フォントの不足、変更された画像、テキストの書式設定など、一般的な問題を見つけて解決し、意図したとおりドキュメントが表示される方法を説明します。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの練習目的でのみ使用可能な、Adobe Stockの素材が含まれています。このファイルの利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。Adobe Stockには、商用利用可能なロイヤリティフリーの画像とビデオが1億点以上あります。1か月の無料体験期間中は画像を10点までご利用いただけます。

学習内容:ドキュメントの見た目に影響を及ぼす一般的な要因と、潜在的な問題をプリフライトパネルで見つける方法

主なチェック項目

共有前・印刷前にしっかり確認して、ドキュメントにエラーが含まれない状態にしましょう。不足しているフォント、リンク切れの画像や変更された画像、スペルミス、テキストあふれなどの問題をあらかじめ解決しておくことが大切です。

一般的な問題を回避するためのチェックリスト:

  • テキストにスペルミスなどがないか。ドキュメントの欧文スペルをチェックをするには、編集欧文スペルチェック欧文スペルチェックを選択します。
  • リンク切れの画像や変更された画像がないか。リンクパネルで確認しましょう(ウィンドウリンク)。
  • 見つからなくなっているフォントがないか。フォントが不足している場合、ドキュメントを最初に開くときにアラートが表示されます。アラートの内容を確認し、意図したとおりにテキストが表示されるようにしましょう。
  • テキストがあふれて見えなくなっている箇所がないか。 

プリフライト機能を使用して自動的にエラーをチェックする

InDesignのプリフライトパネルを活用すると、エラーの大部分を自動でチェックできます。InDesignでは、ドキュメントを作業している間でもバックグラウンドでエラーをチェックできます。作業の流れ:

  • ドキュメントの下部にあるステータスバーの「プリフライト」をオン(デフォルト)にしておくと、緑色または赤色の丸印アイコンが表示されます。緑色は問題がない状態、赤色は問題がある状態を示します。これはInDesignのプリフライトプロファイルで定義された内容に従って実行される基本的なチェックの結果です。
  • 表示が赤色のときに問題点を確認するには、エラーメッセージ(緑色または赤色の丸印アイコンとメッセージ)の右側にある矢印をクリックし、プリフライトパネルを選択します(または、ウィンドウ出力プリフライトを選択します)。
  • プリフライトパネルで、ページ番号をクリックして問題のある箇所を確認し、手作業でドキュメントを修正します。
  • ドキュメントでチェックする内容を変更するには、プリフライトパネルのメニューで「プロファイルを定義」を選択します。新しいプロファイルを作成し、チェックの対象にする項目を選択します。

プリフライト機能の使い方に関するヒント

プリフライトパネル上部のメニュー、またはドキュメント下部のステータスバーから、InDesignで使用するプリフライトプロファイルを変更しましょう。

他のユーザーも同じプロファイルを使用できるように、ドキュメント内にプリフライトプロファイルを埋め込みましょう。埋め込むには、プリフライトパネルで、「選択したプロファイルを埋め込み」をクリックします。デフォルトのプロファイルは、どのユーザーが使っているInDesignのバージョンにも用意されており、埋め込むことはできません。

インストラクター

Brian Wood

Adobe Stock提供元

adogslifephoto

ink drop

Wavebreak Media

アドビのロゴ

アカウントにログイン