Issue(問題点)

 

 

AdobePS 5.1J(NT4.0用)のプリンタドライバを使用し、PostScriptファイルを生成したのちに、Acrobat Distiller 4.0でPDFファイルを作成使用とすると下記のようなエラーログが生成されます。元文書はMS Word で作成した文書で、「HG丸ゴシックM-PRO」フォントを使用しています。

%%[ ProductName: Distiller ]%%

%%[ Error: HGMaruGothicMPRO cannot be embedded due to licensing restrictions.]%%

%%[ Error: invalidfont; OffendingCommand: show ]%%

 

Stack:

-file-

 

%%[ Flushing: rest of job (to end-of-file) will be ignored ]%%

%%[ Warning: PostScript error. No PDF file produced. ] %%

 

これは、このフォントの埋め込みが禁止されているからなのでしょうか?

Solution(解決方法)

 

 

本エラー表示は、「HG丸ゴシックM-PRO」フォントは埋め込みが禁止されており、PDFへ埋め込みできないという内容のものです。埋め込みが禁止されているフォントについては、PostScript 生成時に AdobePS プリンタドライバの「フォント代替表」で代替えフォントで置き換えてから、PDF ファイルを作成するようにします。

【注意】

Microsoft Office 製品に付属する以下の3書体は、フォントの埋め込みが禁止されています。

 

HG丸ゴシックM-PRO

HGゴシックE-PRO

HG正楷書体-PRO

 

TrueTypeフォントの埋め込みの可否を、PDF を生成する前にあらかじめ確認しておくためには、以下のツールを利用することが可能です。

  • Font properties extension

Font properties extension は Microsoft 社が提供するツールで、インストールすると名称通り、フォントファイルのプロパティダイアログに新しいタブが追加され、TrueTypeフォントの拡張情報が表示されるようになります。追加されたタブの1つに"Embedding"というものがあり、ここにフォントの埋め込みに関する情報が表示されます。ただし、日本語 TrueTypeフォントの中には、フォントバージョンの違いにより表示されないフォントもありますので、ご注意ください。

URL: http://www.microsoft.com/typography/property/property.htm (2001年3月現在)

  • FntInfo

FntInfo はフリーウェアで、TrueType フォントの OUTLINETEXTMETRIC 構造体の内容を確認できます。本構造体の UINT otmfsType; フラグの状態を確認することで、フォント埋め込みの可否が確認可能です。

URL: http://kescriv.kj.yamagata-u.ac.jp/fnts/fntinfo.html (2001年3月現在)

fsType 値の内容は以下のようになります。つまり、Bit1(0x0002) が"ON"になっている TrueType フォントは埋め込みが禁止されている、ということになります。

---------------------------------------------------------------

Bit Bit Mask Description

---------------------------------------------------------------

0 Reserved, must be zero.

---------------------------------------------------------------

1 0x0002 Restricted License embedding: When only this bit is

  set, this font may not be embedded, copied or modified.

---------------------------------------------------------------

2 0x0004 Preview & Print embedding: When this bit is set, the

  font may be embedded, and temporarily loaded on the

  remote system. Documents containing Preview & Print

  fonts must be opened "read-only;" no edits can be

  applied to the document.

---------------------------------------------------------------

3 0x0008 Editable embedding: When this bit is set, the font may

  be embedded and temporarily loaded on other systems.

  Documents containing Editable fonts may be opened

  for reading and writing.

---------------------------------------------------------------

4-15  Reserved, must be zero.

---------------------------------------------------------------

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー