この文書は、InDesign CS2 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

本文の補足や、図表などを、特定の行やテキストブロックに関連付けたい場合には、アンカー付きオブジェクトを使用すると便利です。

 

アンカー付きオブジェクトってなんだろう

特定の単語にアイコンを付けてみよう

補足記事をアンカーで固定しよう

 

 アンカー付きオブジェクトってなんだろう

 

アンカー付きオブジェクトとは、特定のテキストにアンカーで固定された画像やテキストボックスです。

テキストが移動すると、アンカーで固定されたオブジェクトも一緒に移動するので、本文の補足記事やアイコンなどを、特定の行やテキストブロックに関連付けたい場合に便利です。

また、アンカー付きオブジェクトには、テキストの回り込みを設定したり、ドキュメントの綴じ方に合わせて揃える方向を変えるように設定することも可能です。

 

 

 

↑top

 特定の単語にアイコンを付けてみよう

特定の単語にアイコンを付けてみます。ここでは例として「りんご」という単語にアイコンを付けます。

アイコンの画像は事前に作成しておきます。

 





[文字ツール] でアイコンを挿入したい位置にテキスト挿入点を置きます。

 

 

 



[ファイル] メニューの [配置] をクリックします。

 

 

 

 

 

アイコンのファイルを選択し、[開く] をクリックします。

 

 

 

 

アンカー付きオブジェクトのアイコンが挿入されました。

 

 

 

 

 

アンカー付きオブジェクトを選択して [オブジェクト] メニューの [アンカー付きオブジェクト] をポイントし、[オプション] をクリックします。

 

 

 

 

 

任意でオプションを設定し、[OK] をクリックするとオプションの設定が反映されます。

 

 

 

 

 

オプションの設定例は下図のとおりです。

 

[インライン]

テキスト挿入点のベースラインに揃えます。

※ アンカー付きオブジェクトのデフォルトの設定です。

 

 

 

[行の上]

アンカーを設定した単語のある行の上に配置されます。

 

 

 

[カスタム]

設定によってテキストフレームの外に配置することも可能です。

 

 

 

↑top

 補足記事をアンカーで固定しよう

既存のオブジェクトをアンカーで固定する方法を紹介します。

 





アンカー付きオブジェクトにしたいオブジェクトを選択します。

 

 

 



[編集] メニューから [カット] を選択します。

 

 

 

 

 

[文字ツール] でオブジェクトを挿入したい位置にテキスト挿入点を置きます。

 

 

 

 

[編集] メニューから [ペースト] を選択します。

 

 

 

 

 

作成されたアンカー付きオブジェクトを選択します。

次に [オブジェクト] メニューの [アンカー付きオブジェクト] をポイントし、[オプション] をクリックします。

 

 

 

 

 

任意でオプションを設定し、[OK] をクリックするとオプションの設定が反映されます。

ここでは下図のように設定しています。

 

 

 

 

 

設定が反映されました。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー