この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Adobe InDesign/Adobe InCopy でファイルを編集中に、ネットワークの問題によって読み取りや書き込みの処理が妨げられると、アプリケーションが強制終了します。

理由 (Reason)

これはデータの損失を回避するための正しい動作です。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、安定したネットワーク接続を確保した状況で作業をするか、またはファイルをローカルにダウンロードしてから、ダウンロードしたファイルを編集するようにしてください。

ネットワークの問題については、ネットワーク管理者またはシステム管理者にお問い合わせください。

追加情報 (Additional information)

.indd 形式のファイルはデータベースのため、ファイルサイズが大きくなる可能性があります。そのため InDesign/InCopy は実行する機能に必要な情報のみをメモリに読み込み、データベースに書き込みます。これはパフォーマンスを最適化するための処理で、ファイルを開く際に全てのデータストリームをメモリに読み込むよりも処理速度が向上します。読み込みまたは書き込みの処理が妨げられると、データの損失を回避する復元処理を実行できるように、アプリケーションが強制終了します。ローカルメモリのデータはローカルの復元ファイルに格納されるため、ネットワークの復旧後にオリジナルファイルに変更を反映できます。(詳細については、ドキュメントの復元機能について(InDesign)を参照してください。)

他の多くのアプリケーションの場合、ファイルを開く際にファイルのデータストリーム全体をメモリに読み込む必要があり、ローカルドライブの仮想メモリに格納されます。全てのデータはローカルに存在するため、読み込みや書き込みが失敗した場合は、保存可能な場所にファイルを保存するようユーザーに促すことにより、データの損失を回避します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー