マニュアル キャンセル

スキルとレベルの作成および変更

  1. Learning Manager ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. 新機能の概要
    2. リリースノート
    3. 必要システム構成 | Adobe Learning Manager
    4. AEM Sites 向けの Adobe Learning Manager リファレンスサイト(ALM リファレンスサイト)パッケージ
    5. GDPR に対する Learning Manager のコンプライアンス
    6. Learning Manager のアクセシビリティ
    7. カスタムドメインのサポート
  3. 利用開始
    1. 管理者の基本
    2. 作成者の基本
    3. 学習者の基本
    4. マネージャーの基本
    5. Learning Manager インストラクターの基本
  4. 管理者
    1. ユーザーログイン
    2. ユーザーを追加してユーザーグループの作成
    3. 教室の場所を追加
    4. コースモジュール、インスタンスおよび学習プログラムの作成
    5. Learning Manager コンテンツカタログ
    6. コンテンツマーケットプレイス
    7. レポート
    8. 学習パス
    9. 学習プラン
    10. Learning Manager の注文および請求の管理
    11. 作業計画書
    12. 資格認定
    13. カタログ
    14. ユーザーの一括追加
    15. ピアアカウント
    16. スキルとレベルの作成および変更
    17. AI ベースの推奨コース
    18. ゲーミフィケーション
    19. 学習者ホームページのカスタマイズ
    20. バッジ
    21. カラーテーマ
    22. 学習者のトランスクリプト
    23. キャンセル待ちと出席の管理
    24. Fluidic プレーヤー
    25. アナウンス
    26. 電子メールテンプレート
    27. Adobe Connect の統合
    28. 設定
    29. 通知
    30. iPad および Android タブレットのユーザー
    31. 管理者の基本
    32. ユーザーを消去
    33. タグ
    34. Learning Manager コンテンツカタログ
    35. カスタム役割
    36. カタログラベル
    37. Learning Manager の xAPI
    38. 管理者としてソーシャル学習のモニターとモデレートを行う
    39. 共有カタログのフルコントロールの有効化
    40. スキルドメインへのスキルのマッピング
  5. 統合管理者
    1. 移行マニュアル
    2. Learning Manager コネクター
    3. Learning Manager と AEM の統合
    4. Learning Manager に Salesforce パッケージをインストールする
    5. Microsoft Teams コネクターのインストール
    6. アプリケーションデベロッパーマニュアル
    7. Salesforce 向け Learning Manager アプリ
    8. 設定
    9. CSV ファイルを使用したカスタムの役割の管理
  6. 作成者
    1. ユーザーログイン
    2. コンテンツライブラリ
    3. コースの作成、変更、パブリッシュ
    4. カタログ
    5. 作業計画書
    6. Adobe Connect の統合
    7. 様々なロケールで学習目標を追加
    8. ユーザー通知
    9. 電子メールテンプレート
    10. コースモジュールの選択方法
    11. 学習者としてプレビュー
    12. 設定
    13. Learning Manager の xAPI
  7. 学習プログラム / 資格認定を
    1. モジュール
    2. セッションの学習者の管理
  8. 学習者
    1. ログイン
    2. プロファイル設定
    3. カタログ
    4. コース
    5. Fluidic プレーヤー
    6. 学習プログラム
    7. 資格認定
    8. 作業計画書
    9. バッジ
    10. スキルとレベル
    11. ゲーミフィケーション
    12. ユーザー通知
    13. アナウンス
    14. キャンセル待ちと出席の管理
    15. Salesforce 向け Learning Manager アプリ
    16. Adobe Connect の統合
    17. モバイルおよびタブレット向け学習者アプリ
    18. Learning Manager のソーシャル学習
    19. Adobe Learning Manager デスクトップアプリケーション
    20. 学習者ホームページ
    21. ソーシャル学習プラットフォームでの共有
    22. 必要システム構成 | Adobe Learning Manager デスクトップアプリケーション
  9. マネージャー
    1. ユーザーログイン
    2. マネージャーダッシュボード
    3. レポート
    4. 学習目標
    5. ユーザー通知
    6. 学習者のトランスクリプト
    7. 設定
    8. iPad および Android タブレットのユーザー
  10. よくある質問
    1. 管理者のよくある質問(FAQ)
    2. 作成者のよくある質問(FAQ)
    3. インストラクターのよくある質問(FAQ)
    4. マネージャーのよくある質問(FAQ)
  11. ナレッジベース
    1. Learning Manager にログインできません
    2. 学習の概要に最新のデータが表示されない
    3. CSV をアップロードできない
    4. HAR ファイルを生成する
    5. L1 フィードバックの自動ポップアップが表示されない
    6. 資格認定の作成中に、カタログに含まれる特定のコースを表示できない
    7. 学習プログラムの作成中に、カタログに含まれる特定のコースを表示できない
    8. 学習プログラムの廃止に関する問題
    9. バッジを割り当てられない
    10. Learning Manager でセッションの有効期限が切れる
    11. コースを検索できない
    12. 移行に関する問題のトラブルシューティング
    13. Learning Manager アプリケーションで発生する問題のトラブルシューティング
    14. Learning Manager でユーザーが自動的に削除される
    15. EU ドメインにパブリッシュできない
    16. 社外ユーザーとして登録できない
    17. Adobe Learning Manager と Okta Active Directory の連携
    18. コースに学習者を表示できない
    19. カレンダーを表示できない
    20. コースを完了した後、モジュールが完了とマークされない
    21. コースを完了した後、スキルを達成できない
    22. ラジオボタンが表示されない
    23. Learning Manager で提出したファイルを表示できません
警告:

Learning Manager の学習プログラムは学習パス上に残されます。 この変更は 2021 年 10 月のリリースから適用され、学習パスの用語がすべての役割に反映されます。

スキルとレベルの作成、割り当て、変更

スキルマップとは、組織内の従業員のスキルセット、知識および特性をグループ化したものです。これらのスキルマップは、企業や組織が従業員のパフォーマンスの期待値を設定したり引き上げたりする際に役立ちます。従業員はスキルを身に付けることにより、自分の能力を組織の期待に合わせることができます。

Adobe Learning Manager ではスキルマップを使用することで、スキルセットに基づいて学習者のパフォーマンスをマッピングすることができます。学習者は一部のコースを完了した時点でスキルマップを確認し、各スキルの達成度を把握することができます。

Learning Manager LMS におけるスキルの基本目的は、ビジネス目標に沿った学習ツールを管理者に提供することです。

スキルの追加

管理者は、次の操作を実行できます。

  • ドメインをスキルにマッピングする。
  • 複数レベルのスキルを追加する。
  • レベルにバッジを追加する。

スキルを追加するには、次の手順に従います。

  1. 左ペインで、「スキル」をクリックします。スキルに名前を付けて、説明を記入します。

    スキル名と説明の追加
    スキル名と説明の追加

  2. スキルにドメインを割り当てます。スキルは作成時に、Learning Manager がサポートする最も関連性の高いスキルドメインにマッピングすることができます。詳細については、ドメインへのスキルのマッピングを参照してください。

    フィールドにドメイン名の一部を入力すると、候補が表示されます。スキルに関連するオプション(複数可)を選択します。

    ドメインのスキルへのマッピング
    ドメインのスキルへのマッピング

  3. スキルにレベルを割り当てます。レベルを追加するには、「追加」をクリックします。

    スキルを作成して従業員に割り当てることができます。スキルには様々なレベルがあり、レベルごとに特定の数の単位が必要です。

    1 つのスキルに最大 3 つのレベルを割り当てることができます。学習パスは、学習者を様々な学習目標に登録させるためのものです。学習目標は、スキルの様々なレベルの要件を満たす単位に変換されます。

    これらの学習目標(LO)とレベルを達成すると、学習者は以前より高い生産性レベルを身につけたことになります。

    スキルレベルの追加
    スキルレベルの追加

    注意:

    スキルを追加する際、単位に小数を割り当てることができます。単位は小数点以下第 2 位まで表示されます。

    小数は英語版でのみサポートされます。

  4. レベルのバッジを選択します。バッジドロップダウンリストから、そのレベルのバッジとして使用する画像を選択します。

  5. 変更を保存するには、「保存」をクリックします。

    スキルを作成したら、新しく作成したスキルがスキルページに表示されます。また、スキルのドメインや簡単な説明も表示されます。スキルのレベルと、各レベルに割り当てられた単位も表示されます。

    スキルのリスト
    スキルのリスト

スキルの学習者への割り当て

管理者は、スキルを学習者に割り当てることができます。

スキルを作成して保存すると、そのスキルがスキルページに表示されます。スキルを学習者に割り当てるには、以下の手順を実行します。

  1. スキルページで、スキルを登録している学習者の数を示すハイパーリンクをクリックします。新たに作成されたスキルでは、すべてのレベルの学習者の数はゼロです。

    スキルに登録されている学習者の数
    スキルに登録されている学習者の数

    この例では、レベル 1 の学習者を追加します。レベル 1 に隣接するハイパーリンクをクリックします。

  2. 学習者ダイアログで、「学習者を追加」をクリックします。

    学習者を追加
    学習者を追加

  3. 学習者を検索して、追加します。ユーザーグループを追加することもできます。

    学習者の検索と追加
    学習者の検索と追加

  4. 変更を保存するには、「保存」をクリックします。

    ユーザーを割り当てた後、ユーザーグループ内のすべての学習者は、デフォルトでスキルに自動登録されます。「自動登録」ボタンをクリックすることで、学習者は自動登録をオプトアウトできます。

    自動登録をオフにする
    自動登録をオフにする

  5. 閉じる」をクリックすると、作成したスキルに割り当てられた学習者の総数が表示されます。

    この例では、個々の学習者が 2 人、ユーザーグループに含まれる学習者が 3 人います。

    スキルに割り当てられた学習者
    スキルに割り当てられた学習者

スキルのコースへの割り当て

スキルの作成後、作成者はコースを作成し、スキルをそのコースに割り当てることができます。

コースにスキルを割り当てる
作成者がコースにスキルを割り当てる

作成者がコースをパブリッシュすると、スキルページに、スキルレベルに関連付けられたコースのカウントが表示されます。スキルレベルは、新しいコースにスキルを割り当てるときに 1 つ大きくなります。

コースに割り当てられたスキル
コースに割り当てられたスキル

スキルへの作業計画書の割り当て

作業計画書は、コースや学習プログラムなどの特定の学習目標に登録することなく学習者がアクセスできるトレーニングコンテンツです。

作業計画書を作成する際に、作成者はスキルレベルを作業計画書に関連付けることができます。スキルなしで作業計画書を作成し、スキルのあるコースに関連付けても、そのスキルが作業計画書にリンクされることはありません。

作業計画書の作成
作業計画書の作成

スキルページでは、そのスキルレベルに関連付けられた作業計画書の数を確認できます。

スキルに割り当てられた作業計画書
スキルに割り当てられた作業計画書

スキルの検索

スキルを検索するには、そのスキルの名前を入力するか、表示されているオプションで目的のスキルを選択します。 先行入力検索機能を使用することもできます。

スキルページの「アクティブ」セクションと「撤回済み」セクションの両方で、スキルを検索することができます。

スキルの編集

スキルページで、変更するスキルをクリックします。スキルを編集ダイアログで、必要な変更を行います。例えば、以下のような変更を行うことができます。

  • スキルドメインを追加または削除する。
  • スキルの名前と説明を編集する。
  • スキルレベルを追加するか、既存のレベルを変更する。
  • スキルのバッジを追加または削除する。

変更を加えたら、「保存」をクリックします。

スキルの撤回

スキルを撤回するには、スキルページで、撤回するスキルを選択します。

ページの右上隅にあるアクションメニューで、「撤回」をクリックします。

注意:

スキルを撤回すると、スキルはコースに表示されなくなります。

スキルを撤回すると、スキルが再公開されるまで、それ以上コースや作業計画書に関連付けたり、学習者に割り当てたりすることはできません。スキルを撤回しても、既存の関連付けおよび割り当ては影響を受けません。

スキルの再公開

スキルを撤回すると、撤回されたスキルが「撤回済み」タブに表示されます。このタブには、撤回されたすべてのスキルのリストが表示されます。

撤回されたスキルを再公開するには、スキルを選択し、アクションメニューで「再公開」をクリックします。

これによりスキルが復元され、スキルが再び「アクティブ」タブに表示されます。

スキルの削除

削除できるのは、以前に撤回されたスキルのみです。

撤回」タブで削除するスキルを選択し、アクションメニューで「削除」をクリックします。

注意:

削除できるのは、学習者、コース、作業計画書に関連付けられていないスキルのみです。

よくある質問

  1. スキルから学習者を削除するにはどうすればよいですか?

    スキルから学習者を削除することはできません。ただし、スキルに新しい学習者またはユーザーグループを追加することはできます。

  2. 学習者をスキルに自動的に登録するにはどうすればよいですか?

    自動登録機能は、ユーザーグループ専用の機能です。 例えば、「すべての作成者」というユーザーグループを特定のスキルに追加して保存すると、自動登録機能がデフォルトで有効になります。 そのため、「すべての作成者」というユーザーグループにユーザーを追加すると、上記のスキルがそのユーザーに割り当てられることになります。

    「すべての作成者」グループでそのスキルの自動登録機能を無効にすると、「すべての作成者」グループにユーザーを追加しても、そのユーザーに対してそのスキルが割り当てられることはありません。

  3. 自動登録機能を再開するにはどうすればよいですか?

    自動登録機能を再度有効にするには、自動登録機能を無効にしたスキルに、同じユーザーグループをもう一度割り当てます。

    これにより、自動登録機能が有効になり、自動登録機能が無効だったときにそのグループに追加されたユーザーに対して、対象のスキルが割り当てられます。

    つまり、ユーザーグループの再割り当てを行って自動登録機能を再開するたびに、そのグループ内のメンバーが更新され、グループ内のすべての現行メンバーに対してスキルが割り当てられることになります。

  4. コースにスキルを割り当てるにはどうすればよいですか?

    手順について詳しくは、スキルのコースへの割り当ての節を参照してください。

  5. スキルレベルを変更するにはどうすればよいですか?

    スキルに含まれる 1 つ以上のレベルを変更するには、スキルを編集し、既存のレベルのプロパティを変更します。

  6. バッジとスキルを有効にして、コース完了に関連付けるにはどうすればよいですか?

    作成者は、コースの作成時に、スキルをコース完了に関連付けることができます。「設定」セクションで、コース完了のスキル条件を設定できます。

    コーススキル
    コーススキル

    コース完了のバッジを有効にするには、作成者アプリケーションの「インスタンス」セクションで必要なバッジを有効にします。

  7. 管理者は、バッジに「進行中」と表示されていても、バッジを完了としてマークできますか?

    管理者は、学習目標を完了としてマークできます。スキルとバッジは学習目標に関連付けられており、個別に完了をマークすることはできません。

    つまり、バッジを達成するには、関連付けられた学習目標を完了する必要があります

アドビのロゴ

アカウントにログイン