古い聖書にその起源を発するドロップキャップは、他の文字よりも大きく表示される段落初めの文字です。現在では、Adobe InDesign CCでドロップキャップを適用することで、読者の注意を引いたり、ページをスタイリッシュに仕上げることができます。
decorative-lettering_1000x560

文字ツールで、行の任意の位置にカーソルを挿入します。「段落形式コントロール」で、「行のドロップキャップ数」フィールドに数値を入力してドロップキャップを適用します。好みの大きさに指定できますが、ここでは、詩全体(9行)と同じ高さにしました。 

decorative-lettering_step1

「文字形式コントロール」をクリックして、フォント、スタイル、塗りのカラーなど、ドロップキャップの書式を変更します。以下に、いくつかの例を挙げています。

decorative-lettering_step2

次に、他のテキストは変更せずにドロップキャップのみ効果を適用できるように、文字ツールでドロップキャップを選択した状態で書式/アウトラインを作成を選択します。アウトライン化されたドロップキャップを選択ツールで選択し、コントロールパネルで「fx」をクリックし、様々な効果を適用してみましょう。ここでは、コントラストの強いカラーで輪郭のはっきりとしたドロップシャドウを適用しています。

decorative-lettering_step3

ドロップキャップの周りのスペースを広げるには、ドロップキャップと次の文字の間にカーソルを置き、コントロールパネルでカーニング(連続する2つの文字の間隔)の値を増やします。

decorative-lettering_step4

ドロップシャドウを適用する代わりに、ドロップキャップにカラフルなアートワークを埋め込むこともできます。アウトライン化したドロップキャップを選択ツールで選択し、オブジェクト/オブジェクトの属性/グラフィックを選択します。次にファイル/配置を選択し、ドロップキャップに埋め込むベクター画像、パターン、または写真を選択します。

decorative-lettering_step5

以上、ドロップキャップの作成方法をご紹介しました。ドロップキャップを適用して、テキストを個性的なスタイリングに仕上げましょう。

02/22/2019

Adobe Stock提供元:Natalie Board

このページは役に立ちましたか。