Adobe Ink & Slide

今日から始めるInk & Slide

細いペン先で筆圧を感知するAdobe Inkと、連係ツールのデジタル定規Adobe Slideで、正確なシェイプや線を描画します。(所要時間7分)

提供元Kendall Plant

Ink & Slideが届いたらすぐに、この使い方の手順をご覧ください。

ボックスの中身を見てみましょう

まず、iPadの対応機種をご用意ください。次にボックスを開き、InkをiPadで使用するためのセットアップと、Creative Cloudアカウントに接続する方法を確認します。

必要なもの(00:36)、Inkを充電する(1:18)、Slideとは(1:45)、Inkを接続する(2:00)、Inkをセットアップする(2:32)

Ink & Slideでさっそく描いてみましょう

筆圧感知ペンのInkで、フリーフォームを描画します。デジタル定規のSlideを使用して、正確な線、曲線、遠近描画を作成します。InkをCreative Cloudアカウントに接続すれば、図面やカラーテーマをどこにでも持ち運び、利用することができます。描画とスケッチには、Ink & Slide専用のアドビのモバイルアプリ、LineSketchを使います。

Cloud Clipboardにコピー(1:09)、Inkでフリーフォーム描画(1:34)、Slideで描画(1:54)、トレースパック(2:40)、スタンプパック(3:15)
kendall-plant_83x83

Kendall Plant

Kendall Plantはアドビのユーザーエクスペリエンスデザイナーです。