InDesignには、美しい文字組みを行うためにさまざまな機能が用意されています。今回はその中でもとくに重要な機能のいくつかをご紹介します。文字組みアキ量設定やコンポーザー等、いずれも文字組みに大きく影響を与える機能なので、きちんと内容を理解しておきましょう。

InDesignには、美しい文字組みを行うためにさまざまな機能が用意されています。今回はその中でもとくに重要な機能のいくつかをご紹介します。文字組みアキ量設定やコンポーザー等、いずれも文字組みに大きく影響を与える機能なので、きちんと内容を理解しておきましょう。

文字組アキ量設定と禁則処理

文字組アキ量設定

InDesignで文字組みに影響を及ぼす機能は多々ありますが、なかでも美しい文字組みを実現するのに重要な役割を果たすのが[文字組みアキ量設定]です。初めて[文字組みアキ量設定]のダイアログを見た方は、その設定項目の多さに戸惑い、さわるのを敬遠したくなるかもしれません。しかし、ハウスルールに沿った文字組みをする必要がある場合には、カスタマイズして使用する必要がでてきます。[文字組みアキ量設定]が、どのような原理で動作しているのかさえ理解してしまえば、設定の考え方じたいはさほど難しいものではありません。躊躇せずに、ぜひチャレンジしてみましょう。

[文字組みアキ量設定]とは、文字と文字 が並んだ際の間隔(アキ量)を指定したものです。例えば「読点と始め鍵括弧が並んだ際には、アキ量は二分(1/2文字分のアキ)」といった ように指定します(平仮名やカタカナのみを詰めるような高度な設定も可能ですが、一般的に約物のアキ量を調整する機能だと思ってください)。つまり、[文字組みアキ量設定]の内容いかんで、文字組みの見た目は大きく変わるわけです。しかし、実際には文字の並びの組み合わせには膨大な数があり、それぞれアキ量を指定するのは現実的に不可能です。

そこで、InDesignでは文字をいくつかのグループに分け、グループとグループが並んだ際のアキ量を設定していきます。このグループを[文字クラス]と呼びます(どのような文字クラスがあるかは、[文字組みアキ量設定]の[詳細設定]ダイアログから確認できます)。

文字をベタ打ちしただけでは、バランスよい文字組みにはなりません。約物が連続するケースでは字間が空きすぎて見えますし、和文と欧文が並ぶケースでは、逆に字間がくっついて見えます。また、均等配置(箱組み)では、行長の半端なアキをどこかで吸収する必要がでてきます。InDesignでは、文字と文字の間隔(アキ量)を指定することで、目的に応じた美しい文字組みが実現できます

 

では、実際に[文字組みアキ量設定]のダイアログを見てみましょう。

[基本設定]と[詳細設定]がありますが、[基本設定]では約物の行中・行頭・行末での設定や、約物が連続する場合の設定、および段落字下げと和欧間のアキ量などの基本的な設定を行います。さらに詳細に設定を行いたい場合には[詳細設定]を使用します。[詳細設定]では、各文字クラスの並びを指定して、それぞれのアキ量を個別に指定することができます。また、左揃えや右揃え、中央揃えで文字組みをしている時には、[最適]に指定したアキ量で文字組みがなされます。しかし、均等配置、いわゆる箱組みをした際には、各行に半端なアキができてしまうケースが出てきます。このような場合には、[最小]から[最大]の間で調整するわけです。さらに、多くの設定項目をどのような順番で処理していくのかを決定しているのが[優先度]です。[1~9]と[なし]の10段階で指定可能で、1番に指定した項目から順に処理され、最後に[なし]の項目が処理されます。

ここまで理解してしまえば、あとは実際に試してみてください。さまざまなテキストに対してカスタマイズした[文字組みアキ量設定]を適用し、どのような文字組みになるかを確認してください。問題がある場合には、再度[文字組みアキ量設定]を調整して、ハウスルールに沿った設定を作り上げていくとよいでしょう。なお、InDesignにはあらかじめ14種類の[文字組みアキ量設定]も用意されています。これらの設定を使用するとどのような文字組みになるかは、「InDesign CS5 文字組み設定の手引き(PDF、11.8 MB)」から確認することができますので、ぜひダウンロードして参照してください。
 

図のケースでは、「美」と「・」のアキ量は「四分」、「・」と「あ」のアキ量は「四分」、「あ」と「始め鍵括弧」のアキ量は「二分」となっています

[文字組みアキ量設定]の[基本設定]ダイアログ。単位には[%][分][文字幅/分]のいずれかを使用できます。なお、[分]や[文字幅/分]では設定できない細かな値を使用したい場合には[%]を使用します

[文字組みアキ量設定]の[詳細設定]ダイアログ。各文字クラスが並んだ際のアキ量に関して、[最小][最適][最大]そして[優先度]の各項目を指定します。なお、マイナス値の設定も可能です

 

InDesignの文字クラス。それぞれの文字クラスはベースとなるサイズが異なります。アイコンを見ると分かりますが、平仮名やカタカナ、漢字等は、全角幅がベースとなっているのに対し、括弧類や句読点は半角幅がベースとなっています(欧文は字形によって文字幅が異なります)。そのため、例えば句点を全角扱いで組みたい場合には、次の文字クラスとのアキ量を「二分(1/2文字分のアキ)」と設定すればよいことになります。

nDesignにあらかじめ用意された14種類の[文字組みアキ量設定]。「・」を「+」に置き換えて見てみると、実は4つのグループに分けられることが分かります。ベースとなる4つの設定に対し、字下げのバリエーションを増やして、計14個の設定が用意されているというわけです

禁則処理

日本語組版には「句読点は行頭にきてはいけない」「始め括弧類は行末にきてはいけない」といったような、さまざまな組版ルールがあります。これらの組版ルールをひとつにまとめたものが[禁則処理セット]です。

[禁則処理セット]には、行頭にきてはいけない[行頭禁則文字]と行末にきてはいけない[行末禁則文字]、さらに[ぶら下がり文字]と[分離禁止文字]が指定されており、日本語組版用にはあらかじめ[強い禁則]と[弱い禁則]の2つのセットが用意されています。目的に応じて[禁則処理セット]を切り替えて使用してください。

InDesignにあらかじめ用意された[禁則処理セット]

 

なお、[禁則処理セット]はカスタマイズして、オリジナルのセットを作成することも可能です。

[強い禁則]と[弱い禁則]。行頭禁則文字に拗促音が含まれるか、含まれないかが大きく異なります

コンポーザーとは?

[段落]パネルのパネルメニューには、日本語用と欧文用、多言語対応用にそれぞれ[単数行コンポーザー]と[段落コンポーザー]が用意されています。デフォルト設定では[Adobe日本語段落コンポーザー]が選択されていますが、この設定を変更したことのない方もいらっしゃるではないでしょうか。

実はこの設定を変更することで、文字組みが変わるケースがあるのです。とくにテキスト修正時の動作が大きく異なるので、概念をしっかりと理解してください。

[段落]パネルのパネルメニューに用意されているコンポーザー

 

[単数行コンポーザー]は、どこで改行するかの判断を1行単位で行っています。それに対し、[段落コンポーザー]では改行位置を段落単位で決定しており、極端に字間のアキの広い行がないよう、各行のアキをできるだけ均等にしようと調整を行います。そのため、テキストの追加や修正を行うと、段落単位で再調整が行われ、修正をした行よりも前の行であっても、改行位置が変わるケースがあるのです。

字間のアキのばらつきをなくすためには、[段落コンポーザー]の使用がお勧めですが、修正個所よりも前の行のチェックを行わないワークフローをとっていると、戸惑う原因になる場合もありますので、その場合には[単数行コンポーザー]を使用するとよいでしょう。

なお、ドキュメントを何も開いていない状態でコンポーザーを変更しておけば、以後新規ドキュメントを作成する際には、その設定がテキストに適用されます。また、InDesign CCからは、[環境設定]の[高度なテキスト]で、デフォルトのコンポーザーの指定が可能になっています。

[Adobe日本語段落コンポーザー]を適用しているテキスト。5行目の「では」を「に」に修正したことで、2行目から改行位置が変わってしまいました

 

[Adobe日本語段落コンポーザー](左)を[Adobe欧文段落コンポーザー](右)に変更したもの。和文テキストに欧文用のコンポーザーを適用すると、縦組みをはじめ、ルビや圏点など、日本語専用の機能はすべてスキップされます。欧文用のコンポーザーは、欧文のみのテキストに対して適用するようにしましょう

文字を詰める操作

文字詰めはよく行われる作業のひとつですが、1歯詰めのように「文字を均等に詰める」場合と、文字の形によって詰め幅の異なる「プロポーショナル詰め」を実行する場合の大きく2つの方法があります。

InDesignには、文字を詰めるためのさまざまな機能が搭載されており、用途に応じた詰めが実現できます。InDesignで使用可能な詰め機能を表にしたので参照してください。

なお、いずれの詰め機能を使用したとしても、最終的に詰まり具合に納得がいかない場合には、手詰めで調整する必要があるかもしれません。その場合には[カーニング]や[字送り(トラッキング)]等で調整してください。 ここでは、いくつかの詰め機能をご紹介していきます。

 

フレームグリッドによる均等詰め

均等詰めで一番お勧めなのが、フレームグリッドを使用する方法です。[オブジェクト]メニューから[フレームグリッド設定]を選択し、[フレームグリッド設定]ダイアログの[字間]をマイナスに設定することで均等詰めが実現できます。英数字は詰まらず、和文のみが均等詰めされます。ただし、フレームグリッドに対してしか適用することができません。

文字ツメ

プロポーショナル詰めでお勧めなのが、[文字]パネルに実装されている[文字ツメ]です。文字の仮想ボディと字面との間隔を詰めることで文字詰めを実現しているため、後の文字との間隔だけでなく、前の文字との間隔も詰めることができます。均等配置(箱組み)の場合には、行頭や行末のアキも詰めることが可能で、0%~100%の間で詰め幅の調整ができます。図は[文字ツメ]を「50%」適用したもの。

プロポーショナルメトリクス

フォントが内部に持つ詰め情報を基に文字を詰める機能です。詰め幅の調整はできず、OpenTypeフォントでしか適用することができません。

 

 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。