コースの作成、変更、パブリッシュ

この記事では、Learning Manager でコース、認定資格、学習プログラムを作成する方法について説明します。

作成者は、コース、認定資格、学習プランなどの学習オブジェクトを作成することができます。学習者は、作成者が作成した学習オブジェクトを使用することができ、管理者は、学習者の進捗状況を確認することができます。

Learning Manager のコース

Adobe Learning Manager を使用すると、作成者は仮想トレーニング、セルフペーストレーニング、教室トレーニングおよびアクティビティに関連するモジュールを 1 つ以上使用してコースを作成できます。さらに管理者は、これらのコースを使用して、コースインスタンスの作成、学習者の登録、バッジの割り当てのほか、これらのコースに対するフィードバックを有効にすることができます。これらのコースを使用して、学習プログラム、学習プラン、認定資格を作成することもできます。

作成者は、eラーニングツールを使用して作成されたeラーニングコンテンツを使用することができます。 その他にサポートされているコース形式としては、ビデオファイル、PDF、doc、docx、PPT、PPTX があります。

コースの作成 - 基本的なワークフロー

コースを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Adobe Learning Manager に作成者としてログインします。これは作成者のみがコースを作成する権限を持つためです。次に、「はじめに」ページで「コースの作成」をクリックします。

  2. コース概要」ページで、コースの名前を入力します。コースカードに表示される、コースの短い説明を入力します。この説明は 140 文字以下にする必要があります。次に、「コースの詳細」ページに表示される、コースの詳細な説明を入力します。この説明は 1500 文字以下にする必要があります。

    作成者は、モジュールをコースに追加する際に、そのモジュールの説明を表示することができます。

  3. 別の言語でコースを作成する場合は、ページの左上隅に表示されている「新しい言語を追加」をクリックします。コースで使用する 1 つ以上の言語を選択します。「保存」をクリックします。詳細については、「各種言語のコンテンツの追加」を参照してください。

  4. 以下の手順で、コースの設定を変更します

    1. 「コース設定」ページでコースのスキルを選択し、 「スキル」ドロップダウンリストで、必要なスキルを選択します。 次に、「レベル」ドロップダウンリストで、必要なレベルを選択します。
    2. コースのスキルとレベルを選択し、スキルの単位を設定します。必要に応じて、さらにスキルを追加します。
    3. 登録タイプ」ドロップダウンリストで、登録のタイプを選択します。
    注意:
    選択できる登録タイプは以下のとおりです。
    • マネージャーによりノミネート済み:このタイプのコースを登録できるのはマネージャーのみです。学習者はこのタイプのコースに登録することはできません。
    • マネージャーにより承認済み:これは、マネージャーが承認を行うコースです。学習者はこのタイプのコースに申し込むことができますが、マネージャーの承認なしに直接登録することはできません。学習者がこのコースに申し込むと、通知がマネージャーに送信されます。この申し込みをマネージャーが承認すると、このコースが登録済みコースとして表示されます。
    • セルフ登録済み:このタイプのコースの場合、学習者自身が直接登録することができます。
  5. 保存」をクリックして変更内容を保存し、「パブリッシュ」をクリックしてコースをパブリッシュします。

コースの作成 - 高度なワークフロー

  1. Adobe Learning Manager に作成者としてログインします。これは作成者のみがコースを作成する権限を持つためです。次に、「はじめに」ページで「コースの作成」をクリックします。

  2. コース概要」ページで、コースの名前を入力します。コースカードに表示される、コースの短い説明を入力します。この説明は 140 文字以下にする必要があります。次に、「コースの詳細」ページに表示される、コースの詳細な説明を入力します。この説明は 1500 文字以下にする必要があります。

  3. 別の言語でコースを作成する場合は、ページの左上隅に表示されている「新しい言語を追加」をクリックします。コースで使用する 1 つ以上の言語を選択します。「保存」をクリックします。詳細については、「各種言語のコンテンツの追加」を参照してください。

  4. 以下の手順で、コースの設定を変更します

    1. 「コース設定」ページでコースのスキルを選択し、 「スキル」ドロップダウンリストで、必要なスキルを選択します。 次に、「レベル」ドロップダウンリストで、必要なレベルを選択します。
    2. コースのスキルとレベルを選択し、スキルの単位を設定します。必要に応じて、さらにスキルを追加します。
    3. 登録タイプ」ドロップダウンリストで、登録のタイプを選択します。
    注意:
    選択できる登録タイプは以下のとおりです。
    • マネージャーによりノミネート済み:このタイプのコースを登録できるのはマネージャーのみです。学習者はこのタイプのコースに登録することはできません。
    • マネージャーにより承認済み:これは、マネージャーが承認を行うコースです。学習者はこのタイプのコースに申し込むことができますが、マネージャーの承認なしに直接登録することはできません。学習者がこのコースに申し込むと、通知がマネージャーに送信されます。この申し込みをマネージャーが承認すると、このコースが登録済みコースとして表示されます。
    • セルフ登録済み:このタイプのコースの場合、学習者自身が直接登録することができます。
  5. コースの価格を設定するか、無料にするかを選択します。 コースを有料にする場合は、オプションを選択します 有料を選択し、価格を指定します。 価格は、コースカードと学習者のコース概要ページに表示されます。

    注意: これは、Adobe Commerceコネクタが設定されている場合にのみ有効になります。

  6. 学習者が自分自身でコースの登録を解除できるようにするには、「学習者は自分で登録解除できます」チェックボックスを選択します。

  7. 必修コースを選択します。学習者は、これらのコースを完了しない限り、目的のコースを開始することはできません。「コース」フィールドをクリックし、コースの一覧で前提条件となるコースを選択します。

  8. 必修コースを必須にする場合は、「前提条件を有効にする」チェックボックスを選択します。

  9. コースに関連するキーワードをタグとして追加します。学習者はこのタグを検索することにより、目的のコースを簡単に探すことができます。これらのタグはすべて、追加したモジュールに基づいて自動的に追加されます。このコースに他のタグを追加する場合は、そのタグを入力します。

  10. 保存」をクリックして変更内容を保存し、「パブリッシュ」をクリックしてコースをパブリッシュします。

リッチテキスト書式設定

コース、学習プログラム、資格認定、作業計画書を作成する際に、作成者はテキストや画像などの様々な種類のコンテンツを入力したり、様々なテキスト書式設定オプションを適用したりできます。

コースを作成する際、コース概要フィールドにリッチテキストエディターが表示されます。 コンテンツの書式設定、画像の追加、ハイパーリンクの追加などを行うことができます。

リッチテキストエディター
リッチテキストエディター

また、リッチテキストエディターを使用して、次の項目を作成する際に説明を変更することもできます:

学習プログラム

学習プログラムのリッチテキスト
学習プログラムのリッチテキスト

資格認定

資格認定のリッチテキスト
資格認定のリッチテキスト

作業計画書

作業計画書のリッチテキスト
作業計画書のリッチテキスト

リッチテキストエディターは、他の言語にも使用できます。 

ヘッドレスユーザーインターフェイス用のリッチテキストの記述サポート

CSS が必要な理由

リッチテキストは、HTML マークアップで構成されています。 マークアップをそのままレンダリングすると、ブラウザーにデフォルトのスタイルが適用されます。 その場合、企業のスタイルガイドラインに適合しなくなる可能性があります。 ガイドラインに適合するには、CSS が必要です。

デフォルトのスタイル

添付された CSS のスタイルシートには、Learning Manager で適用されるスタイルが含まれています。このスタイルは、さまざまユースケースを念頭において調整されています。 自分の命名規則やビルドシステムに沿って、添付された CSS ファイルをダウンロードして Web アプリに読み込みます。 定義された CSS クラスは、「ql-editor」クラスの名前空間に属し、既存のスタイルに干渉することはありません。

スタイルのカスタマイズ

デフォルトのスタイルは万能ではありません。 指定された CSS を上書きすることで、カスタマイズできます。 すべてのスタイルは、改良版のセレクターとして「ql-editor」に囲まれます。 次のクラスが使用されます。

  • インデント:li.ql-indent-$number。 $number には、1~9 が入ります。
  • サイズ:ql-size-smallql-size-largeql-size-huge
  • 整列:ql-align-centerql-align-justifyql-align-right
  • カラー:ql-color-$color。 $color に入る色:white、red、orange、yellow、green、blue、purple
  • 背景:ql-bg-$color。 $color に入る色:black、red、orange、yellow、green、blue、purple
  • htmlタグ:p、ol、ul、pre、blockquote、h1、h2、h3、h4、h5、h6

ダウンロード

リッチテキストの概要のレンダリングを有効にする API の変更

お客様がヘッドレスインターフェイスを構築する際は、開発中のカスタムユーザーインターフェイスで学習オブジェクトを表示する必要があります。 これを行うには、通常、公開されている GET /learningObjects APIを使用します。 現在、Prime は概要フィールドの「リッチテキスト」のキャプチャをサポートしているため、API 応答における学習オブジェクトのデータモデルも同じ内容を公開します。 以下の API 応答におけるモデルのフラグメントに含まれる、「richTextOverview」という名前のフィールドを参照してください。 また、以前に公開されたフィールド(「overview」)は、下位互換性のために変更されない点に注意してください。

{
    "data": [ { "id": "string", "type": "string", "attributes": { … “localizedMetadata": [ { "description": "string", "locale": "string", "name": "string", "overview": "string", "richTextOverview": "string" } ], … }, "relationships": {
        …
    	}
      }
    }
  ]
}

概要フィールドを既に使用しているお客様は、ヘッドレスインターフェイスには影響がなく、これまでと同じプレーンテキストが表示されることになります。 リッチテキストの概要を利用する場合は、Author UI で高度に書式設定された学習オブジェクト用の概要を作成する必要があります。その後、Prime が API 応答モデルにおける(以前と同じ)プレーンテキストに加えて、リッチテキストの概要も返すようになります。

ただし、このリッチテキストを UI にレンダリングするには、お客様が CSS を含める必要があります。 これについては、以下のセクションで詳しく説明します。

複数回の試行を許可

複数回の試行機能が管理者によって有効に設定されている場合、作成者は、コースレベルまたはモジュールレベルで、インタラクティブな eラーニングモジュールに対して複数回の試行機能を設定することができます。

複数回の試行を許可
複数回の試行を許可

オプション

説明

試行回数の制限値を設定する

特定のモジュールについて、試行回数の制限値を設定することができます。制限値を設定しなかった場合は、試行回数が無制限になります。試行回数の制限値を設定すると、その情報が学習者に対して表示されます。学習者は「再試行」ボタンをクリックすると、モジュールをもう一度学習することができます。

モジュールが完了して合格したら新しい試行を停止する

「再試行」オプションを非表示にするタイミングを設定するには、「モジュールが完了して合格したら新しい試行を停止」チェックボックスを選択します。学習者がモジュールに合格すると、それ以降は「再試行」オプションが表示されなくなります。

「試行と試行の間でモジュールをロック(0:0:1 形式 : 日/時間/分)」チェックボックス

試行と試行の間でモジュールをロック(0:0:1 形式 : 日 / 時間 / 分)」チェックボックスを選択すると、試行と試行の間でモジュールを一定時間ロックすることができます。モジュールがロックされている場合、指定されているロック時間が経過するまで、学習者はそのモジュールを使用することはできません。

試行の終了条件を定義する場合は、「プレーヤーを閉じる」チェックボックスまたは「完了」チェックボックスを選択します。

プレーヤーを閉じる

試行の終了条件として「プレーヤーを閉じる」を選択すると、モジュールの起動操作はすべて新しい試行として処理されます。学習者がプレーヤーを閉じると、モジュールのロックと試行に関する詳細情報が表示されます。

完了

試行の終了条件として「完了」を選択すると、モジュールのコンテンツの合格条件に基づいて試行の終了が判断されます。モジュールのコンテンツによって完了情報が送信されるまで、そのモジュールを再試行することはできません。試行が終了すると、モジュールのロックと試行に関する詳細情報が学習者に表示されます。

モジュールを完了するための時間制限を設定する

作成者は、「モジュールを完了するための時間制限を設定」チェックボックスを選択して、モジュールの完了時間を制限することができます。

プレーヤーの起動操作はすべて新しい試行として処理されます。また、プレーヤーの起動時にモジュールの完了時間に関する情報が表示されます。

:制限時間が経過すると、試行が自動的に終了します。プレーヤーを閉じた場合も、実行中の試行が終了します。

モジュールレベルでの複数回の試行

「試行を設定」ドロップダウンリストで「モジュールレベル」を選択すると、個別のモジュールレベルでオプションを設定することができます。

コースモジュール

モジュールを追加

コンテンツ、前作業およびテストアウトの各モジュールを追加できるようになりました。コンテンツモジュールは、コースを構成する主要なモジュールです。前作業モジュールには、学習者がコースの受講を準備するときに役立つ基本的な情報が含まれています。学習者がこれらのモジュールを完了することは必須ではありません。テストアウトモジュールは、学習者がコンテンツをスキップできるようにします。学習者がコンテンツを既に理解していて、テストを受けて準拠要件を満たす必要がある場合に役立ちます。

コンテンツモジュールを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. モジュールを追加」をクリックします。モジュールを追加するための 4 つのオプションが表示されます。最初のオプションは、セルフペースモジュールを追加します。モジュールを作成し、Adobe Learning Manager のモジュールライブラリに追加します。2 番目のオプションは、バーチャルクラスルームを設定します。3 番目のオプションは、教室モジュールを設定します。4 番目のオプションは、アクティビティモジュールを設定します。

    モジュールタイプを選択
    モジュールタイプを選択

    セルフペースのモジュール:このモードでは、コースモジュールを自分のペースで開始して完了できます。自分のスケジュールを設定できます。

    このオプションをクリックすると、モジュールライブラリに既に追加されているセルフペースのモジュールのリストが表示されます。ここでは、リストをスクロールして追加するモジュールを選択するか、モジュールの名前を検索フィールドまたはモジュールタグに入力してモジュールを検索できます。

    モジュールを選択したら、「追加」をクリックします。これらのモジュールが「コンテンツ」セクションの下に表示されます。

    モジュールは並べ替えることもできます。モジュールをドラッグして上または下に移動し、適切な順序で配置します。

    バーチャルクラスルームモジュール:このモードでは、学習者はライブのオンライン教室で講義に出席し、訓練を受けたインストラクタから指導を受けることができます。セッションのタイトルと説明を入力し、セッションの期間を設定します。また、会議の URL や、セッションを実施するインストラクタを指定することもできます。変更を保存するには、「完了」をクリックします。

    バーチャルクラスルームモジュール

    「バーチャルクラスルーム設定」のダイアログボックスを使用してコースを作成する場合は、作成した Teams 接続に会議システムを設定します。 イベントの会議主催者を指定するかどうかを選択します。

    会議の主催者について「はい」を選択する場合は、主催者の名前を入力することが必要です。 名前を入力して、主催者を選択します。

    ロビーバイパス

    • 「はい」を選択すると、学習者は誰でも会議に参加できます。
    • 「いいえ」を選択すると、学習者が会議に参加するのを許可または禁止するリクエストが主催者に送信されます。

    注意:学習者は Microsoft Teams を使用することが必要です。 ただし、学習者はゲストとして Learning Manager に参加できます。

    教室モジュール:このモードでは、学習者は実際に講義に出席し、訓練を受けたインストラクタから指導を受けます。セッションのタイトルと説明を入力し、セッションの期間を設定します。また、セッションを実施するためのクラスの場所や、インストラクタを指定することもできます。変更を保存するには、「完了」をクリックします。

    教室モジュール

    「バーチャルクラスルーム設定」ダイアログボックスでコースを作成する場合は、作成した Microsoft Teams 接続に会議システムを設定します。イベントの会議主催者を指定するかどうかを選択します。

    会議の主催者について「はい」を選択する場合は、主催者の名前を入力する必要があります。主催者の名前を入力して、主催者を選択します。

    ロビーバイパス

    • 「はい」を選択すると、学習者は誰でも会議に参加できます。

    • 「いいえ」を選択すると、学習者が会議に参加するのを許可または禁止するリクエストが主催者に送信されます。

    注意:学習者がゲストとして Microsoft Teams に参加する場合は、メールアドレスを入力する必要があります。 そのメールアドレスが、Captivate Prime に登録されていることが必要です。

    アクティビティモジュール:このモードでは、学習者はワークショップ、演習、アンケートなど、一連の学習アクティビティを完了する必要があります。参照用のタイトル、説明および外部 URL を入力します。変更を保存するには、「完了」をクリックします。

    アクティビティモジュール

    コースでアクティビティモジュールを追加するときに、アクティビティタイプがファイル送信のモジュールとxAPI ベースのモジュールに関して、期間を指定できます。

  2. モジュールを追加した後、そのモジュールを学習者が事前表示可能としてマークすることができます。 チェックボックスをオンにします。 学習者プレビューを選択します。 学習者がコースにアクセスすると、コースをプレビューできます。

  3. 同様に、前作業モードおよびテストアウトモード用のモジュールを追加します。

  4. モジュールのシーケンスタイプとして、「順序付け済み」または「順序付けなし」を選択します。

    順序付け済み」を選択すると、モジュールが作成順に表示されます。「順序付けなし」を選択すると、モジュールは作成順に表示されません。この場合、学習者は、任意の順序でモジュールを学習することができます。

  5. 必須モジュールのドロップダウンリストから、学習者がコースを完了するために受講する必要があるモジュールの数を選択します。

  6. コースのカバー画像やバナー画像を追加します。 カタログは管理者によって作成されます。詳細については、「カタログ」を参照してください。

    注意:推奨サイズは次のとおりです。

    • カバー画像:300 px x 300 px
    • バナー画像:1600 px x 140 px
  7. ページ右上隅の「保存」をクリックします。

チェックリスト

評価は、どの LMS でも重要な要素です。 オンライン評価は、トピックに関する学習者の理解を評価する、最良の方法の 1 つです。 多くの場合、求められる作業を学習者が実行する方法を観察することによって、その人の理解を評価する必要があります。

店舗従業員や倉庫作業員が、日常的に実行することになっているタスクについて評価を受ける機会があるか検討してください。 コーヒーマシンを修理するために行う手順や、材料のパッキングを行う手順なども含まれるかもしれません。 インストラクターは、タスクの実行に関して従業員を評価しますが、こうした評価アクティビティでは、チェックリストに基づいて合格または不合格と評価することができます。

チェックリストの作成

チェックリストは、作成者のみが作成できる、 アクティビティモジュールの一種です。 作成者は、以下に示すように、アクティビティモジュールの設定時にアクティビティとして「チェックリスト」を選択できます。 

「チェックリスト」オプションの選択
「チェックリスト」オプションの選択

「チェックリスト」オプションを選択すると、いくつかの追加オプションが表示されます。

チェックリストタイプ:「はい / いいえ」または「1 ~ 5」のいずれかのオプションを選択します。「はい / いいえ」を選択した場合は、「はい」または「いいえ」でのみ回答できる質問がチェックリストに表示されます。 「1 ~ 5」を選択した場合は、リッカート尺度のチェックリストが表示され、質問に対して 5 段階で評価されます。

合格条件:

「はい / いいえ」を選択した場合

「1 ~ 5」を選択した場合

「はい」を回答した数で合格条件を設定します。 例えば 3 を入力した場合、学習者は、インストラクターによる評価で 3 つ以上のはいの回答を得られた場合にコース合格となります。

1~5 の任意の数値によるしきい値として合格条件を設定します。 例えば、2 と 4 を入力した場合、学習者は、4 以上のスコアを持つ評価を 2 つ以上得られた場合にコース合格となります。

学習者を評価するインストラクターを選択します。

また、コメントやメモがある場合は、「インストラクターへのメモ」テキストフィールドに入力できます。

次に、チェックリストの質問を追加します。 最大 150 個の質問を追加できます。

チェックリストの質問の追加
チェックリストの質問の追加

さらに質問を追加する場合は、「さらに追加」をクリックします。

変更を保存し、モジュールを追加して、コースを公開します。

スキルを追加

このページで、次の詳細情報を入力します。

  1. コースのスキルとレベルを選択し、スキルの単位を設定します。必要に応じて、さらにスキルを追加します。

    コーススキルを追加するときに、コースの特定のスキルレベルに対して最大クレジット数を設定できます。 新しいチェックボックスを使用して、特定のスキルレベルに対する最大クレジット数を選択するか、クレジット数を手動で入力できます。

  2. 登録のタイプを選択します。以下のオプションがあります。

    • マネージャーによりノミネート済み:このタイプのコースを登録できるのはマネージャーのみです。学習者はこのタイプのコースに登録することはできません。
    • マネージャーにより承認済み:これは、マネージャーが承認を行うコースです。学習者はこのタイプのコースに申し込むことができますが、マネージャーの承認なしに直接登録することはできません。学習者がこのコースに申し込むと、通知がマネージャーに送信されます。この申し込みをマネージャーが承認すると、このコースが登録済みコースとして表示されます。
    • セルフ登録済み:このタイプのコースの場合、学習者自身が直接登録することができます。
  3. 学習者が自分自身でコースの登録を解除できるようにするには、「学習者は自分で登録解除できます」チェックボックスを選択します。

  4. 必修コースを選択します。学習者は、これらのコースを完了しない限り、目的のコースを開始することはできません。「コース」フィールドをクリックし、コースの一覧で前提条件となるコースを選択します。

    必修コース

  5. 必修コースを必須にする場合は、「前提条件」チェックボックスを選択します。

  6. コースに関連するキーワードをタグとして追加します。学習者はこのタグを検索することにより、目的のコースを簡単に探すことができます。これらのタグはすべて、追加したモジュールに基づいて自動的に追加されます。このコースに他のタグを追加する場合は、そのタグを入力します。

  7. テキスト領域をクリックし、提案されるプロファイルから選択することにより、このコースの対象学習者のプロファイルを追加します。

  8. コースのリソースファイルを参照資料として追加します。テキストファイル、ビデオファイル、音声ファイルなどの資料をドラッグ操作で追加することができます。

  9. これで、これらのプロファイルに一致する学習者が推奨コースとして利用できるようになります。このセクションでは、学習者用にその他のリソースを追加することもできます。学習者はこれらのファイルをダウンロードして後で参照することができます。すべての変更が完了したら、右上隅にある「保存」をクリックします。これにより、コースが草案として保存されます。コースは、デフォルトで草案として保存されます。

モジュールにインストラクタを割り当てる

  1. コース用のモジュールを作成したら、そのモジュールにインストラクタを割り当てることができます。作成者ダッシュボードで「コースカタログ」をクリックします。

  2. インスタラクタを割り当てるモジュールが含まれているコースをクリックします。

  3. モジュールを追加」セクションで、インストラクタを割り当てるモジュールをクリックします。

  4. インストラクタ」フィールドで、インストラクタの役割を割り当てるユーザーの名前を入力します。

    「インストラクタ」フィールド

  5. 変更内容を反映させて、コースをもう一度パブリッシュするには、「再パブリッシュ」をクリックします。

コースのプレビュー

コースを作成して草案として保存すると、コースを学習者としてプレビューできます。その後、そのコースをパブリッシュすると、コースカタログから使用できるようになります。

コースをプレビューするには、「学習者としてプレビュー」をクリックします。

学習者としてプレビュー

これにより、コースの「概要」ページが開きます。このページには、モジュール、モジュールの順序、コースに関するその他の詳細情報が表示されます。

コースの概要ページ

このコースが学習者に提供するエクスペリエンスを確認するには、各モジュールをクリックして再生を開始します。これにより、Fluidic プレーヤーでコースの再生が開始されます。

コースのパブリッシュ

コースを学習者としてプレビューした後、コースをパブリッシュすると、学習者が利用できるようになります。この時点でコースはまだ草案モードであることに注意してください。

一般的なコースのライフサイクルは次のように変化します。

  • 草案:作成者がコースの作成と保存を完了した段階です。この段階では、学習者はまだコースを利用できません。
  • 公開済み:作成者がコースをパブリッシュした段階です。学習者は、この段階でコースに登録することができます。作成者は、この状態のコースを編集することもできます。
  • 撤回済み:作成者は、パブリッシュしたコースを「撤回済み」状態に移行することができます。これにより、自分が作成したコースが、学習者用のコースカタログに表示されなくなります。
  • 削除済み:Adobe Learning Manager アプリケーションからコースが完全に削除された段階です。作成者のみが、「草案」状態と「撤回済み」状態のコースのみを削除できます。 
コースの一般的なライフサイクル

作成したコースをパブリッシュするには、ページの右上隅にある「パブリッシュ」をクリックします。

作成したコースのパブリッシュ

表示される確認ポップアップメッセージで、「OK」をクリックします。

これで、コースカタログからコースを利用できるようになりました。

コースの表示

作成者は、利用可能なすべてのコースを一覧表示することができます。Learning Manager アカウント内のすべてのコースを表示する場合は「コースカタログ」をクリックします。Learning Manager で自分が作成したすべてのコースを表示する場合は「マイコース」をクリックします。

コースカードで、オプションにマウスを合わせ、「コースを表示」をクリックします。

コースを表示

コース情報ウィンドウが表示されます。コースは読み取り専用モードになっています。コースを変更するには「編集」をクリックします。

コースの廃止

コースを廃止すると、新しい学習者をコースに登録できなくなります。既に登録している学習者は、コースを受講できます。

コースを廃止するには、コースカードでオプションにマウスを合わせ、「コースを廃止」をクリックします。

コースの廃止

表示される確認ポップアップで、「はい」をクリックします。

コースの複製

コースのコピーを作成した後、コースを変更することができます。コースをバックアップする場合は、コースを複製できます。

コースの検索

Adobe Learning Manager では、目的のコースを素早く簡単に検索することができます。コースは次の方法で検索できます。

検索フィールド:コースカタログ」ページの右上隅にある検索バーをクリックします。コースの名前、またはコースに関連するキーワードを入力します。コースの作成時に追加したタグを使用してコースを検索することもできます。その場合は、「コースを検索」フィールドでタグを入力します。

検索フィールド

コースリストのフィルタリング:コースの状態(「すべて」、「公開済み」、「草案」、「撤回済み」など)に基づいて、コースをフィルタリングすることができます。この方法で、表示されるコースを絞り込み、目的のコースを選択することができます。

作成者は、コースを並べ替えることで、目的のコースを簡単に探すことができます。コースの表示順を指定するには、「並び替え条件」をクリックし、コース名のアルファベット順(昇順)、コース名のアルファベット順(降順)、コースの作成日順、コースの更新日順、コースの有効性スコア順のいずれかを表示条件として選択します。

コースリストのフィルタリング

学習者のコースへの登録

コースに学習者を登録する場合、またはマネージャーがコースの学習者をノミネートできるようにする場合は、管理者モードに切り替える必要があります。これは、管理者のみがコースの学習者を登録する権限を持つためです。

管理者モードに切り替えるには、以下の手順を実行します。

  1. プロファイル写真をクリックし、「管理者」を選択します。

  2. 管理モードで、左側のペインの「コース」をクリックします。このページでは、Prime アカウントのすべての作成者が作成したすべてのコースを表示できます。

  3. 学習者を登録するには、コースカードにマウスを合わせ、「学習者を登録」オプションを表示します。このオプションをクリックします。

    学習者を登録

  4. 学習者を登録ダイアログボックスの右上隅に、「デフォルトのインスタンス」オプションが選択されて表示されます。作成者がコースを作成するとすぐに、コースのデフォルトのインスタンスが作成されます。

    デフォルトのインスタンス

  5. 「学習者を含む」フィールドに学習者の名前を入力し、学習者を選択します。ここでユーザーグループを追加することもできます。すべての学習者を Prime アカウントに登録する場合は、すべての入力を開始します。また、学習者をチームに登録することもできます。

    学習者を選択し、ユーザーグループを追加します。

  6. コースから任意の学習者を除外するには、「学習者を除外」フィールドに学習者の名前を入力します。

  7. 学習者を登録したら、「続行」をクリックします。学習者を登録ダイアログボックスで、登録の概要を表示できます。

    登録の概要

  8. コースにすべての学習者を登録するには、「登録」をクリックします。これらの学習者は、このコースに正常に登録されました。学習者は、そのコースを受講できるようになったことを知らせる通知を受け取ります。さらに多くの学習者を登録するには、登録手順を繰り返します。

Connect VC モジュールのコースインスタンスの変更

Connect コースの取得時、次の 2 種類の会議室を作成できます。

  • 動的
  • 永続的

会議室の永続的な URL は常に固定されています。 ただし、Connect や自分の会議室のないユーザーの場合は、実行時に動的な会議室を使用する必要があります。 その後、他のユーザーが会議に参加できるようになります。

動的な会議室のオプション
動的な会議室のオプション

これで、「コースインスタンス」ページで、会議室の永続的な URL を変更できるようになりました。

永続的な会議室のオプション
永続的な会議室のオプション

オプション
オプション

学習者のコースからの登録解除

コースを作成する際に、作成者は「学習者は自分で登録解除できます」オプションを有効にして、学習者がコースを離脱できるようにすることができます。

管理者も、コースから学習者を登録解除することができます。

学習者のコースからの登録解除

詳細については、「学習者の登録解除」を参照してください。

Captivate および Presenter のコースモジュールの追加

パブリッシュメニューを使用して、Adobe Captivate および Adobe Presenter ソフトウェアからコースモジュールを Learning Manager にパブリッシュすることもできます。

  1. Captivate で、パブリッシュ/Learning Manager にパブリッシュをクリックします。

  2. サブドメイン名または電子メール ID を入力し、「送信」をクリックします。複数のアカウントが存在する場合は、アカウントを選択するためのプロンプトが表示されます。

  3. Adobe の資格情報を使用してログインします。Adobe ID を持っていない場合は、「アカウントの作成」をクリックしてアカウントを作成してください。認証が完了すると、モジュールをパブリッシュするためのページが表示されます。

  4. モジュールに関するすべての基本情報を入力して「パブリッシュ」をクリックします。

Learning Manager のモジュールページに、パブリッシュされたモジュールが表示されます。詳しくは、Adobe Learning Manager へのプロジェクトのパブリッシュを参照してください。

コースの有効性

作成者はコースの有効性スコアを活用することで、個々の学習者のニーズに合っていないコースを特定し、そのコースの内容を修正できます。コースの有効性を評価することにより、そのコースが学習者にとって有益なものであるかどうかを判断することができます。コースの内容に関する学習者からのフィードバックを組み合わせて、コースの有効性が評価されます。具体的には、コースで出題されるクイズの解答結果や、コースの学習結果に基づいて学習者を評価するマネージャーからのフィードバックにより、コースの有効性が評価されます。

作成者は、「マイコース」オプションを使用して、コースの有効性スコアを確認することができます。このスコアは、以下のスナップショットのように、コースのサムネイルに表示されます。このスナップショットでは、コースの評価スコアが 100 になっています。

コースの評価スコア

コースの有効性評価値は、L1、L2、L3 のフィードバック値を考慮して算出されます。 各フィードバックの内訳を表示するには、コースの有効性の値をクリックします。 以下のようなポップアップメニューが表示されます。

コース有効性の算出方法

このサンプルのスナップショットでは、1 人中 1 人のユーザーが 3 種類すべてのフィードバックを提供しているため、スコアは 100/100 になります。この場合、フィードバックの件数が少ないため、コースの全体的な有効性のスコアが不正確なものになっています。このポップアップメニューの右下隅に表示されている下向き矢印をクリックすると、コースの有効性スコアの計算方法が表示されます。

コース有効性の算出方法

上記の円グラフが示すように、マネージャーからの L3 フィードバックにはより多くの重みが与えられます。

認定制度と学習プログラム

作成者と管理者は、作成者アプリケーションを使用して、学習者用の認定資格と学習プログラムを作成することができます。認定資格または学習プログラムを作成するには、ホームページで「認定資格」または「学習プログラム」をクリックします。

認定資格と学習プログラムの作成方法と管理方法については、「認定資格」と「学習プログラム」を参照してください。

社外の資格認定の必須コース

Learning Manager の以前のリリースでは、社外の資格認定の学習者が資格認定を完了するためにコースを完了することは必須ではありませんでした。

「カリキュラム」タブで「資格認定完了に必須条件として目的のコースを設定します」オプションを有効にすると、コースを必須として設定できるようになりました。

必修コースを必須として設定する

コースが必須として設定されている場合:

  • マネージャーの「提出物」ページには、コースを完了した学習者のみが表示されます。
  • 学習者はコースを完了した後にのみファイルをアップロードできます。

よくある質問

次の手順を実行します。

  1. 作成者として Learning Manager にログインします。
  2. コースを開きます。
  3. 左側のペインで、「設定/編集」をクリックします。
  4. 登録タイプ」ドロップダウンリストで、登録タイプを「マネージャーによりノミネート済み」から「マネージャーにより承認済み」または「セルフ登録済み」に変更します。
  5. コースを再パブリッシュします。

学習プログラムを使用して、複数のコースを組み合わせることができます。

  1. 管理者として Learning Manager にログインします。
  2. 左側のペインで、「学習プログラム」をクリックします。
  3. 学習プログラムを追加するために「追加」をクリックします。
  4. 学習プログラムの詳細情報を入力し、「保存」をクリックして学習プログラムを保存します。
  5. 学習プログラムが作成されたら、「カタログ」をクリックします。
  6. コースカードで「追加」をクリックします(以下の図を参照)。 学習プログラムに追加する各コースについて、同じ手順を繰り返します。
カタログの追加
カタログの追加

必要なコースを学習プログラムにすべて追加したら、「パブリッシュ」をクリックします。

注意:

学習プログラムに追加できるのは、「セルフ登録済み」タイプのコースのみです。「マネージャーによりノミネート済み」タイプのコースと「マネージャーにより承認済み」タイプのコースを追加することはできません。 これは、Learning Manager のデフォルトの動作です。

カタログを使用すると、学習者に対して表示されるコースを制限することができます。 デフォルトのカタログには、Prime に追加されたすべてのコースがデフォルトで表示されます。

学習者が表示できるコースを制限するには、デフォルトのカタログを無効にして、カスタムのカタログを作成する必要があります。

  1. 管理者として Learning Manager にログインします。
  2. 左側のペインで、「カタログ」をクリックします。
  3. カタログを作成するために「作成」をクリックします。 カタログの詳細情報を入力して「保存」をクリックします。
  4. 新しく作成されたカタログのオプションを使用して、追加できる学習オブジェクトのタイプを選択します(学習プログラム、資格認定、コースなど)。
  5. 「学習プログラム」セクションで、「コンテンツを追加」をクリックします。
  6. 左側のペインで、対象となる学習者に応じて、「社内で共有」または「社外で共有」をクリックします。
  7. ユーザーグループを追加する場合は、「ユーザーグループを追加」をクリックします。
  8. 「カタログ」ページで「デフォルトのカタログ」を無効にし、上の手順で作成したカタログを有効にします。
カスタムカタログを有効にする
カスタムカタログを有効にする

完了したコースを元に戻すことはできません。 学習者は、完了したコースにもう一度登録することはできません

学習者は、コースの「再訪」ボタンをクリックして、完了したコースを表示することができます。

以下の手順を実行します。

  1. 学習者としてログインします。
  2. 完了したコースを開きます。
  3. 再訪」をクリックします。

コースの作成時に、コースに関連するコースにビデオ、オーディオ、PDFまたはテキストファイルを追加し、学習者が追加のトレーニング資料にアクセスできるようにすることができます。

リソースの追加
その他のリソースの追加

前提条件:管理者が、管理アプリで設定/一般と進み「複数回の試行」オプションを有効にしている必要があります。

作成者は「コースの概要」ページで「複数回の試行を許可」オプションを有効にします。

詳細については、複数回の試行に関するセクションを参照してください。

いいえ。Prime にアップロードされたコンテンツは、パブリッシュされた zip ファイルであり、ソースファイルではありません。 そのため、コンテンツをダウンロードしても、オーサリングツールでそのコンテンツを編集することはできません。 コンテンツを編集するには、ソースファイルが必要です。

アドビのロゴ

アカウントにログイン