この文書は、InDesign CS の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

最新版 InDesign をご利用の場合は、こちら をご覧ください。

 

[ファイル] メニューの [開く] をクリックし、任意のドキュメントを開きます。

 

 

 

 

 

 

[ツールボックス] の [文字ツール] をクリックします。

 

 

 

 

[文字] パレットで操作しよう

InDesign は既存の文字を選択したり、編集したりするときに、わざわざ文字ツールの種類を合わせて選択しなくても自動的に適切な文字ツールを選択します。

 

※[選択ツール]、[ダイレクト選択ツール] が選択されている場合は、編集したい文字をダブルクリックすることで編集可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

タブ設定で文字を揃えるには、キーボードの [Tab] キーを押して、入力しておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

タブ設定で文字を揃えたい段落をすべてドラッグし、選択します。

 

 

[書式] メニューの [タブ] をクリックし、[タブ] パレットを表示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[タブ揃え] の方法を任意で選択し、[位置] を設定します。

 ※ ここでは例として、[左/上揃えタブ] を選択、位置を [100 mm] に設定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[リーダー] には、タブリーダーとなる記号を入力します。

 ※ タブリーダーは、タブで空けたスペースに目印として入る記号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

選択した範囲がタブ設定されました。

 

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー