便利なスターターファイルをカスタマイズして、独自のレターヘッドと封筒をデザインします。
Studio Iconicのレターヘッドと封筒のデザイン一式

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。 

モダンなレターヘッドを手軽に作成

サンプルファイル、letterhead-design_START.inddをダウンロードして開きます。

レターヘッドの1ページ目が表示されます。封筒のデザインを表示するには、「ページ」タブをクリックするか、ウィンドウ/ページを選択します。ページパネルで2ページ目のサムネールをダブルクリックすれば、封筒のデザインが表示されます。

1ページ目のサムネールをダブルクリックして、作業を続けます。

注意:サンプルファイルは、米国標準サイズを使用しています。サイズについては、以下を参照してください。

  • 米国レターヘッド:8.5 x 11 インチ、ヨーロッパ:A4
  • 米国10号封筒:4.125 x 9.5 インチ、ヨーロッパ:110 mm x 220 mm
「ページ」タブがハイライト表示されアクティブ、2ページで構成されている

ロゴを配置する

ファイル/配置をクリックして、サンプルのlogo-color.aiファイルを選択します。「開く」をクリックします。カーソルにロゴアートが読み込まれたら、左上の余白の交点から右下にドラッグして、ロゴを配置します。

ロゴとフレームの縦横比を保持したままサイズ変更するには、Control+Shiftキー(Windows)またはCommand+Shiftキー(macOS)を押しながらコーナーハンドルをドラッグします。

ロゴを移動するには、選択ツールでフレームをクリックして選択してから、ページ上の目的の場所までドラッグします。

左上の図は、loco-color.aiファイルを開くところ右上の図は、長方形フレームを描画し、ロゴを表示したところ下の図は、Command+Shiftキーを使用して、ロゴのサイズを変更したところ

封筒にロゴを追加する

2ページ目のサムネールをクリックして、封筒を表示します。ガイドを基準に左上にロゴを配置しましょう。必要に応じて、ロゴのサイズを変更します。

2ページ目で、上部と左の余白が交差する位置にロゴが配置されている

グラフィック要素のカスタマイズ

どちらのデザインにも、ロゴに合わせて色付けするための黒い長方形が作成してあります。

選択ツールで長方形を選択します。プロパティパネルで、塗りのカラーボックスをクリックします。任意のカラーを選択するか、スクロールして、ロゴで使用したオレンジのカラースウォッチを選択します。

1ページ目のレターヘッドのデザインでもこの手順を繰り返します。

2ページ目で、左下端の長方形が選択されている長方形の塗りのカラーがオレンジに変わり、プロパティパネルが表示されている

サンプルテキストを置換する

ツールバーから文字ツールを選択します。両方のページのテキストをそれぞれ選択して、自分で用意したテキストに置き換えます。

1ページ目で、サンプルテキストが実際の文章に置き換わっている

テキストのスタイル設定

レターヘッドの本文のフォントとサイズを変更しましょう。

書式/段落スタイルを選択します。段落スタイルを使用して、ページ上のテキストの属性を設定します。段落スタイル「Contact Info」は両ページのテキストに、段落スタイル「Body Text」はレターヘッドで使用されています。

ページ上で何も選択されていない状態で、段落スタイル「Body Text」をダブルクリックして編集します。段落スタイルの編集ダイアログボックスで、基本文字形式をクリックし、フォントとサイズを変更します。

「文字カラー」を選択して、別のカラーを選択するか、スクロールして、サンプルの「CHARCOAL」カラースウォッチを選択します。

ライブで変更を確認するため「プレビュー」をオンにします。これで「OK」をクリックして、変更を適用します。

デザインに合わせて、段落スタイル「Contact Info」も変更してみましょう。

段落スタイルの編集ダイアログで、基本文字形式の様々なオプションがハイライト表示されている

印刷の準備

ファイル/書き出しを実行し、表示されるダイアログの「形式」にAdobe PDF(プリント)を選択して、「保存」をクリックします。

「Adobe PDFを書き出し」ダイアログの「PDF書き出しプリセット」メニューには、印刷所の推奨に従い、「高品質印刷」または「プレス品質」オプションを選択します。

「書き出し」をクリックすれば、メール送付やオンラインでのアップロードが可能な、印刷対応のPDFを保存できます。

右側はAdobe PDFを書き出しダイアログボックスで、Adobe PDFプリセットに「高品質印刷」が選択されている左側はファイル/書き出しウィンドウで、ファイルの種類に「Adobe PDF(プリント)」が選択されている

これで完成です。ビジネス用名刺一式を作成するには、名刺の作成を参照してください。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:Bordo

このページは役に立ちましたか。