注意:

仮想化はサポートされていないので、ユーザーは問題に遭遇することがあります。この記事では、2015年夏の VMWare で識別される既知の問題について説明します。

問題点

VMware の Data Workbench クライアントは、ワークスペースの名前を変更または保存する際に、起動またはランダムなクラッシュに失敗することがあります。

解決策

Data Workbench クライアントを動作させるには、OpenGL バージョン 2.1 が必要です。  デフォルトでは VMware Fusion にインストールされていないので、ユーザーは、より新しいバージョンの OpenGL を含む「VMware Tools」をインストールする必要があります。

  1. 仮想マシンに電源を入れ、ログインします。
  2. 「仮想マシン」に移動し、VMWare ツールをインストールします。
  3. インストールの指示に従い、必要に応じて再起動します。
詳細については、次を参照してください。VMWare ナレッジベース上の VMware ツールをインストールします

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー