーションを表示します。

画像全体からテーマを作成した場合は、カラフル、ブライト、ダーク、ソフトなどのバリエーションを選択できます。

カラーの階調を1つに絞ってテーマを作成した場合は、類似色、モノクロマティック、トライアドなどのバリエーションを選択できます。

バリエーションを選択します。

5449_color-theme-tool_step-2

レイアウトの要素に色を適用する

テーマの色をクリックし、カラーテーマツールをオブジェクトに移動させます。アイコンはその位置によって、塗りまたは線を表します。

クリックすると、塗りまたは線の色が選択した色に変更されます。

カラーテーマの別の色をクリックして、その色をレイアウトの他の要素に適用してみてください。

5449_color-theme-tool_step-3

カラーテーマを保存する

後で利用できるように、色をスウォッチパネルに保存することができます。

スウォッチパネルに追加アイコンをクリックします。これにより、スウォッチパネルにフォルダーが作成され、そこにカラーテーマのすべての色が保存されます。

ヒント:カラーテーマフォルダーの名前をダブルクリックすると、フォルダーの名前を変更できます。

5449_color-theme-tool_step-4

作成したカラーテーマを様々なところから利用する

作成したカラーテーマをCreative Cloudライブラリに保存すれば、他のInDesignプロジェクトや、他のアドビのデスクトップアプリケーションやモバイルアプリでも再利用できます。

カラーテーマのすべての色を保存するには、スウォッチパネルでフォルダーをクリックして選択し、その下にある、選択したスウォッチを現在の CCライブラリに追加するためのアイコンをクリックします。ライブラリパネルで現在選択されているCCライブラリに、それらの色が追加されます。

1つの色を保存するには、その色を選択して上記と同じアイコンをクリックします。

アドビのデスクトップアプリケーションやモバイルアプリでクリエイティブアセットを共有する方法について詳しくは、「Creative Cloudライブラリでアセットを管理」を参照してください。

5449_color-theme-tool_step-5

アドビのパンフレット作成ソフトについてさらに詳しく

02/21/2019

提供元:Sam Chivers

このページは役に立ちましたか。