シンプルなオブジェクトとシェイプの周囲にテキストを回り込ませ、テキストの流れをカスタマイズして、レイアウト上のテキストを自然につなげる方法について説明します。
wrap-text-objects_1408x792

ワークスペースを設定する

サンプルファイルの1ページを開き、画面右上にあるワークスペース切り替えメニューで「テキスト編集」を選択します。右側にテキストの編集に使うパネルが表示されます。

右側のパネルドックからテキストの回り込みパネルを選択します。ウィンドウ/テキストの回り込みを選択して、テキストの回り込みパネルを開くこともできます。

テキストワークスペースを開く
テキストワークスペースを開く

境界線ボックスで回り込む

テキストが書き込まれたテキストフレームに、ベクターオブジェクト「Q」が重なっています。ツールパネルの選択ツールで、ベクターオブジェクトをクリックして選択します。テキストの回り込みパネルで、2つ目のアイコン(境界線ボックスで回り込む)を選択します。テキストが自動的にベクターオブジェクトを回り込み、境界線ボックスに揃えられます。この操作を取り消すには、最初のアイコン(回り込みなし)をクリックします。

テキストの回り込みパネル
テキストの回り込みパネル

オブジェクトを挟んで回り込む

オブジェクトを挟んでその下にテキストを回り込ませたいときは、4番目のアイコン(オブジェクトを挟んで回り込む)を選択します。すると、テキストの続きがオブジェクトを挟んで下に表示されます。

オブジェクトを挟んで回り込む
オブジェクトを挟んで回り込む

オブジェクトのシェイプで回り込む

ベクターオブジェクトを選択したまま、3つ目のアイコン(オブジェクトのシェイプで回り込む)を選択します。「回り込みオプション:」で、「回り込み:左右両サイド」を選択します。すると、テキストが境界線ボックスではなく、ベクターオブジェクトの輪郭に沿って自動的に回り込みます。

一部のテキストがベクターオブジェクトの輪郭の内側にも入っているでしょう。これは次の手順で修正します。

ヒント:テキストの回り込みパネルに「回り込みオプション:」がない場合は、パネルオプションの「オプションを表示」をクリックします。

オブジェクトのシェイプで回り込む
オブジェクトのシェイプで回り込む

回り込みのオフセット値を調整する

オブジェクトと回り込むテキストの間のオフセット量(スペース)を管理できます。オブジェクトを回り込むテキストを選択した状態で、「上オフセット」の上向き矢印をクリックして設定します。値を直接入力することもできます。これでオブジェクトの周囲に余白が追加されます。このフィールドの値を大きくするほど、テキストがオブジェクトから離れます。

上オフセット値を設定する
上オフセット値を設定して余白を追加する

左サイドまたは右サイド

必要に応じて、テキストをオブジェクトの片側のみに回り込ませることもできます。ベクターオブジェクトを選択して、「回り込みオプション:」で「回り込み:右サイド」を選択します。これで右側のみにテキストが移動しますが、まだ一部のテキストがベクターオブジェクトの輪郭の内側に入っているはずです。そのような場合は、「回り込み:最大領域」を選択して、テキストをオブジェクトの輪郭の外側に出します。

回り込みオプション
回り込みオプションの選択

テキストの回り込み効果を実習する

以下の手順で、このドキュメントの2ページ目と3ページ目を書式設定します。

A. 3ページで、ベクターオブジェクト「J」をこの記事の先頭のドロップキャップにします。オブジェクトの右輪郭に沿ってテキストが回り込むように設定します。シェイプの輪郭の内側にテキストが入り込まないようにします。

B. 中央の列では、セクション区切りとしてスワッシュ字形が使われています。このスワッシュを挟むようにテキストを回り込ませるか、次の段にテキストを送ります。

C. 中央と右の列にまたがる引用文は、4方向ともに回り込むように設定し、オフセット値を調整して周囲に十分な余白を入れます。

テキスト回り込み効果を作成する
テキスト回り込み効果を実習する

09/10/2018
このページは役に立ちましたか。