この文書では、Adobe InDesign の「トンボ」および「印刷マーク」について説明します。

印刷・出力会社では、校正刷りを作成する際、適正なキャリブレーションと網点角度やフィルムのサイズの調整などのために、トンボやセンタートンボを使用して色分解出力フィルムの見当合わせを行います。どのトンボを選択しても、印刷領域が拡張され、トンボまたは断ち落とし(トンボの外側にある定義したページサイズの外側の印刷可能領域を示す定規)が収まるようになります。

InDesign では、プリント時や PDF ファイルへの書き出し時に、設定できる「印刷マーク」として何種類かの「トンボ」が用意されています。

A. 設定方法

  1. InDesign を起動して、ファイルを開きます。

  2. ファイル/プリント を選択します。
  3. プリントダイアログボックスの左側のリストから「トンボと裁ち落とし」を選択します。

  4. トンボの種類を選択し、必要なトンボを選択します。
    トンボの種類 : 「丸付きセンタートンボ」、「丸なしセンタートンボ」、「西洋トンボ」から選択します。
    太さ : トンボの線の太さを指定します。
    オフセット : ページ情報の印刷をドキュメントの端 (裁ちトンボではなく) からの位置を指定します。

  5. 設定が終了したら、「プリント」ボタンをクリックして印刷します。

B. トンボと印刷マークの種類

InDesign のセンタートンボには、「丸付きセンタートンボ」、「丸なしセンタートンボ」、「西洋トンボ」が用意されています。また、トンボと合わせて、カラーバーやページ情報などの印刷マークもプリントすることができます。

B-1. 内トンボ

最終的な仕上がり (ドキュメントのページサイズ) で、断裁される位置を指定する水平と垂直の細い線を追加します。トンボは、色分解出力した各版の位置を正確に見当合わせをするためのものです。外トンボを合わせて使用することによって 2 重トンボを指定できます。 

B-2. 外トンボ

定義したページサイズの外側の印刷可能領域を示す細い線を追加します。外トンボの位置は「裁ち落とし」で設定できます。内トンボと組み合わせて使用する場合は L 字型のラインになります。 

B-3. センタートンボ

カラードキュメントで別の色分解出力した各版と見当を合わせるために使用します。レジストレーションマークともいい、「丸付きセンタートンボ」 「丸なしセンタートンボ」 「西洋トンボ」 があります。 

B-4. カラーバー

CMYK のインキとグレーの階調 (10 %ずつ増加) を表す小さなカラーの四角形を追加します。印刷・出力会社は、カラーバーを使用して印刷機のインキ濃度を調整します。

B-5. ページ情報

用紙またはフィルムの各シートに、ファイル名、ページ番号、現在の日時、色版名を印刷します。ページ情報オプションはページの水平なエッジに沿って、0.5 インチ (13mm) 必要になります。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー