ページを扱ううえで欠かせない機能がたくさん搭載されています。また、テキストや画像を扱ううえでの基本的な考え方にも若干違いがあります。まずは、InDesignがどのようなアプリケーションなのかを理解しましょう。

ここでは、縦中横とスタイルの機能を解説します。縦中横は縦組み時に必須の機能で、用途に応じて[自動縦中横設定]や[縦組み中の欧文回転]といった機能が用意されています。スタイル機能は、Adobe InDesignを使用する上でもっとも重要といってもよい機能で、この機能を使いこなせるかどうかで作業効率も大きく変わります。

縦中横機能

縦組みで文字を組むと、1バイトの欧文や数字は横倒しになってしまいます。この横倒しになった欧文や数字を回転させ、読みやすくする機能が[縦中横]です。InDesignには、文字単位で適用する[縦中横]と、段落単位で適用する[自動縦中横設定]がありますが、文字単位で1つずつ適用していては時間がかかってしまいますので、一般的には[自動縦中横設定]を使用するとよいでしょう。もちろん、位置の調整も可能です。さらに、欧文や数字を組数字ではなく、一文字ずつ回転させる[縦組み中の欧文回転]という機能も用意されています。

縦中横

横倒しになったテキストを文字ツールで選択し、[文字]パネルのパネルメニューから[縦中横]を適用すると、選択しているテキストが回転します。文字単位での適用が可能です。

縦中横設定

[縦中横]で回転したテキストの位置を調整したい場合には[縦中横設定]を使用します。[文字]パネルのパネルメニューから[縦中横設定]を選択すると、[縦中横設定]ダイアログが表示されるので、目的に合わせて[上下位置]と[左右位置]を調整します。

自動縦中横設定

複数の組数字を一気に回転させたい場合には[自動縦中横設定]を使用します。段落パネルのパネルメニューから[自動縦中横設定]を選択すると、[自動縦中横設定]ダイアログが表示されるので、[組数字]として回転させたい桁数を指定します。さらに、欧文に対しても適用したい場合には、[欧文も含める]にチェックを入れます。ここでは、2桁までの組数字と欧文を回転させるよう設定しました。

縦組み中の欧文回転

欧文や数字を1文字単位で回転させることもできます。この場合、段落パネルのパネルメニューから[縦組み中の欧文回転]を実行します。なお、[縦組み中の欧文回転]と[自動縦中横設定]は併用することが可能です。この場合、[自動縦中横設定]で指定した桁数までは組数字として、それ以上の桁数は1文字単位で回転します。

段落スタイルと文字スタイル

InDesignを使いこなす上で最も重要な機能と言ってもいいのが、段落スタイルと文字スタイルです。これらは、テキストに適用した書式属性をスタイルとして登録することで、同じ書式を他のテキストにも素早く適用できる機能です。例えば、同じ書式の見出しが何十個もあったとしましょう。ひとつずつ手作業で書式を設定していては、非常に時間がかかってしまいますが、スタイル機能を使用すれば、ワンクリックで同じ書式を設定していくことができます。段落単位で適用する段落スタイルと文字単位で適用する文字スタイルがあり、テキスト編集時はもちろん、テキスト修正時にも非常に威力を発揮します。すべてのテキストに対して段落スタイルを設定するつもりで作業すると、後々の直しも非常に楽になるでしょう。

段落スタイルの作成方法

1. 文字ツールで書式を設定したテキストを選択します。

2. [段落スタイル]パネルの[新規スタイルを作成]ボタンをクリックします。

3. 選択しているテキストの書式内容を反映した段落スタイルが作成されます(図では「段落スタイル1」)。

4. ただし、この段階ではまだ、スタイルとテキストは関連付け(リンク)されていません。関連付け(リンク)を行うためには、スタイル名をクリックすればOKですが、ここではスタイルに分かりやすい名前を付けておきたいので、新しく作成されたスタイル名「段落スタイル1」をダブルクリックします。[段落スタイルの編集]ダイアログが表示されるので、[スタイル名]を入力し、[OK]ボタンをクリックします。この際、[スタイル設定]欄で書式内容も確認しておくようにしましょう。

5. あとは、同じ書式を適用したい段落内にカーソルをおき、スタイル名をクリックしていけば同じ書式が適用されます。

文字スタイルの作成方法

文字スタイルは、一般的に段落スタイルを適用したテキストの書式を部分的に変更したい時に使用します。例えば、部分的にテキストを太字にするなどして、強調したいようなケースです。作成方法も基本的に段落スタイルと同じです。

1. 書式を設定したテキストを選択します。

2. [文字スタイル]パネルの[新規スタイルを作成]ボタンをクリックします。

3. 選択しているテキストの書式内容を反映した文字スタイルが作成されます。あとは、同じ書式を適用したい他のテキストを選択して、スタイル名をクリックしていきます。

4. 段落スタイル同様、作成されたスタイル名をダブルクリックして、テキストとの関連付け(リンク)とスタイル名の変更をしておきましょう。

その他のスタイル機能

段落スタイルと文字スタイル以外にも、InDesignにはさまざまなスタイル機能が用意されています。先頭文字スタイルや正規表現スタイル、オブジェクトスタイルや表スタイル・セルスタイルなどです。これらのスタイル機能を使用することで、さらに高度なテキスト運用が可能となります。段落スタイルや文字スタイルを使いこなせるようになったら、一歩進んでこれらのスタイル機能も活用できるようにしましょう。なお、ここでは先頭文字スタイルと正規表現スタイル、オブジェクトスタイルを紹介しておきます(表スタイル・セルスタイルは第6回で取りあげます)。

先頭文字スタイル

段落の先頭から任意の文字が出てくる所までに、指定した文字スタイルを自動的に適用する機能が先頭文字スタイルです。

インタビュー記事のように、名前の部分だけ太字にしたいといったようなケースで使用すると、いちいち手作業で名前に対して文字スタイルを適用していく必要がなく便利です。図のケースでは、段落の先頭から「:」が出てくるところまでに対して、自動的に文字スタイルが適用されるよう設定しています。

なお、先頭文字スタイルは、段落スタイル内の属性として指定することが可能です。

正規表現スタイル

正規表現に合致するテキストに対して指定した文字スタイルを自動的に適用する機能が、正規表現スタイルです。

図では、鍵括弧で囲まれた文字列に対して自動的に文字スタイルが適用されるように設定しています。他にも、指定した桁数の数字を等幅半角字形にしたり、平仮名やカタカナのみに対して文字ツメを適用したりと、使い方によって、じつにさまざまに活用することができます。

オブジェクトスタイル

塗りや線のカラーや太さ、ドロップシャドウ等、オブジェクトレベルの属性をスタイルとして登録したものが、オブジェクトスタイルです。同じ属性を持つオブジェクトを複数作成する場合に便利な機能で、作成方法は段落スタイルと同じです。なお、オブジェクトスタイル内には、[塗り]や[線]以外にも、[線と角のオプション]や[テキストの回り込みほか][フレーム調整オプション]など、さまざまな属性を設定できます。また、手動で段落スタイルを指定することも可能なため、段落スタイルをさらに高度に運用することもできます。

 

 


[最適なプランをお選びください]

InDesignなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。