内容 (What's Covered)

 

この文書は、Microsoft Excel のデータを Adobe InDesign CS で読み込む方法および InDesign ではサポ-トされていない Excel 機能について説明します。

 

A. Excel ファイルを読み込む方法

A-1. [配置] コマンドを使用

A-2. Excel ファイルを PDF に変換後、[配置] コマンドを使用

A-3. グラフや図を読み込むには

B. サポートされていない Excel 機能

 

 A. Excel ファイルを読み込む方法

 

InDesign で Excel ファイルを読み込むには、[配置] コマンドを使用する方法と、Excel ファイルを PDF ファイルに変換してから配置する方法の 2 通りあります。

[配置] コマンドを使用した場合、InDesign 上でのレイアウト調整が可能ですが、PDF ファイルに変換してから配置した場合は InDesign 上でのレイアウト調整を行うことはできません。用途に適している方の操作手順を行ってください。

 

 A-1. [配置] コマンドを使用

 

[配置] コマンドを使用して Excel ファイルを InDesign に読み込むには以下の操作手順を行います。

  1. Excel スプレッドシートを InDesign でサポートされている形式で保存し、Excel を終了します。

    ※ サポートされている形式については、追加情報 を参照してください。
  2. InDesign で Excel ファイルを配置する文書を開きます。
  3. [ファイル] メニューから [配置] を選択し、Excel ファイルを選択して [開く] をクリックします。
  4. [Microsoft Excel 読み込みオプション] ダイアログボックスが表示されます。
  5. オプションセクションの [シート] ポップアップメニューから読み込むシート名を選択します。



  6. オプションセクションの [セル範囲] ポップアップメニューから読み込むセルの範囲を以下のいずれかの方法で指定します。



    列番号を指定し、セル範囲を選択する場合

    左上のセルと右下のセルの行列番号をコロン(:)で区切って入力します(例: A2:C10)







    名前の付いたセルを選択する場合

    Excel でセルに名前を付けた場合は、その名付けられたセル名を選択します。

    ※ セル名を直接入力しても同じ操作が行えます。



  7. 必要に応じて、その他の読み込みオプションを選択します。

    ※ オプションの詳細については、InDesign ヘルプの「Microsoft Excel の読み込みオプション」を参照してください。
  8. [配置] をクリックします。
  9. マウスカーソルのアイコンが になったら、文書内の任意の場所をクリックして Excel の表を配置します。



    ※ テキストフレームなどを文書内に作成し、そこに Excel ファイルを配置することをお勧めします。



 注意 : Excel でコピーしたセル範囲を直接 InDesign にペーストすることも可能です。その場合は InDesign の環境設定の [一般] で「ペースト中にテキストの属性を保持」を選択します。詳細は InDesign ヘルプの「グラフィックと表のレイアウト」を参照してください。

 

 A-2. Excel ファイルを PDF に変換後、[配置] コマンドを使用

 

InDesign はスプレッドシートファイルの書式を読み込まないため、Excel スプレッドシートを PDF に変換したファイルを InDesign に配置することもできます。

Excel ファイルの PDF への変換については、下記の文書を参照してください。

文書番号 222778 Acrobat 6.0 で Excel から PDF ファイルを作成する際の推奨事項

 

 注意 : PDF ファイルを Excel から作成するためには、 InDesign には含まれていない Adobe Acrobat Distiller を使用する必要があります。Acrobat Distiller を含む Adobe Acrobat 製品の購入については、弊社 Web サイト http://store.adobe.co.jp/shopping.asp?acrobat をご覧ください。

 

InDesign で PDF ファイルを配置するには、以下の操作手順を行います。

  1. InDesign で PDF ファイルを配置する文書を開きます。
  2. [ファイル] メニューから [配置] を選択します。
  3. 配置する PDF ファイルを選択し、[開く] をクリックします。



    ※ [配置] ダイアログボックスで、必要に応じて「読み込みオプションを表示」を選択すると、以下のダイアログオプションが表示されます。オプションの詳細については、InDesign ヘルプの「PDF ファイルの読み込みオプション」を参照してください。



  4. マウスカーソルのアイコンが になったら、文書内の任意の場所をクリックして PDF ファイルを配置します。



 

 A-3. グラフや図を読み込むには

 

InDesign では Excel ファイルに含まれる「グラフ」や「図」を読み込む機能はありません。Excel で作成したグラフなどを InDesign で使用するには、Adobe Illustrator などのグラフィックアプリケーションに Excel の図をコピーし、そのファイルを InDesign に配置します。

 

Illustrator で Excel のグラフや図を保存するには、以下の操作手順を行います。

  1. Excel でグラフを選択します。
  2. [編集] メニューから [コピー] を選択します。
  3. Illustrator を起動し、書類を開きます。
  4. [編集] メニューから [ペースト] を選択します。
  5. Excel のグラフが表示されたら、ファイルを Illustrator EPS 形式として保存します。
  6. 保存した EPS ファイルを InDesign に配置します。

 

 B. サポートされていない Excel 機能

 

以下の表は、InDesign で読み込めない Excel のアイテムと機能です。これらは InDesign の読み込みフィルタではサポートされていません。

 

Excel 2000/XP/2003

Excel 97/98

Excel Mac 2001/X for Mac

選択範囲内で中央

選択範囲内で中央

選択範囲内で中央

ダイアログ

ダイアログ

ダイアログ

描画

描画

描画

ウィンドウ枠の固定

ウィンドウ枠の固定

ウィンドウ枠の固定

水平方向の塗りつぶし

水平方向の塗りつぶし

水平方向の塗りつぶし

テキストの整列

テキストの整列

テキストの整列

マクロ

マクロ

マクロ

モジュール

モジュール

モジュール

名前付きスタイル

名前付きスタイル

名前付きスタイル

アウトライン

アウトライン

アウトライン

パターン

パターン

パターン

図形やグラフィック

図形やグラフィック

図形やグラフィック

オブジェクト

オブジェクト

オブジェクト

ファイル保護

ファイル保護

ファイル保護

画面の分割

画面の分割

画面の分割

テキストボックス

テキストボックス

テキストボックス

折り返して全体を表示

折り返して全体を表示

折り返して全体を表示

コメント

コメント

コメント

条件付き書式

条件付き書式

条件付き書式

文書のプロパティ

文書のプロパティ

文書のプロパティ

ヘッダとフッタ

ヘッダとフッタ

ヘッダとフッタ

手動での改ページの調整

手動での改ページの調整

手動での改ページの調整

ページ番号

ページ番号

ページ番号

縮小して全体を表示

縮小して全体を表示

縮小して全体を表示

ロック/アンロックのセル*

ロック/アンロックのセル

ロック/アンロックのセル

下付き

下付き**

上付き

縦書きテキスト**

縦書きテキスト*

縦書きテキスト

縦書きテキスト

「オブジェクトの挿入」または「形式を選択して貼り付け」で挿入したオブジェクト

「オブジェクトの挿入」または「形式を選択して貼り付け」で挿入したオブジェクト

ハイパーリンク*

ハイパーリンク

ハイパーリンク

罫線

罫線**

背景のカラー

背景のカラー**

方向*

方向

方向

網掛け*

網掛け

網掛け

 

*Excel XP/2003 で作成した Excel 文書は InDesign で読み込み可能

**Excel Mac 2001 で作成した Excel 文書は InDesign で読み込み可能

 

 

読み込みの可・不可についてのより詳細な情報については、アプリケーションフォルダの「Filter お読みください.pdf」を参照してください。

 

 

追加情報 (Additional Information)

 

 

 

InDesign には Excel ファイル(スプレッドシート)を読み込むための「Reader for Excel」フィルタが標準で組み込まれています。このフィルタは、テキストのみ読み込み可能で、図やグラフなどのグラフィカルな要素は読み込みません。

 

以下の表は、InDesign CS に搭載の「Reader for Excel」フィルタの保存場所および読み込み可能な Excel バージョンです。

 

項目

Windows 版 InDesign CS

Macintosh 版 InDesign CS

フィルタ名

Reader for Excel.smrd

Reader for Excel

保存場所

C:¥Program Files¥Adobe¥InDesign CS_J¥Plug-Ins¥Filters¥Sangam Readers

Applications/InDesignCS_J/Plug-Ins/Filters/Sangam Readers

読み込み可能な形式

Excel 97

Excel 98

Excel 2000

Excel 2002

Excel X

Excel 97

Excel 98

Excel 2000

Excel 2002

Excel X

 

 注意 : これらのフィルタは、Excel ファイルのプラットフォームに無関係に動作します。たとえば、Macintosh 版 InDesign CS で Excel 97 のファイルを読み込むことができます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー