InDesignがあれば、こんなに充実した作品を生み出すことができます
レストラン「Fiesta Fresh」の鮮烈なカラーで彩られたビジネス素材

InDesignを使う理由

InDesignには、チラシ、パンフレット、本、デジタルマガジン、電子書籍、ポスター、インタラクティブなPDFなどの制作とパブリッシュに必要な機能が揃っています。レイアウトと文字組みのプロ用ツールを装備し、PhotoshopやIllustratorなどのアドビ製品ともスムーズに連携できるInDesignは、日常的な作業を自動化して時間を節約するために役立ちます。

ワークスペースとは

InDesignを開くとワークスペースが表示されます。ワークスペースは主に以下の部分で構成されています。

  • ツールバー:コンテンツの選択、シェイプの作成、ページサイズの調整、カラーテーマの適用など、よく実行する操作のためのツールが揃っています。
  • プロパティパネル :ページ数、マージン、ページサイズなど、ドキュメント全体に関するオプションを指定できます。また、デザインに含まれる特定の要素を選択しているときは、その要素に特有の設定項目が表示されます。例:テキストを選択すると、文字に関するフォント、サイズ、カラーなどの設定ができます。
  • 下部のステータスバー:ドキュメントの拡大・縮小表示、ナビゲーション操作、問題点のチェックができます。
ワークスペースの主なパネルを切り離し、空のドキュメントの前に置いたところ

プロジェクトの作業をスピーディに開始

InDesignは柔軟に作られており、プロジェクトごとの状況に応じた方法で作業に着手できます。Adobe Stockのテンプレートを利用して手早く進めるか、すべてを自力で作成するかは自由。また、プロパティパネルでは、必要なページ数の指定、コンテンツの配置場所を決めるマージンおよび段組ガイドの指定、ページサイズの調整ができます。ページ番号など、各ページに一貫して表示される要素については、ページパネルでマスターページに配置します。

デザインコンテンツを追加する

もちろん、ページ上にはただ言葉が並んでいればいいというものではありません。どのように見えるかが大切です。スタイリッシュなタイポグラフィや、魅力的なグラフィック、画像、表を使って、ストーリーの伝え方を充実させましょう。 

  • 柔軟性の高いSVG(Scalable Vector Graphics)形式など、多種多様な種類のグラフィックや画像を使用できます。また、Photoshop、Illustrator、Adobe Stockなどからビジュアル要素をシームレスに取得できます。
  • SVGおよびバリアブルフォントを使用すれば、単一のフォントファイルを基にして膨大なスタイルの適用を試すことができます。また、OpenType形式ではフォントに含まれる文字すべてを即座に配置できます。プロパティパネルで、テキストに奥行きをつける段落のシェーディング設定をいろいろな値に変更してみましょう。境界線が変わるとまったく雰囲気が出ます。

標準の内蔵機能を活用して作業効率アップ

共同作業ツールを使って、クオリティの高い作品を手早く制作しましょう。

  • 段落スタイル文字スタイルオブジェクトスタイルは、書式の一貫性を保ちながら変更を手早く適用するために役立ちます。
  • レビュー用のPDFからコメントを読み込み、作業ファイルの上で修正点の承認と却下を実行できます。
  • Creative Cloudライブラリを使えば、複数のInDesignプロジェクトで利用するカラーやグラフィックなどの素材を気軽に保存し、各種アドビアプリ間やチームメンバー間で共有できます。また、どこにいるときも同じファイルを使って作業ができるようになります。

長文ドキュメント

パンフレットや書籍のようにページ数の多いドキュメントも、簡単に扱えます。 

  • 代替レイアウトを作成」コマンドを使用すれば、1つのドキュメント内に複数バージョン(例:各国語版)のパンフレットを含めることができます。
  • ドキュメントのページサイズ、ページマージン、裁ち落としを変更する際には、「レイアウトを調整」を使うと、レイアウトに含まれるページ要素の折り返し処理が再実行されます。
  • 目次、索引、脚注など、作成に手間がかかる素材を自動生成できます。

印刷用コンテンツをデジタル化

既存の自社ビジネス用チラシにwebサイトのリンクを付加してPDF形式で保存すれば、顧客に電子メールで送れるコンテンツになります。アニメーションパネルを使って音声ファイル、動画ファイル、ハイパーリンク、ボタン、フォーム、アニメーションを付加すれば、デジタルマガジンや電子書籍のようなインタラクティブエクスペリエンスを実現できます。さらに、複数のバージョン(オブジェクトステート)を含んでいる1個のオブジェクトからスライドショーを作成することもできます。作成したデジタル版は、EPUB形式またはPDF形式で共有できるほか、Publish Onlineでリンクを生成すればブラウザーで視聴することも可能になります。

タブレットに表示された、レストラン「Fiesta Fresh」のデジタル版メニュー

Adobe InDesignは、強力で使い勝手の良い機能を備えたレイアウトおよびページデザイン用アプリです。このツールが手元にあれば、クリエイティブの無限の可能性を存分に発揮できます。InDesignの力を使いこなすために、基礎知識をしっかり身につけてください。InDesignファーストステップビデオシリーズなど、習得に役立つ資料も豊富に用意されています。

08/11/2020
このページは役に立ちましたか。