Issue (問題点)



Excelのワークシートを自動的にPDF化するためには、どのようにすれば良いでしょうか



Solutions (解決方法)



ExcelワークシートのPDF化には、大きく分けて2つのステップが必要です。

 Step 1) ExcelからワークシートのデータをPostScriptファイル化して出力する

 Step 2) Acrobat Distillerアプリケーションを利用して、PostScriptファイルをPDF化する

Step 1)について

まず、PostScriptファイルの作成には、AdobePSドライバが必要になります。下記のサイトからダウンロードし、インストールしてください。

http://www.adobe.co.jp/support/downloads/pspwin.html

このステップの実装例としては、添付のプログラムを参照してください。

簡単に処理の内容を説明すると、下記のようになります。

 1) Excelアプリケーションオブジェクトの作成

 2) Excelワークシートオブジェクトの作成

 3) ワークシートをPrintOutメソッドにより、PostScript化

3)では、PrintOutメソッドの引数として、ファイルとして出力するオプションを指定してください。

Call bookXls.PrintOut(, , , , " (AdobePSプリンタ名を指定) ", True, , "C:¥test.ps")

  第5引数:ActivePrinter引数の値として、インストール済みのAdobePSプリンタ名を指定します

  第6引数:PrintToFile引数の値として、Trueを指定します

  第8引数:PrToFileName引数の値として、Cドライブ直下にtest.psというファイル名を指定します

  (なお、PrintOutコマンドの引数は、Excel VBAのVisual Basicリファレンスを参照してください)

Step 2)について

Distillerアプリケーションを使用して、PDFファイルを作成する方法は、2種類あります。システムの要求仕様に応じて、適切な方法を利用してください。

- Distillerの監視フォルダを使用する方法

Distillerでは監視フォルダの設定が可能です。この設定をしておくと、一定の時間間隔でそのフォルダ内をチェックし、PSファイルが存在する場合には自動的にPDF化して特定のフォルダに出力します。

この方法のメリットは、プログラムを開発する必要がないことです。DistillerアプリケーションのGUIメニューから適切に設定を行うことにより、監視機能を開始することができます。

- DistillerをIAC(Inter Application Communication)により、自動制御する方法

この方法によるシステムの実装例としては、Acrobat SDKに収録されているVisual C++/Visual Basic用のサンプル「DistillerCtrl」を参照してください。

この方法のメリットは、エラーハンドリング等を詳細に指定できることです。詳しくは、Acrobat SDKに収録されている文書「Acrobat Distiller API Reference(DistillerAPIReference.pdf)」を参照してください。

<サンプルプログラムの実行方法>

1) sample.zipを解凍してください。

2) 解凍してできたtest.xlsをCドライブ直下に移動してください。また、Cドライブ直下に、test.psというファイルが存在しないことを予め確認しておいてください。

3) Project1.vbpを起動し、実行してください。

4) 実行すると、フォームが表示されます。そのフォーム上の「Output PostScript」ボタンをクリックしてください。実行すると、Cドライブ直下にtest.psというファイルが作成されます。



Additional Information (追加情報)

Acrobat Distillerの使用方法に関しては、下記の事項にご注意ください。

Acrobatをインストールすると、2種類のDistillerが使用可能になります。

- 仮想プリンタとしての「Acrobat Distiller」プリンタ

- 単体で動作するアプリケーションプログラムとしての「Acrobat Distiller 5.0」

PDFファイルの作成方法につきましても、それぞれに対応して2種類の方法があります。

- Distiller仮想プリンタに対して印刷命令を発行し、PDF化する方法

- 予めPostScriptファイルを作成し、そのPSファイルをDistillerアプリケーションでPDF化する方法

カスタムアプリケーションからAcrobat Distillerを使用する場合には、Distillerを「仮想プリンタ」としてではなく「アプリケーション」として使用する方法のみがサポートの対象となることにご注意ください(仮想プリンタとして使用する方法は、手動でPDFを作成する場合に限りサポートの対象になります)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー