この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

この文書は、Adobe InDesign CS5 から書き出した Flash SWF 形式ファイルを Web サーバーにアップロードする際のヒントと、アップロード時に必要なファイル情報について説明します。

A. アップロードに必要なファイルが保存される場所

B. サーバーアップロード時に必要なファイル

 A. アップロードに必要なファイルが保存される場所

InDesign CS5 から書き出した Flash(SWF)ファイルは、ユーザーが指定した場所に保存されます。[SWF を書き出し] ダイアログボックスで [HTML ファイルを生成] にチェックにチェックを入れると、SWF ファイルと同じ場所に HTML ファイルが保存されます。

InDesign CS5 は、アニメーション(SWF)、ムービー(FLV、F4V など)、サウンド(MP3)ファイルも配置することができます。

ムービーやサウンドを含む SWF ファイルを書き出すと、InDesign によって「Resources」フォルダーが作成されます。フォルダー名の先頭には、「filename_Resources」のようにSWF ファイルと同じ名前とアンダースコア(_)が付与され、SWF および HTML ファイルと同じ場所に保存されます。SWF ファイルで使用される一部のアニメーションおよびムービー、サウンドファイルは、この「Resources」フォルダーに保存されています。

 

B. サーバーアップロード時に必要なファイル

作成したコンテンツをアップロードする際は、SWF ファイルと「Resources」フォルダーを Web サーバーにアップロードします。

「Resources」フォルダーの名前は変更しないでください。また、「Resources」フォルダーは SWF ファイルと同じ場所にアップロードする必要があります。SWF ファイルと異なる場所にアップロードした場合、SWF ファイルの相対リンクが不完全となり、「Resources」フォルダー内のコンテンツが読み込まれません。

 注意 : HTML ファイルのアップロードについては、InDesign の SWF 書き出し機能によって書き出された HTML ファイルをアップロードするか、SWF ファイルの URL を直接指定してユーザーと共有するか、その他の HTML ページまたはソースからリンクすることができます。

追加情報 (Additional Information)

すべてのファイルおよびリソースが 1 つのフォルダーにまとめられるように、書き出し処理をする際にプロジェクトフォルダーを作成することをおすすめします。または、ファイルを書き出した後にフォルダーを作成し、すべてのファイルおよびフォルダーを移動します。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー