あらかじめ印刷、web、モバイル用の設定をおこない、プロジェクトをすぐに開始できるようにしましょう。
new-document-in-indesignmain

注意:ここに示す新機能は、最新版のAdobe InDesign CC でご利用いただけます。

新規ドキュメントを作成する

1. InDesignを起動すると、スタート画面が表示されます。「新規作成」をクリックして、新規ドキュメントダイアログボックスを開きます。Ctrl+Nキー(Windows)またはCommand+Nキー(macOS)で開くこともできます。

2. 画面上部から、「印刷」、「Web」、「モバイル」などのカテゴリーを選択します。カテゴリーを選択することで、カラーモードや単位など、プロジェクトに適したパラメーターが設定されます。

ヒント:プロジェクトの内容に応じて、カテゴリーを選択しましょう。例えば、名刺、ポスター、冊子をデザインする場合は「印刷」、webページのモックまたはオンライン表示用のPDFを作成する場合は「Web」を選択します。

3. 選択したカテゴリーに応じて、よく使用されるドキュメントタイプのプリセット一覧が表示されます。プリセットを使用すれば、あらかじめサイズや裁ち落とし等が設定された空のドキュメントが開くので作業がしやすくなります。例えば、「印刷」を選択してレタープリセットをクリックすれば、すぐにデザインを開始できます。

ヒント:「すべてのプリセットを表示」をクリックすれば、その他のプリセットが表示されます。

プリセットを使用してもしなくても、ドキュメントは様々な方法でカスタマイズできます。この時点ですべての設定が完了している必要はありません。後で編集できます。

4. 右側の「プリセットの詳細」で目的のサイズを入力し、単位、ページの方向などを指定します。

次に、ページ数を指定します。雑誌や本のように2ページを同時に表示する場合は、「見開きページ」を選択します。1ページの段組の数と間隔を設定します。

5. 各マージンを指定します(マージンとは、ページの端から版面までのスペースのことです)。任意の単位でマージンを設定します。

または、高品質なテンプレートを使用して、すぐにデザインを始めることもできます。新規ドキュメントダイアログ画面を下にスクロールすると、多彩なデザインが多く揃う無料のテンプレートが表示され、様々なプロジェクト向けに使用できます。さらに、Adobe Stockからは何百点ものテンプレートをダウンロードできます。テンプレートを簡単にカスタマイズする方法については、「InDesignで簡単にブックカバーをデザイン」をご覧ください。

6. 設定が完了したら、「作成」をクリックして、設定内容が反映された新規ドキュメントを開きます。

ドキュメントの設定はいつでも変更可能

初めてのドキュメントの設定が完了しました。後でドキュメントの設定を変更する場合は、ファイル/ドキュメント設定をクリックして、オプションを変更します。 ドキュメントプロファイル(単位やカラーモード)、ページサイズ、方向、ページ数の変更、裁ち落としや印刷可能領域の値の変更などができます。トンボと裁ち落としの設定方法については、裁ち落としの設定を参照してください。

new-document-in-indesignstep6

このまま、次のチュートリアルにお進みください

ショートチュートリアルを表示し、InDesignで楽しくプロジェクトを作成してみましょう。

ポストカードを作成する

名刺を作成する

チラシを作成する

多くの人に伝えるニュースレターを作成する

09/10/2018
このページは役に立ちましたか。