この文書では、Adobe InDesign で作成した表を編集する方法について説明します。

A. 表構造を編集

表パネルでは、行や列の数、幅、セル内の文字組みの方向など、表構造の設定を行うことができます。列数や行数を増減したり、文字の組方向や余白を調整することができます。

  1. InDesign を起動し、表が挿入されているファイルを開きます。
  2. 選択ツールで表を選択したり、文字ツールで表の一部を選択して、変更したい部分を選択した状態にします。

  3. ウィンドウ/書式と表/表 を選択して、表パネルを表示します。
  4. 表パネル内で、変更する内容に応じた項目を修正します。

  5. 表に変更が適用されます。

B. 表のスタイルを編集

表の属性ダイアログボックスおよびセルの属性ダイアログボックスでは、指定した表やセルに対して、塗りや罫線の設定を行うことができます。

  1. InDesign を起動し、表が挿入されているファイルを開きます。
  2. 選択ツールで表を選択したり、文字ツールで表の一部を選択して、変更したい部分を選択した状態にします。

  3. 表/表の属性 または、表/セルの属性を選択し、変更する内容によって次のメニュー小項目を選択します。
    ※ 例として、ここではセルの塗りを変更するため、表/セルの属性/罫線と塗り を選択します。

  4. 表の属性ダイアログボックス またはセルの属性ダイアログボックス が表示されます。
  5. ダイアログボックス内で、変更する内容に応じた項目を修正し、「OK」をクリックします。タブを切り替えて、他の項目も同時に編集することが可能です。
    ※ 例として、ここではセルの塗りを変更するため、「セルの塗り」の「カラー」項目の値を変更します。

  6. 表やセルに変更が適用されます。

C. セルの結合や分割、均等化

指定したセルに対し、結合や分割、均等化を行うことができます。

  1. InDesign を起動し、表が挿入されているファイルを開きます。
  2. 文字ツールで、変更したいセルを選択した状態にします。

     

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    ・ ウィンドウ/書式と表/表 を選択して、表パネルを表示します。表パネルのオプションメニューから、行う操作を選択します。

    ・ 表メニューを選択し、行う操作を選択します。

  4. セルに変更が適用されます。

    ※ 以下の例では、セルの結合を行いました。



D. 画像の追加

配置コマンドやペースト機能などを使用して、表内に画像を挿入することができます。

  1. InDesign を起動し、表が挿入されているファイルを開きます。
  2. 文字ツールで、画像を挿入したいセルにカーソルを配置します。



  3. ファイル/配置 を選択し、配置ダイアログボックスで画像を選択して「開く」ボタンをクリックします。
  4. 表に画像が挿入されます。



E. 表スタイルとセルスタイル

表スタイルとセルスタイルで、表の書式設定を保存することができます。表スタイルとは、1 回の操作で適用できる、表の境界線や行と列の罫線などの表の書式設定属性の集まりです。セルスタイルには、セルの余白、段落スタイル、罫線、塗りなどの書式設定が含まれます。スタイルを編集すると、そのスタイルが適用されるすべての表またはセルが自動的に更新されます。スタイル定義しておくことで、同じスタイルを複数の表やセルに簡単に適用することができます。

表スタイルパネルおよびセルスタイルパネルは、ウィンドウ/スタイル/表スタイル または セルスタイル から表示し、新規スタイルを作成して編集します。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー