セッションの学習者の管理

この記事では、出席者の管理、コース関連の電子メール送信、およびセッションのリマインダー送信を行う方法について学習します。

レビューが保留中のセッションまたはモジュールの表示

インストラクタはレビューが保留中のセッションやモジュールを表示できます。 

「セッション/モジュール」ページに列が表示されます レビュー保留中 対応するセッション/アクティビティの保留中のレビューの数が表示されます。

セッションのキャンセル待ちの管理

学習者がモジュールに登録すると、登録およびキャンセル待ちの最新ステータスを「キャンセル待ち」ページから確認できます。

  1. インストラクタアプリの左側にあるナビゲーションペインで、予定されているセッション/キャンセル待ちを選択します。

    人数制限、現在埋まっている席数数、空席数を確認できます。テーブルにはキャンセル待ちの学習者も一覧表示されます。キャンセル待ちの学習者がいない場合は空白になります。

    自分のセッションで埋まっている座席数およびキャンセル待ち数の表示
    自分のセッションで埋まっている座席数およびキャンセル待ち数の表示

  2. キャンセル待ちテーブルで、確認対象の学習者を 1 人以上選択します。

  3. アクション/学習者を確認を選択します。

    確認した学習者が確認済み学習者リストに追加されます。

インストラクタは学習者をセッションから登録解除できます。これにより、学習者は該当する学習からも登録解除されます。「キャンセル待ち」タブを選択します。チェックボックスを使用して、登録解除するユーザーを選択します。登録解除するには、アクション/学習者を登録解除を選択します。

学習者を登録解除
学習者を登録解除

セッション出席の記録

セッションに出席している確認済み学習者の数、これらの学習者の名前、学習者の出席ステータス、その他の詳細を「学習者」ページで確認できます。

  1. 左側にあるナビゲーションペインで、予定されているセッション/学習者をクリックします。

  2. 出席者のリストから学習者を 1 人以上選択し、次のいずれかの操作を実行します。

    • 出席を記録するには、アクション/出席を記録をクリックします。出席済みと記録した後、ステータスを変更することはできません。
    • 欠席を記録するには、アクション/欠席をクリックします。
    • キャンセルなどの理由で学習者を削除するには、アクション/学習者を削除をクリックします。
    注意:

    学習者は出席ステータスが出席済みになるまでモジュールを完了することはできません。

    出席者の出席の記録
    出席者の出席の記録

学習者への電子メールの送信

セッションの特定の出席者またはすべての出席者に電子メールを送信できます。「電子メールを送信」機能は、学習者の出席を確認する場合、またはセッションに関するメッセージを送信する場合に非常に便利です。割り当てまたはセッション資料を送信する場合、またはすべての学習者に一般的なメッセージを送信する場合は、「全員に電子メールを送信」オプションも使用できます。

学習者に電子メールを送信するには、インストラクタアプリの「学習者」ページで次のどちらかの操作を実行します。

  • 特定の出席者に電子メールを送信するには、出席者を選択し、アクション/選択したユーザーに電子メールを送信をクリックします。
  • すべての出席者にコース資料や割り当てを送信するには、アクション/全員に電子メールを送信をクリックします。

学習者リストの書き出し

インストラクタは、出席者リストを PDF として書き出すことにより、すべての学習者の出席を簡単に記録できます。出席者リストを書き出すには、左ペインにある「学習者」で、アクション/学習者リスト (PDF) を書き出しをクリックします。 

セッションの出席者リストを確認した後、リストを PDF として書き出すことができます。この印刷しやすい PDF は学習者を表形式で示します。これ以降、この PDF を使用して出席の記録、スコアの提供、学習者向けメモの作成または提供を実行できます。 

この PDF の右上隅には QR コードが表示されます。この機能を使用すると、個々の学習者は Learning Manager モバイルアプリでコードをスキャンすることにより、出席を記録できます。 

出席の記録、スコアの提供などに使用可能な PDF の生成
出席の記録、スコアの提供などに使用可能な PDF の生成

送信の承認または拒否

セッションの割り当て、レポート、評価などの文書を学習者がアップロードした場合、これらの文書を「送信内容」ページで表示できます。これらの文書は学習者を評価する際や、送信内容を承認または拒否する際に使用できます。

  1. 左ペインで、セッションのスケジュールに基づいて「予定されているセッション」または「予定が過ぎたセッション」をクリックします。

  2. 送信内容を表示するコースをクリックします。

    左ペインで、「送信内容」をクリックします。

  3. 選択したセッションの学習者の送信内容を確認できます。承認または拒否する送信内容を選択し、「承認」または「拒否」をクリックします。

    アクションに応じて送信内容のステータスが「承認」または「拒否」に変わります。

セッションのリマインダーの設定

  1. 左ペインで、「予定されているセッション」をクリックします。

  2. リマインダーを設定するコースをクリックします。左ペインで、「リマインダー」をクリックします。

  3. 「リマインダーを選択」タイルで、「リマインダーを設定」をクリックします。

    セッションのリマインダーを送信するための設定
    セッションのリマインダーを送信するための設定

    • リマインダーを設定ダイアログボックスで、学習者にリマインダーを送信するオプション(期日前、期日、期日後)を設定します。
    • 「期日前日数」フィールドで、リマインダーを期日の何日前に学習者に送信するかを設定します。
    • リマインダーの繰り返しを設定します。
    セッションのリマインダー設定の構成
    セッションのリマインダー設定の構成

  4. 次のどちらかの操作を実行します。

    • チェックマークをクリックしてリマインダーを保存します。
    • ×マークをクリックしてリマインダーをキャンセルします。

    すべての学習者に対して、リマインダー設定で指定した日付にコースのリマインダーが自動送信されます。

    注意:

    セッションのリマインダーを既に設定している場合は、「既存のリマインダー」タイルでリマインダーを確認できます。また、既存のリマインダーにリマインダーを追加できます。

    既存のリマインダーを削除するには、リマインダーをクリックします。表示されるポップアップで、削除アイコン(ごみ箱アイコン)をクリックしてリマインダーを削除します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン