セル内に画像を正確に配置することで、レイアウトのクオリティがさらにアップします。デザインに合わせて、行と列を並べ替えましょう。
insert-image-table-cell-intro_900x506

表のセルに画像を配置する準備をする

文字ツールを選択して、2列目の一番上にカーソルを移動すると、カーソルの表示が下矢印に変わる場所があります。その状態でクリックして列を選択し、表メニューから「セルをグラフィックセルに変換」を選択します。

insert-image-table-cell-step1_900x506

アートワークをグラフィックセルにドラッグする

「Table Art」フォルダーから個々のイラストを表内の対応するグラフィックセルにドラッグして配置します。

注意:画像が反転(ネガカラー)しているように見えても問題はありません。セルが選択されている時のみ、このような表示になります。

insert-image-table-cell-step2_900x506

グラフィックセルに書式を設定する

配置した画像の周囲に境界線を追加します。グラフィックセルが選択された状態で、プロパティパネルの「セル内の余白」の値を変更します。

次に、プロパティパネルで「フレームサイズ調整」のオプションを設定します。このデモでは、「内容を自動認識に応じて合わせる」を選択し、画像をフレームに自動的にフィットさせました。

insert-image-table-cell-step3_900x506

列を移動する

文字ツールを選択した状態で、手順❶と同様に、最初の列の上をクリックして1列目を選択します。この列をドラッグするだけで表内の別の場所に再配置することができます。1列目のいずれかのセル上にカーソルを合わせると、矢印に2本の水平線が表示されます。この状態で右にドラッグし、2列目の右側に青い垂直線が表示されたらドロップします。

列を並べ替えても、元の列の幅は保持されます。

insert-image-table-cell-step4_900x506

行を並べ替える

同様の方法で行を並べ替えることもできます。文字ツールで、行の左端にカーソルを合わせ、カーソルの表示が右向きの矢印に変わったらクリックして行を選択します。選択している行のいずれかのセル上にカーソルを置くと、矢印に2本の水平線が表示されます。この状態で上または下にドラッグし、青い水平線が表示されたらドロップします。

この表には、塗りの繰り返しが設定されています。行を並べ替えた後でも、交互に背景色が付く繰り返しパターンは自動的に維持されます。

insert-image-table-cell-step5_900x506

表にタイトル行を追加する

まず、一番上に行を追加します。文字ツールで最初の行を選択し、右クリックメニューから「挿入/行」を選択します。行を挿入ダイアログボックスが表示されたら、上に1行追加します。

文字ツールで追加したタイトル行を選択し、プロパティパネルの「セルを分割」セクションにある「セルの結合」を選択します。

insert-image-table-cell-step6_900x506

ヘッダーを追加して仕上げる

  1. タイトル行を選択し、プロパティパネルのその他のオプション(…)をクリックして、「表の範囲」セクションを展開します。
  2. 「ヘッダー行」フィールドに「1」と入力します。ヘッダーに背景色を適用するか、あるいは任意の画像をドラッグして配置します。
  3. 「table-header.ai」ファイルをヘッダー行にドラッグします。

ヒント:プロパティパネルの「セル内の余白」の値を変更することで、フレーム内のアキを削除できます。

必要に応じて、わずかにドロップシャドウを追加して表のヘッダーを目立たせる方法もあります。そのためには、プロパティパネルの「fx」をクリックして、「ドロップシャドウ」を選択します。

最後に、選択ツールでサンプルのテキストオブジェクトをドラッグして、ヘッダーとタイトルのテキスト行に配置します。または、文字ツールで各行をクリックし、任意のテキストを入力します。

insert-image-table-cell-step7_900x506

カラフルなアートワークを追加して、目を引く表のレイアウトを作成しましょう。

07/01/2021
このページは役に立ちましたか。