内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe InDesign CS5 が認識する PPD(PostScript Printer Description)ファイルの保存場所について説明します。InDesign CS5 から、Windows XP 以外のオペレーティングシステムで InDesign が認識するPPD ファイルのフォルダーが変更されます。

A. InDesign CS5 で認識される PPD ファイルの保存場所

B. InDesign CS4 以前のバージョンで認識可能な PPD ファイルの保存場所

A. InDesign CS5/CS5.5 で認識される PPD ファイル保存場所

InDesign CS5 で認識可能な場所に PPD ファイルを保存するには、以下の操作を行います。これにより、PPD ポップアップメニューに PPD ファイルが表示されます。

  1. InDesign を終了します。
  2. 以下のフォルダーに「PPDs」という名前で新規フォルダーを作成します。

    ※ Windows のフォルダーパスは、円記号「 ¥ 」がバックスラッシュ「 \ 」で表示されます。

    32 ビット版 Windows 7/Vista :

    C:\Program Files\Adobe\Adobe InDesign CS5\Presets

    64 ビット版 Windows 7/Vista :

    C:\Program Files(x86)\Adobe\Adobe InDesign CS5\Presets

    Macintosh :

    Macintosh HD/アプリケーション/Adobe InDesign CS5/Presets

     
  3. 手順 2. で作成した「PPDs」フォルダーに PPD ファイルをコピーします。

    ※ *.ppd および *.gz いずれの形式でも認識可能です。
  4. InDesign を起動します。

 注意 : InDesign CS5 から、以下のフォルダーに保存される PPD ファイルは認識されなくなりました。この変更は、オペレーティングシステムの仕様変更により、InDesign で PPD ファイルが認識されなくなる問題を軽減するためのものです。

  • Macintosh HD/ライブラリ/Printers/PPDs/Contents/Resources

Mac OS X が管理する、以下のフォルダー内の PPD ファイルは認識されます。

  • /private/etc/cups/ppd

    ※ 「private」フォルダーは不可視フォルダーです。このフォルダーはプリンタドライバのインストーラやMac OS XによりPPDファイルをインストールする場所です。お客様が直接アクセスすることは避けて下さい。

B. InDesign CS4 以前のバージョンで認識可能な PPD ファイルの保存場所

InDesign CS4 および以前のバージョンで認識可能なフォルダーは、以下のとおりです。

Windows :

C:\WINDOWS\system32\spool\drivers\w32x86

C:\WINDOWS\system32\spool\drivers\w32x86\3

Macintosh :

Macintosh HD/ライブラリ/Printers/PPDs/Contents/Resources

/private/etc/cups/ppd

※ 「private」フォルダーは不可視フォルダーです。このフォルダーはプリンタドライバのインストーラやMac OS XによりPPDファイルをインストールする場所です。お客様が直接アクセスすることは避けて下さい。

追加情報 (Additional Information)

PPDファイルの場所は概要(ファイル/プリント)のPPDファイル(欄)に表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー