この文書では、Adobe InDesign で Adobe Photoshop PSD ファイルやレイヤー付き PDF、Adobe Illustrator AI ファイル、InDesign INDD ファイルなどを配置した際のレイヤーの可視性について説明します。

A. ファイルの配置時に表示レイヤーを設定

InDesign では、Photoshop PSD ファイルなどのレイヤー付きファイルを読み込む際、レイヤーの表示/非表示を制御することができます。

  1. Photoshop などでファイルを作成し、保存します。

  2. InDesign を起動し、既存のドキュメントを開くか、新規ドキュメントを作成します。

  3. ファイル/配置 を選択します。

  4. 配置ダイアログボックスで「読み込みオプションを表示」にチェックを入れてファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  5. 読み込みオプションのダイアログボックスが表示されます。
    ※ ダイアログボックス名は、「画像読み込みオプション」、「PDF を配置」、「InDesign ドキュメントを表示」など、配置するファイルの種類によって変化します。

  6. ダイアログボックスの「一般」タブや「レイヤー」タブで読み込むページやレイヤーを指定し、「OK」をクリックします。
    ※ タブ表示は、配置するファイルによって異なります。

  7. InDesign ドキュメント上でクリックすると、読み込んだファイルが表示されます。
    ※ 読込んだあとでも、下記「B. 配置したファイルのレイヤーの可視性の設定」の操作によって表示するレイヤーを切り替えることができます。

B. 配置したファイルのレイヤーの可視性の設定

配置したファイルは、オブジェクトレイヤーオプションウィンドウでいつでもレイヤーの可視性を変更することができます。どのレイヤーを表示するかを指定できるため、1 つのファイルとのリンクを保ちながら異なるデザインでの配置を試したり、さまざまなバリエーションをレイアウトに使用することができます。

  1. InDesign で配置したファイルを選択します。

  2. オブジェクト/オブジェクトレイヤーオプション を選択します。

  3. オブジェクトレイヤーオプションウィンドウが表示されます。

  4. オブジェクトレイヤーオプションウィンドウでレイヤーの表示/非表示を切り替えることで、様々なバリエーションを作成できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー