コンテンツ用のフレームのグリッドを作成し、間隔ツールですばやくサイズを調整して、ユニークなモンドリアンレイアウトをAdobe InDesignでデザインします。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの練習目的でのみ使用可能な、Adobe Stockの素材が含まれています。このファイルの利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。Adobe Stockには、商用利用可能なロイヤリティフリーの画像とビデオが1億点以上あります。1ヶ月の無料体験期間中は画像を10点までご利用いただけます。

学習内容:コンテンツ用のフレームのグリッドを作成し、間隔ツールを使用して間隔を調整する

モンドリアンレイアウトとは

モンドリアンスタイルでは通常、縦横の黒いバーを使って、複数の長方形にデザインを分割します。これらの長方形の内部は、色、画像、テキスト、またはこれらの組み合わせで埋めることができます。

フレームのグリッドを作成する

まず、ドキュメントを開き、一連のフレームを作成します。これがグリッドになります。

  • 選択した長方形フレームツールで、グリッドをクリックし、そのままページ上をドラッグします。マウスボタンを押したまま、上または下の矢印キーを押して、行の追加または削除を、 右または左の矢印キーを押して、列の追加または削除をおこないます。適切な数のフレームを作成したら、マウスボタンを放します。
  • 選択ツールで、不要なフレームを選択し、DeleteまたはBackspaceキーを押して削除します。

間隔ツールとは

間隔ツールを使用すると、複数のオブジェクト間の間隔をすばやく調整できます。オブジェクトの間隔を維持したままで、辺の位置が揃っている複数のオブジェクトのサイズを同時に変更することもできます。

間隔ツールでフレームを調整します。

必要なフレームが揃ったら、間隔ツールで調整できます。

  • ツールバーで間隔ツールを選択します。横または縦の間隔にポインターを移動し、間隔をドラッグして移動した後、間隔に沿って並ぶように、すべてのオブジェクトのサイズを変更します。
  • 最も近い2つのオブジェクトの間に間隔を移動するには、Shiftキーを押し、そのオブジェクト間に間隔をドラッグします。

ヒント:Commandキー(macOS)またはCtrlキー(Windows)を押しながら間隔をドラッグし、間隔を移動するのではなく、そのサイズを変更します。

コンテンツの追加

フレームが揃ったら、画像の配置、色の追加、テキスト入力をおこなってモンドリアンレイアウトを仕上げます。

インストラクター

Brian Wood

デザイナー

Meng He

Adobe Stock提供元

Biletskiy Evgeniy

watman

Jacob Lund 

アドビのロゴ

アカウントにログイン