Adobe Soundbooth では分かりやすいタスクベースのツールを使用して、音声のノイズ除去、ボイスオーバーの調整、楽曲のカスタマイズを行うことができます。他のアドビ製品との高い連携性で、映画やビデオ、Flash アニメーションで使用するサウンド製作も思いのままです。 

[ 主な特長 ] 

直感的なタスクベースツールの使用

フィルムやビデオのプロジェクトだけでなく、Adobe Flash Professional で作成したリッチメディアプロジェクト内のオーディオ編集にも対応します。録音時のノイズ除去、アフレコしたナレーションの調整、BGM や効果音の追加など、タスクベースのツールで効率よく作業できます。Soundbooth で高品質な作品をより効率的に仕上げることができます。制作時の操作性が犠牲になることはありません。

進化したマルチトラック編集

マルチトラックプロジェクトのミキシングや編集をより詳細にコントロールできます。マルチトラックプロジェクトでは、トラック幅を変更してより多くのトラックを一度に表示できるようになりました。また、クリップを分割したり、クリップをコピーして別のトラックにドラッグしたりできます。

タスクベースのオーディオ編集

タスクベースの直感的なツールを使用して、オーディオを簡単に編集できます。ポップ、クリック、ハムなどのノイズの除去、ボリュームレベルの調整も、視覚的にわかりやすく作業が可能です。

すばやくオーディオを編集

強力なツールの数々を使用して、オーディオ素材のカット、コピー、ペースト、フェード、ストレッチをサンプル精度で正確に行えます。クリップ上で直感的にツールを操作し、よく使う編集機能をすばやく適用。結果を視覚的に確認しながら作業できます。

↑ top

すぐに活用できるオーディオ素材

Soundbooth スコアの編集ワークフローで、サウンドトラックの編集もすぐに始められます。無償で利用できる Soundbooth スコアの曲数は大幅に追加され、130 曲。オンラインで提供される Resource Central からダウンロードできます。マルチトラックプロジェクトビューを使用して、複数スコアの同時編集にも対応。雰囲気に合わせてサウンドの強さを調整し、プロジェクトにあわせて曲の長さを変更できます。さらに、リソースセンターでは多様な効果音が用意されており、プロジェクトにあわせてダウンロード可能です。

著作権フリーの効果音および Soundbooth スコア

著作権フリーのオーディオ素材でサウンドトラックを作成してみましょう。10,000 種類以上の効果音や、カスタマイズ可能な 130 種類以上の Soundbooth スコアを利用できます。効果音やスコアをマルチトラックプロジェクトにドラッグ&ドロップして、カスタマイズしたり、組み合わせたり、重ねたりできます。

Soundbooth スコアの改善されたワークフロー 

Soundbooth スコアを Resource Central からマルチトラックミックスに直接ドロップして、簡単に加工できます。映像の雰囲気に合わせた、曲調の強弱や、作品に合わせた曲の長さ(時間)変更といったカスタマイズも可能。1 つのトラックで複数のスコアを組み合わせたり、複数のトラックで異なるスコアをミキシングすることもできます。

密接な連携

Adobe Premiere Pro、After Effects、または Flash Professional のオーディオを、Soundbooth で編集。新たに搭載されたファイル形式とアプリケーション間の連携機能により、Soundbooth で加えた編集結果が他のアプリケーションで自動的に反映されます。Soundbooth にマーカーを設定し、それらを XML または FLV としてエクスポートすることによって、アニメーションキューポイントにしたり、キャプションを作成したりします。Adobe Sound Document (ASND) ファイル形式では、オーディオトラックを ASND ファイルにパッケージ化し、他のソフトウェアコンポーネントと簡単に共有できます。

Adobe Creative Suite 製品間の連携

Adobe Creative Suite の他のコンポーネントから Soundbooth に直接移動して、オーディオの作成、クリーンアップ、または機能強化を行うことができます。非破壊編集に対応した ASND 形式のファイルは、Flash Professional、Adobe Premiere Pro、またはAfter Effects でそのまま読み込むことができます。また、キューマーカーを FLV または XML ファイルとして出力できるため、プロジェクトに合わせたサウンド調整がさらに簡単になりました。

スピーチ検索

強力な音声認識技術を利用して、Soundbooth でファイル内のオーディオをすばやく検索し、素材やクリップを見つけることができます。

オーディオの編集や加工をスピーディに

サウンドの修復(ポップ、クリック、およびその他の不要なノイズの削除)、およびボリュームレベルの一致をすばやく簡単に行うことができます。高品質なオーディオフィルターのライブラリを使用し、効果音を作成したりリバーブを追加したりして、その場の雰囲気に、より合わせることができます。効率的なマスタリングツールを使用して、会話部分をクリアでインパクトあるサウンドに仕上げることができます。

周波数スペクトル表示

スペクトル表示の隣に周波数目盛が表示され、オーディオファイルの内容が、さらにわかりやすくなっています。

高品質なオーディオエフェクト

リバーブ、エコー、EQ、ピッチシフト、タイムストレッチ、ディストーション、コーラスなど豊富なオーディオフィルターを搭載して、サウンド制作をサポートします。複数のエフェクトをかける場合でも、エフェクトラックでフィルターごとに設定、より個性のあるオーディオエフェクトが利用できます。

カット、コピー、ペーストによる迅速な編集

強力なツールの数々を使用して、オーディオ素材のカット、コピー、ペースト、フェード、ストレッチをサンプル精度で正確に行えます。

取り消しヒストリーパネル

取り消しヒストリーパネルを使用して、操作を簡単に元に戻したり、やり直したりできます。

ビデオファイルのオーディオを編集

MPEG、QuickTime、AVI、WMV などのビデオファイルを開いて、それらのファイルのオーディオを編集およびクリーンアップできます。

↑ top

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー