この文書は、InDesign CS の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

欧文と日本語での文字間の取り方をそれぞれ設定することができます。

 

 

1. 欧文文字の間隔を調整する

2. 日本語文字の間隔を調整する

欧文文字と日本語文字の文字間調整

 

 

カーニングと字送りは日本語文字にも影響しますが、通常これらは欧文文字間のアキの調整に使用します。

日本語文字の文字間隔を調整するには、文字ツメと字取りを使用しましょう。

 

欧文文字

カーニング

隣り合った 2 つの文字間のアキを増減する処理のことです。

字送り(トラッキング)

複数の文字間に対して、等間隔のアキを調整する処理です。

 

日本語文字

文字ツメ

日本語文字の周囲のアキを調整する処理です。

字取り

指定したグリッド文字数の中にテキストを均等に配置することができます。

例えば入力した3文字を選択し、字取りを「5」に設定すると、3文字が5文字分のグリッド内に均等に配置されます。

 

 

 1.欧文文字の間隔を調整する

 

[ファイル] メニューの [開く] をクリックし、任意のドキュメントを開きます。

 

 

 

 

 

 

[ツールボックス] の [文字ツール] をクリックします。

 

 

 

 

[文字] パレットで操作しよう

InDesign は既存の文字を選択したり、編集したりするときに、わざわざ文字ツールの種類を合わせて選択しなくても自動的に適切な文字ツールを選択します。

 

※[選択ツール]、[ダイレクト選択ツール] が選択されている場合は、編集したい文字をダブルクリックすることで編集可能になります。

 

 

 

 

 

間隔を調整したい文字列をドラッグし、選択します。

 

 

 

 

 

[文字] パレットの [字送り] で、任意の数値を設定します。

 ※ ここでは例として、[-50] に設定します。

 

 

[文字] パレットの表示

[文字] パレットは、[コントロール] パレットの [文字と文字スタイルパレットの表示・非表示の切り替え] ボタンをクリックして、表示/非表示を切り替えます。

 

 

文字の間隔が調整されました。

 

 

 

 

 

 

隣り合った 2 つの文字間だけを調節するには、2 文字の間をクリックします。

[文字] パレットの [カーニング] で、任意の数値を設定します。

 

 

 

 

 

 

 

↑top

 2.日本語文字の間隔を調整する

 

 

間隔を調整したい文字列をドラッグし、選択します。

 

 

 

 

 

[文字] パレットの [文字ヅメ] で、任意の数値を設定します。

 ※ ここでは例として [70 %] に設定します。

 

 

 

 

 

文字の間隔が調整されました。

 

 

 

 

 

選択したグリッド文字数の中にテキストを均等に配置することもできます。

文字列をドラッグして選択し、[文字] パレットの [字取り] に任意の数値を入力します。

8 文字が 10 文字分のグリッド内に均等に配置されます。

 ※ ここでは例として、[10] と入力します。

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー