マニュアル キャンセル

CSV をアップロードできない

  1. Learning Manager ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. 新機能の概要
    2. リリースノート
    3. 必要システム構成 | Adobe Learning Manager
    4. AEM Sites 向けの Adobe Learning Manager リファレンスサイト(ALM リファレンスサイト)パッケージ
    5. GDPR に対する Learning Manager のコンプライアンス
    6. Learning Manager のアクセシビリティ
    7. カスタムドメインのサポート
  3. 利用開始
    1. 管理者の基本
    2. 作成者の基本
    3. 学習者の基本
    4. マネージャーの基本
    5. Learning Manager インストラクターの基本
  4. 管理者
    1. ユーザーログイン
    2. ユーザーを追加してユーザーグループの作成
    3. 教室の場所を追加
    4. コースモジュール、インスタンスおよび学習プログラムの作成
    5. Learning Manager コンテンツカタログ
    6. コンテンツマーケットプレイス
    7. レポート
    8. 学習パス
    9. 学習プラン
    10. Learning Manager の注文および請求の管理
    11. 作業計画書
    12. 資格認定
    13. カタログ
    14. ユーザーの一括追加
    15. ピアアカウント
    16. スキルとレベルの作成および変更
    17. AI ベースの推奨コース
    18. ゲーミフィケーション
    19. 学習者ホームページのカスタマイズ
    20. バッジ
    21. カラーテーマ
    22. 学習者のトランスクリプト
    23. キャンセル待ちと出席の管理
    24. Fluidic プレーヤー
    25. アナウンス
    26. 電子メールテンプレート
    27. Adobe Connect の統合
    28. 設定
    29. 通知
    30. iPad および Android タブレットのユーザー
    31. 管理者の基本
    32. ユーザーを消去
    33. タグ
    34. Learning Manager コンテンツカタログ
    35. カスタム役割
    36. カタログラベル
    37. Learning Manager の xAPI
    38. 管理者としてソーシャル学習のモニターとモデレートを行う
    39. 共有カタログのフルコントロールの有効化
    40. スキルドメインへのスキルのマッピング
  5. 統合管理者
    1. 移行マニュアル
    2. Learning Manager コネクター
    3. Learning Manager と AEM の統合
    4. Learning Manager に Salesforce パッケージをインストールする
    5. Microsoft Teams コネクターのインストール
    6. アプリケーションデベロッパーマニュアル
    7. Salesforce 向け Learning Manager アプリ
    8. 設定
    9. CSV ファイルを使用したカスタムの役割の管理
  6. 作成者
    1. ユーザーログイン
    2. コンテンツライブラリ
    3. コースの作成、変更、パブリッシュ
    4. カタログ
    5. 作業計画書
    6. Adobe Connect の統合
    7. 様々なロケールで学習目標を追加
    8. ユーザー通知
    9. 電子メールテンプレート
    10. コースモジュールの選択方法
    11. 学習者としてプレビュー
    12. 設定
    13. Learning Manager の xAPI
  7. 学習プログラム / 資格認定を
    1. モジュール
    2. セッションの学習者の管理
  8. 学習者
    1. ログイン
    2. プロファイル設定
    3. カタログ
    4. コース
    5. Fluidic プレーヤー
    6. 学習プログラム
    7. 資格認定
    8. 作業計画書
    9. バッジ
    10. スキルとレベル
    11. ゲーミフィケーション
    12. ユーザー通知
    13. アナウンス
    14. キャンセル待ちと出席の管理
    15. Salesforce 向け Learning Manager アプリ
    16. Adobe Connect の統合
    17. モバイルおよびタブレット向け学習者アプリ
    18. Learning Manager のソーシャル学習
    19. Adobe Learning Manager デスクトップアプリケーション
    20. 学習者ホームページ
    21. ソーシャル学習プラットフォームでの共有
    22. 必要システム構成 | Adobe Learning Manager デスクトップアプリケーション
  9. マネージャー
    1. ユーザーログイン
    2. マネージャーダッシュボード
    3. レポート
    4. 学習目標
    5. ユーザー通知
    6. 学習者のトランスクリプト
    7. 設定
    8. iPad および Android タブレットのユーザー
  10. よくある質問
    1. 管理者のよくある質問(FAQ)
    2. 作成者のよくある質問(FAQ)
    3. インストラクターのよくある質問(FAQ)
    4. マネージャーのよくある質問(FAQ)
  11. ナレッジベース
    1. Learning Manager にログインできません
    2. 学習の概要に最新のデータが表示されない
    3. CSV をアップロードできない
    4. HAR ファイルを生成する
    5. L1 フィードバックの自動ポップアップが表示されない
    6. 資格認定の作成中に、カタログに含まれる特定のコースを表示できない
    7. 学習プログラムの作成中に、カタログに含まれる特定のコースを表示できない
    8. 学習プログラムの廃止に関する問題
    9. バッジを割り当てられない
    10. Learning Manager でセッションの有効期限が切れる
    11. コースを検索できない
    12. 移行に関する問題のトラブルシューティング
    13. Learning Manager アプリケーションで発生する問題のトラブルシューティング
    14. Learning Manager でユーザーが自動的に削除される
    15. EU ドメインにパブリッシュできない
    16. 社外ユーザーとして登録できない
    17. Adobe Learning Manager と Okta Active Directory の連携
    18. コースに学習者を表示できない
    19. カレンダーを表示できない
    20. コースを完了した後、モジュールが完了とマークされない
    21. コースを完了した後、スキルを達成できない
    22. ラジオボタンが表示されない
    23. Learning Manager で提出したファイルを表示できません

エラー:データの切り詰め:列に対してデータが長すぎます

Adobe Learning Manager で CSV をアップロードすると、次のエラーメッセージが表示されます。

原因

指定した列に含まれるデータが、その列に定義されている文字数の制限を超えると、エラーが発生します。

解決策

  • CSV を開きます。
  • エラーに記載されている列のデータを確認します。
  • 大きい値(例えば 60 文字以上)がある場合は、値を変更してデータを修正します。

エラー:CSV の最初の列に特殊文字が表示されています

列のマッピングで、最初の列に特殊文字が表示されるため、CSV をアップロードできません。

原因

この問題は、CSV が Excel に UTF-8 形式で保存される場合に発生します。 CSV を UTF-8 形式で Excel に保存すると、ファイルは UTF-BOM 形式で保存されます。 これは、Notepad++ を使用することや、CSV を Prime にアップロードして列をマッピングする際に、最初の列に特殊文字が表示されることで確認できます。

解決策

  • A:Excel で保存
    1. Excel で CSV を開きます。
    2. ファイルを通常の CSV として保存します。
  • B:メモ帳または Notepad++ で保存
    • メモ帳または Notepad++ で CSV を開きます。
    • UTF-8 形式でファイルを保存します。

エラー:ユーザーのメールアドレスは、システムに存在しています

CSV 処理が失敗したため、CSV をアップロードできません。 次のエラーメッセージが表示されます。

原因

同じ電子メールアドレスまたは UUID を持つユーザーが既にシステム内に存在する場合に、この問題が発生します。

解決策

シナリオ 1

UUID が無効なアカウント

このシナリオで、エラーの原因は 2 つあります。

  1. 追加しようとしているユーザーが、社外プロファイルのマネージャーです。 これを解決するには、ユーザーが属する社外プロファイルを開き、ユーザーを選択し、アクション/役割を割り当て/マネージャーをクリックして、プロファイルのマネージャーを変更します。
  2. 追加しようとしているユーザーが消去されています。 この場合、消去処理が完了するまで、同じ電子メールアドレスを持つユーザーを追加することはできません。 回避策として、2 番目の電子メールアドレスを使用してユーザーを追加し、プラットフォームにアクセスできるようにします。 消去処理が完了したら、ユーザー情報を編集し、正しい電子メールアドレスに変更します。

シナリオ 2

UUID が有効なアカウント

UUID が有効なアカウントの場合、ユーザーに割り当てられた UUID がアカウントの別のユーザーに既に使用されていたり、ユーザーの電子メールアドレスが異なっていたりすると、この問題が発生する可能性があります。

例えばユーザー A とユーザー B の電子メールアドレスが a@xyz.com と b@xyz.com で、UUID がそれぞれ 1 と 2 であるとします。

ここで、ユーザー A の UUID を 3、ユーザー B の UUID を 2 として CSV をアップロードすると、エラーが表示されます。

この問題を解決するには、CSV とシステム上のユーザーに対して同じ電子メールアドレスと UUID を使用する必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン