この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

問題点 (Issue)

 

Adobe InDesign で、プリントを行うと以下の警告が表示されます。

  • 「このドキュメントは、バイナリの EPS ファイルが含まれています。印刷に失敗するかもしれません。バイナリデータが印刷に影響しない場合、プリンタは出力を行います。このドキュメントの印刷を続行しますか?」



     

 

詳細 (Detail)

 

 

バイナリー(Binary)形式のエンコーディングを利用して保存された EPS ファイルが配置されています。

 

PostScript プリンタによってはバイナリー形式のデータを一部を誤って PostScript コマンドとして認識する場合があります。この時、印刷はエラーにより完了しません。または、理解できない英文が一行だけ印刷された用紙が多数出力されます。このような問題を回避するために InDesignは警告を表示します。

 

警告の表示は以下のようになっています:

警告を表示する場合:

  • 配置された EPS ファイルに[%%DocumentData comment: Binary]コメントが含まれているとき
  • 配置された EPS ファイルに[%%DocumentData comment:]コメントが含まれているが値が不明なとき
  • 配置された EPS ファイルに[%%DocumentData comment:]コメントが含まれていないとき

 

警告を表示しない場合:

  • 配置された EPS ファイル Photoshop で作成されているとき
  • アスキー(ASCII)形式のエンコーディングを利用して保存された EPS ファイルにバイナリーデータが含まれているとき

 

 

解決方法 (Solution)

 

 

 

この問題を解決するには、以下のいずれかを試します。

 

A. 配置する EPS ファイルを他のファイル形式(TIFF, Photoshop 形式など)に保存しなおします。

B. EPS ファイルを作成したアプリケーションからバイナリーデータを含まないEPS ファイルに保存しなおします。

 

C. Photoshop 等のアプリケーションを利用してアスキー形式の エンコーディングを利用した EPS ファイルに保存しなおします。

 

D. PostScript プリンタの設定を変更してバイナリ通信プロトコルに対応(プリンタキューの TBCP を有効)します。

プリンタの TBCP(Tagged Binary Control Protocol)モードを有効にすることによって、コンピュータから印刷データを送信する際に一部の PostScript 文字をプリンタが解釈可能なデータに変換します。

  1. Finder の [移動] メニューから [ユーティリティ] を選択します。
  2. 「プリンタ設定ユーティリティ」をダブルクリックします。
  3. [名前] 欄に表示されているプリンタ名をメモなどに記録します。
  4. 「プリンタ設定ユーティリティ」を終了します。
  5. 「ユーティリティ」フォルダで「ターミナル」をダブルクリックします。
  6. 以下のコマンドを入力し、Return キーを押します。



    sudo /usr/sbin/lpadmin -p "<プリンタ名>" -o protocol=TBCP
  7. sudo コマンドについての警告が表示され、パスワード入力を求められた場合は管理者パスワードを入力します。

    ※ 管理者権限がない場合はシステム管理者へお問い合わせください。

TBCP モードは、Mac OS X のアップデート、またはプリンタドライバのアップデートインストールを行うと無効になります。これらのアップデート後に問題が発生する場合は、TBCP モードを再度有効にします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー