「レビュー用に共有」機能では、ドキュメントを公開リンクまたは非公開リンクとして共有できます。共同作業者は、受け取ったドキュメントの閲覧と注釈の入力をブラウザー上で実行できます。共有されたドキュメントをInDesignで開くとレビューパネルに注釈が表示されます。それらの注釈はリンクになっており、ドキュメント内の該当するオブジェクトやページにリンクされます。

皿と鉢の画像が左側に、粘土を練る手の画像が右側にある、Organic Forms Ceramicsの広告

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの練習目的でのみ使用可能な、Adobe Stockの素材が含まれています。このファイルの利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。Adobe Stockには、商用利用可能なロイヤリティフリーの画像とビデオが1億点以上あります。1か月の無料体験期間中は画像を10点までご利用いただけます。

学習内容:「レビュー用に共有」機能を使用したドキュメントで共同作業をおこない、フィードバックを集める方法

レビューの開始

共同レビューを開始するには、開いているドキュメントの上部に表示されたアプリケーションバーで「共有」をクリックし、「レビュー用に共有」を選択します。レビューのタイトルを入力して「作成」をクリックすると、レビュープロセスが開始されます。

必要に応じて、アクセスレベルを制御するオプションを設定したり、特定のユーザーのみを招待したり、ドキュメントへの注釈を有効または無効にするなどの操作ができます。

  • 公開範囲:招待のみ — 特定のユーザーとだけドキュメントを共有します。対象となる相手の電子メールアドレスをコンマで区切って入力できます。公開 — 誰でも参加できる形で共有します。必要に応じて、文書を開くためのパスワードを設定できます。
  • ドキュメントのレビュー作業に個別のユーザーを招待するには、招待する相手を「メンバー」セクションで指定します。対象者には、レビューに招待するリンク付きの電子メールが送信されます。

ブラウザーでドキュメントをレビュー

ユーザーは、使用OSや、モバイル端末かデスクトップ環境かを問わず、レビュー用リンクをクリックしてブラウザー上でドキュメントにアクセスできます。ブラウザー上にドキュメントが表示され、注釈を付けられる場合は注釈ツールも表示されます。 

ユーザーは、テキストをハイライトツール、テキストに打ち消し線を引くツール、シェイプを描くツールなどの注釈ツールを使ってドキュメントに注釈を付けることができます。注釈は個別に送信されます。レビューに参加するユーザーは、ユーザーが付けた注釈をレビューパネルで確認でき、注釈への返信や注釈リストの絞り込み表示も可能です。

レビュー作業の管理

共有したドキュメントをInDesignで開くと、レビューパネルには、ブラウザー上でそのドキュメントに付けられた注釈が表示されます。共有レビュー作業を開始したユーザーは、注釈の閲覧、返信、絞り込み表示、解決などの操作を実行できます。

ドキュメントに変更を加えたら、アプリケーションバーで「共有」をクリックし、「レビュー用に共有 」を選択することで、共有オプションに戻ります。レビュー参加者の追加・削除や、ドキュメントアクセス用の既存リンクの更新もできます。さらに、現在のドキュメントについて新しいレビューを開始することも可能です。

 

前のページに戻る:ニーズに合った最適なPDFを作成する 

 

アドビのロゴ

アカウントにログイン