Adobe InDesign CC

InDesignのCreative Cloud Librariesでデザインアセットを共有、整理

InDesignで使用するグラフィック、カラー、カラーテーマ、文字スタイル、段落スタイルを管理、同期、再利用し、チームメイトと共有する方法を説明します。 (所要時間5分)

InDesignのCreative Cloud Librariesでデザインアセットを共有、整理

5分

Adobe Creative Cloud Librariesを使うと、自分や仕事仲間ががモバイルやデスクトップアプリで作成したデザインアセットを1か所に集めて整理できます。

一人の作業でもチーム作業でも、Librariesを使うと、アセットの更新作業、再利用、共有を手軽に行えるようになります。しかも、Librariesは自動的にCreative Cloudアカウントと同期され、どこからでもアクセス可能です。オフライン環境にいるときも利用できます。

このチュートリアルでは、Adobe InDesign CCからLibrariesを使ってデザイン作業を効率化する方法について説明します。

ドキュメントアセットをLibrariesに追加する

InDesignでCreative Cloud Librariesにアセットを追加するには、ウィンドウ/CC Librariesに移動し、ライブラリパネルを開きます。

ライブラリパネルで、「新規ライブラリを作成」オプションをクリックして新しいライブラリを作成し、ライブラリの名前を設定します。または、デフォルトのライブラリである「マイライブラリ」にアセットを追加してもかまいません。

アセットをライブラリに追加するには、InDesignドキュメント内のオブジェクトを選択し、ライブラリパネルで、そのオブジェクト(文字スタイル、段落スタイル、カラー)を追加する目的に応じたボタンをクリックします。

また、シェイプや写真などのグラフィックアセットをドキュメントからライブラリパネルに直接ドラッグして追加することもできます。

Adobe Stockおよびモバイルアプリからアセットを追加する

Adobe Stockには、膨大な数のロイヤリティフリーな画像、イラスト、ビデオアセットが登録されています。InDesignではライブラリパネルを使ってそれらのアセットにアクセスできます。Adobe Stockを検索するには、ライブラリパネルの検索バーを使います。目的に合ったアセットを見つけたら、そのアセットをポイントします。雲のアイコンをクリックすると、透かし入りのアセットプレビューをダウンロードできます。また、ショッピングカートをクリックするとアセットを購入できます。

Adobe Creative Cloudモバイルアプリを使えば、シェイプやカラーなどのひらめきを、どこでも、その場でアセットにして保存できます。この方法で集めたアセットは、自分のライブラリに自動的に反映されます。

詳しくは、Adobe Stock画像の使用およびAdobe Color CCを使ってカラーテーマを作成するを参照してください。

ライブラリアセットを再利用する

ライブラリに保存したアセットは再利用できます。同じファイル内はもちろん、別のプロジェクトにも、別のアプリケーションにも、バージョンの心配をすることなく適切なアセットを確実に再利用できます。

プロジェクトにグラフィックアセットを追加するには、ライブラリパネルからInDesignレイアウトに、アセットを直接ドラッグします。

カラー、カラーテーマ、段落スタイル、テキストスタイルを追加または適用するには、プロジェクト内のオブジェクトを選択し、目的のライブラリアセットのサムネイルをクリックします。

最新のアセットを使用する

ライブラリからグラフィックアセットをドラッグすると、リンクされたアセットとしてドキュメント内に配置されます。ライブラリ上で、そのアセットが自分または別のユーザーによって変更されると、更新内容がすべてのファイルに反映され、常に最新バージョンのアセットが使われます。

リンクされたアセットのグラフィックサムネールには雲のアイコンが表示されるので、その他のアセットと見分けることができます。また、リンクされたアセットはリンクパネルにも表示されます。

ヒント:アセットの特定のコピーだけに変更を加え、すべてのファイル内のアセットに反映されないようにするには、アセットのコピーを作成します。アセットを配置するときに、AltまたはOptionキーを押しながらライブラリパネルからドラッグすると、リンクされていない(埋め込まれた)アセットを作成できます。

チームでLibrariesを共有する

ライブラリはチームのメンバー間で共有可能です。共有すると、全員がそのライブラリにアセットを追加でき、全員が最新バージョンのアセットを使って作業できます。

ライブラリパネルの右上にあるオプションアイコンをクリックして、「共同利用」を選択します。ブラウザーのウィンドウが表示されたら、招待するメンバーの電子メールアドレスを入力し、必要な場合はメッセージを追加して、「招待」をクリックします。受信者は、メッセージに記載されたリンクにアクセスして招待を受けることができます。

または、「ライブラリ」オプションから「リンクを送信」を選択して、他のユーザーにライブラリのコピーをダウンロードする方法を案内することもできます。ダウンロードしたコピーは、元のライブラリと同期することなく別個に編集可能です。