Learning Manager の xAPI

xAPI とは?

Experience API (xAPI)は、あらゆるタイプの学習経験を記録し、追跡しつつ、学習コンテンツと学習システムを相互に連携させることを可能にする e ラーニングのソフトウェア仕様です。 学習経験は、学習記録ストア(LRS)に記録されます。 LRS は、従来の学習管理システム(LMS)内、またはそれ自体で存在します。

xAPI について詳しくは、 次を参照してください。  https://github.com/adlnet/xAPI-Spec

Learning Manager は xAPI にどのように対応していますか?

Learning Manager には学習記録ストアが組み込まれています。この LRS には、Learning Manager でホストされるコンテンツから xAPI ステートメントを受け入れる包括的な機能があります。サードパーティーによって生成される xAPI ステートメントも受け入れます。 これらの xAPI ステートメントは Prime 内に保存されます。ステートメントはその後、Prime 外に書き出して、サードパーティーのデータウェアハウスシステムで視覚化することができます。

xAPI を使用するタイミング

複数のシステムにまたがるエンドユーザーの学習経験をキャプチャする必要は大きくなっています。  トレーニングコンテンツに対する学習者のエンゲージメントを正確に追跡する必要もあります。 開始時だけでなく、進行中も、完了時もそうする必要があります(これらは SCORM によってキャプチャされる唯一の属性です)。

Prime で xAPI を使用する

アプリケーションを設定する

  1. 統合管理者としてログインします。アプリケーション/ユーザー登録を選択します。

    アプリの登録
    アプリの登録

  2. 新しいアプリケーションを登録します。

    アプリケーションを作成
    アプリケーションを作成

  3. アプリケーションの範囲を定義します。

    • 「管理者役割 xAPI 読み取りおよび書き込みアクセス」を有効にすると、管理者は xAPI のステートメントとドキュメントの投稿と取得ができます。
    • 「学習者役割 xAPI 読み取りおよび書き込みアクセス」を有効にすると、管理者は xAPI のステートメントとドキュメントの投稿と取得ができます。
  4. 変更を保存します。デベロッパーの ID とシークレットを取得します。

終了点

下のリンクをクリックして、xAPI swagger ドキュメントを表示します。

https://captivateprimeeu.adobe.com/docs/primeapi/xapi/

注意: Prime でサポートされている xAPI バージョンは 1.0.3 です。

API 認証

Learning Manager xAPI では、OAuth 2.0 フレームワークを使用して、クライアントアプリケーションを認証および承認します。 アプリケーションが登録されると、clientId と clientSecret を取得できます。 Get URL は、SSO や Adobe ID などの事前設定されたアカウントを使用して、 ブラウザー で Learning Manager ユーザーを認証する際に使用されます。 

GET https://captivateprime.adobe.com/oauth/o/authorize?client_id=<Enter your clientId>&redirect_uri=<Enter a url to redirect to>&state=<Any String data>&scope=<admin:xapi or learner:xapi>&response_type=CODE

Prime LO として xAPI ステートメントを追跡する

これで作成者として、コースを作成する際に xAPI モジュールを選択し、Prime の外でユーザーエクスペリエンスを監視できるようになりました。 例えば、この機能を使用して、コースの受講に使用されるサードパーティーのプラットフォーム上のユーザーのアクティビティを評価できます。

  1. アクティビティモジュールを作成する際に、「タイプ」オプションで、ポップアップメニューを使用して「xAPI ベースモジュール」を選択します。

    x-API ベースモジュールの作成
    x-API ベースモジュールの作成

  2. IRI を指定するように要求されます。 指定しなかった場合は、自動的に生成されます。

    注意:

    アクティビティの IRI は、アカウント全体で一意です。 つまり、Learning Manager で 2 つのモジュールの IRI を 同じにすることは できません。 新しい IRI は、次の場合に生成されます。

    • xAPI モジュールを使用するコースが アカウント間で 共有されている場合
    • xAPI モジュールを使用する資格認定が繰り返される場合

     

    対象となる IRI のある xAPI ステートメントは上のモジュールで追跡され、Prime のレポートに反映されます。 

  3. 自動生成された IRI をコピーするには、再度アクティビティモジュールページに移動します。

  4. モジュールをパブリッシュします。

注意点:

  • Captivate Prime は現在、 識別子として mbox のみをサポートしています。 mboz_sha1、 openid、 account など、その他の識別子はサポートされていません。
  • stateId と profileId は、Prime で使用する際は UUID になります。
  • PUT 要求では、xAPI のエージェント / プロファイル、アクティビティ / プロファイル、アクティビティ / ステートのドキュメントは上書きされません。
  • 識別されない グループは、アクターでサポートされていません。
  • パラメーター「related_activities」は、  GET ステートメントでサポートされていません。
  • パラメーター「format=ids」と「format=canonical」は、GET ステートメントでサポートされていません。
  • xAPI ステートメントの 無効化 では、ステートメントの投稿時に Prime で発生したアクションは元に戻りません。

レポートを生成する

xAPI の レポートは、Excel レポートとして生成できます。 管理者として、レポート/Excel レポート/xAPI アクティビティレポートを開きます。

ダウンロードされたレポートでは、学習者と管理者がステートメントで投稿したすべての情報が取得されます。

どのサードパーティーの統合でも、 FTP コネクタと Box コネクタを 使用して同じレポートを 生成 できます。 その場合、以下の手順を実行します。

統合管理者としてログインし、FTP/Box コネクタを開いて、左側のペインから xAPI アクティビティレポートを選択し、レポートのスケジュールまたは生成を選択します。

レポートのスケジュール
レポートのスケジュール

注意:
  • xAPI ステートメントで 未処理のスコアが 最大 スコアなしで 送信 される場合、クイズスコアは LT に表示されません。
  • Prime でパーセンテージスコアを取得する場合、 調整された スコアは xAPI を介して送信されます。

サンプルレポート

ダウンロード

アドビのロゴ

アカウントにログイン