内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe InDesign でルビ(ふりがな)をふる方法について説明します。

ルビの設定方法 

  1. InDesign を起動し、新規ファイルを作成します。
  2. 横組みグリットツールなどでテキストボックスを作成し、文字ツールでテキストを入力します。
  3. 選択ツールでルビを振る文字を選択します。

  4. 右クリックして、メニューから ルビ/ルビの位置と間隔 を選択します。
  5. ルビ ダイアログボックスが開きます。

  6. ルビ ダイアログボックスが表示されたら、選択した文字が親文字として表示されているため、「ルビ」にふりがなを入力します。
    ※ 「プレビュー」にチェックを入れると、ルビの設定がリアルタイムに反映されるので便利です。

  7. 位置と間隔を調整します。
    種類 : 「グループルビ」または「モノルビ」から選択します。「モノルビ」を選択した場合は、ルビ文字を入力する際に半角または全角の空白を入力して、各親文字に割り当てるルビ文字列を区切ります。
    揃え : ルビ文字の位置を指定します。サンプルフィールドに表示されるグラフィックで位置を確認できます。
    位置 : 横組みテキストの上または縦組みテキストの右にルビを付けるには、「親文字の上 / 右」を選択し、横組みテキストの下または縦組みテキストの左にルビを付けるには、「親文字の下 / 左」を選択します。
    オフセット : ルビと親文字の間隔を指定します。マイナスの値を入力すると、ルビが親文字に近づきます。

  8. メニューから「ルビのフォントとサイズ」を選択して設定します。
    フォント : フォントファミリとフォントスタイルを選択します。
    サイズ : ルビ文字のサイズを指定します。デフォルトのルビサイズは、親文字の半分です。
    水平比率/垂直比率 : ルビ文字の高さと幅の比率を指定します。
    OpenType Pro のルビ字形を使用 : ルビの異体字(利用できる場合)を使用するには、選択します。一部のOpenType Pro フォントには、ルビ専用のかな文字が用意されている場合があります。このオプションを選択すると、標準のかな文字の字形ではなく、ルビ専用の字形が使用されます。
    組数字 : 連続する半角文字を何文字まで縦方向に回転するかを桁数で指定します。
    欧文も含める : 縦中横を欧文文字に適用する場合は、選択します。
    幅に合わせる : OpenType 機能を使用するか字形を拡大 / 縮小して、ルビ文字と同じサイズを持つ縦中横に強制的に実行する場合に選択します。

  9. メニューから「ルビが親文字より長いときの調整」を選択して設定します。
    文字かけ処理 : ルビ文字全体の幅が親文字全体の幅より長い場合、指定した幅のルビが親文字の両隣の文字にかかります。
    親文字間の調整 : ルビをふるのに必要な親文字の間隔を指定します。
    ルビの文字幅を自動的に詰める : ルビの文字幅を詰める比率を指定して、ルビの文字幅を自動的に調整します。
    自動行頭 / 行末揃え : 親文字を行の先頭と最後に合わせます。

  10. メニューから「ルビカラー」を選択し、リストボックスのカラースウォッチから選択します。
    リストボックスでカラースウォッチを選択します。
    必要に応じて、濃淡の割合と線幅、ルビ文字の塗りや線のオーバープリントを設定します。

  11. 設定が終了したら、「OK」をクリックします。テキストにルビが振られます。

手順説明の動画

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー