書式を設定したテキストと、テキストの回り込みを使用して、デザインされたブックカバーを仕上げます。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習内容:大きなフォントサイズでデザインしたテキストオブジェクトを作成し、そのテキストオブジェクトに本文テキストを回り込ませ、デザインされたブックカバーを作成する

デザイン要素として使用する大きな文字を作成する

まず、デザイン要素として使用する大きな文字を作成します。

  • 文字ツールを選択し、文字を入力するための大きなテキストフレームを作成します。1文字入力します。

書式を設定した大きな文字を作成する

文字を大きくしてデザイン要素として使用するために、フォントサイズやフォントファミリーなど、文字の書式を変更します。

  1. Escapeキーを押して選択ツールに切り替えるとともに、フレームが選択された状態にします。
  2. テキストフレームが選択されていることを確認します。プロパティパネルで、フォントサイズとカラーを変更し、Adobe Fontsなどから新しいフォントを適用します。Adobe Fontsを使用すれば、膨大な種類のフォントから選択できます。

注意:テキストではなくフレームが選択された状態でテキストの塗りのカラーを変更するには、プロパティパネルで「塗り」のカラーを選択し、「適用:」メニューから「テキスト」を選択します。

ヒント:テキストフレームが小さすぎて文字があふれているときは、テキストフレームのコーナーをドラッグして、すべての文字が表示されるまで拡大します。

大きな文字のシェイプにテキストを回り込ませる

ブックカバーのもうひとつのデザイン要素が、テキストを大きな文字のシェイプに回り込ませることです。これを効率的におこなうには、テキストをアウトライン化します。そうすることで、テキストフレームではなく、文字の形に沿って回り込ませることができます。

  1. テキストを選択して、書式/アウトラインを作成を選択します。これでテキストがシェイプのグループになります。
  2. Shiftキーを押しながら、大きな文字をすべて選択します。
  3. 各フレームにテキストの回り込みを適用するには、ウィンドウ/テキストの回り込みを選択して、テキストの回り込みパネルを表示させます。「オブジェクトのシェイプで回り込む」をクリックします。
  4. 大きな文字との間隔を広げるには、テキストの回り込みパネルで、オフセットの値を大きくします。
03/13/2020

提供元:Meng He

Adobe Stock提供元:Dmitry

プレゼンター:Brian Wood

このページは役に立ちましたか。