問題

JRun 4 アップデータ 7 に含まれている DataDirect ドライバ 3.6 は Oracle 10g RAC をサポートしています。

 

解決方法 

  1. JRun 管理コンソールを使用してリソース/JDBC データソース」からデータソースを作成します。
  2. 「データベースドライバ」 ドロップダウンリストから「リストなし」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。
  3. JRun 4 アップデータ 7 で Oracle 10g RAC に接続するため、以下の設定を行います。

JDBC URL jdbc:macromedia:oracle://hostname:port;ServiceName=servicename;AlternateServers=(alternatehostname:port);ConnectionRetryCount=2;ConnectionRetryDelay=5 

(servicename は、一般的にデータベース名とドメイン名で構成された名前です。RAC システムのノードは一般サービス名を共有するため、servicename は Oracle RAC への接続を指定するために使用されます。AlternateServers は、コンマ区切りのサーバーとポートのリストです。)

ドライバクラス macromedia.jdbc.MacromediaDriver

ユーザー名 データベースに定義されているユーザー

パスワード 当該ユーザーのパスワード

 

追加情報

DataDirect の Oracle RAC における機能の詳細につきましては、DataDirect 社のサイト(*) をご確認下さい。

http://www.datadirect.com/developer/jdbc/jdbc_with_rac/index.ssp 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー