2019 年 8 月 4 日から有効

Adobe Experience Manager Managed Services のバージョン 6.3 または、2018 年 4 月 4 日以前のバージョンをライセンス購入されているお客様向けの製品の説明は、こちらをご覧ください。

Adobe Experience Manager Managed Services(AEM Managed Services)

Adobe Experience Manager Sites 6.5 (AEM Sites) とは

AEM Sites は、デジタルでのクロスチャネル顧客エクスペリエンスを提供するための、コンテンツとエクスペリエンス管理プラットフォームです。AEM Sites により、企業はあらゆるチャネルにわたる大規模なデジタルエクスペリエンスの構築と管理を行うことができます。

製品およびサービス

ライセンス指標

AEM Sites Managed Services Basic

AEM Sites Managed Services Basic 基本パッケージ単位

AEM Sites Managed Services Enterprise

AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ単位

AEM Sites Managed Services:製品の制限

1.  AEM Sites Managed Services Basic

ライセンス。AEM Sites Managed Services Basic の AEM デプロイメントごとに個別の AEM Sites Managed Services Basic 基本パッケージのライセンスが必要です。AEM Sites Managed Services Basic には、AEM Assets の Media Library 機能の使用が含まれています。

AEM Sites Managed Services Basic 基本パッケージとは、適用されるセールスオーダーに記載されている下記のいずれかの構成を指します。

(a)AEM サイト:MS Basic 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 1 つ、ディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼動率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:1.5 テラバイト
  • 3 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 3 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:300 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:150 ギガバイト/月
    • バックアップ:300 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 10 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:3,000,000
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Basic で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Basic で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(b)AEM Sites:MS Basic HR 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 2 つ、ディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:750 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1.5 テラバイト/月
    • バックアップ:2.25 テラバイト
  • 5 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 5 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:250 ギガバイト/月
    • バックアップ:500 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 20 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:5,000,000
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Basic HR で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Basic HR で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

2.  AEM Sites Managed Services Enterprise

ライセンス。 AEM Sites Managed Services Enterprise の AEM デプロイメントごとに個別の AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージのライセンスが必要です。 AEM Sites Managed Services Enterprise には、AEM Assets の Media Library 機能の使用が含まれています。

AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージとは、適用されるセールスオーダーに記載されている下記のいずれかの構成を指します。

(a)AEM Sites:MS Enterprise 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 1 つ、ディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:1.5 テラバイト
  • 3 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 3 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:300 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:150 ギガバイト/月
    • バックアップ:300 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:5,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(b)AEM サイト:MS Enterprise HR 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 2 つ、ディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:750 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1.5 テラバイト/月
    • バックアップ:2.25 テラバイト
  • 5 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 5 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:250 ギガバイト/月
    • バックアップ:500 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:5,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Enterprise HR で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Enterprise HR で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(c)AEM サイト:MS Enterprise 99.9%。次が含まれます。

  • 実稼働環境での使用するパブリッシュインスタンス 2 つ、ディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:750 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1.5 テラバイト/月
    • バックアップ:2.25 テラバイト
  • 5 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 5 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:250 ギガバイト/月
    • バックアップ:500 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:5,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(d)AEM サイト:MS Enterprise 99.95%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 4 つとディスパッチャーインスタンス 4 つの最低稼働率 99.95%。
  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:3 テラバイト/月
    • バックアップ:4.5 テラバイト
  • 10 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 10 個。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:1 テラバイト
    • ネットワーク I/O:500 ギガバイト/月
    • バックアップ:1 テラバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:8,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(e)AEM サイト:MS Enterprise 99.99%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 4 つとディスパッチャーインスタンス 4 つの最低稼働率 99.99%。
  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:3 テラバイト/月
    • バックアップ:4.5 テラバイト
  • ステージング環境で使用するオーサーインスタンス 2 つ、パブリッシュインスタンス 4 つ、ディスパッチャーインスタンス 4 つの最低稼働率 99.0%。
  • すべてのステージング環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:3 テラバイト/月
    • バックアップ:4.5 テラバイト
  • 10 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 10 個。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:1 テラバイト
    • ネットワーク I/O:500 ギガバイト/月
    • バックアップ:1 テラバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • 月あたりの最大アクティビティ数:8,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services Enterprise で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

Adobe Experience Manager Assets 6.5 (AEM Assets) とは

AEM Assets は、Adobe Experience Manager プラットフォームと統合されたデジタルアセット管理ツールです。お客様はデジタルアセットを共有および配布できます。ユーザーは画像、ビデオ、文書、オーディオクリップ、リッチメディアを管理、保存、利用して、Web 上、印刷物、デジタル配信に使用できます。

製品およびサービス

ライセンス指標

AEM Assets Managed Services Basic

AEM Assets Managed Services Basic 基本パッケージ単位

AEM Assets Managed Services Enterprise

AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージ単位

AEM Assets Managed Services:製品の制限

1.  AEM Assets Managed Services Basic

ライセンス。AEM Assets Managed Services Basic の AEM Deployment ごとに個別の AEM Assets Managed Services Basic 基本パッケージのライセンスが必要です。AEM Assets Managed Services Basic には、コンテンツフラグメント、エクスペリエンスフラグメント、およびコンテンツサービスの使用は含まれていません。

AEM Assets Managed Services Basic 基本パッケージとは、適用されるセールスオーダーに記載されている下記のいずれかの構成を指します。

(a)AEM Assets:MS Basic 99.5% - 1 TB。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するエクストララージオーサーインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1 テラバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:3 テラバイト
  • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:200 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:100 ギガバイト/月
    • バックアップ:200 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 10 ユーザー
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • Brand Portal の使用。Brand Portal 最大ユーザー数:200、オンデマンドストレージ:最大 1 テラバイト
    • スマートコンテンツサービスの使用、および
    • AEM Asset Managed Services Basic 内で管理されている顧客コンテンツ使用の監視のみを目的とした、顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。

(b)AEM Assets:MS Basic 99.5% - 2.5 TB。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するエクストララージオーサーインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:2.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:7.5 テラバイト
  • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:200 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:100 ギガバイト/月
    • バックアップ:200 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 15 ユーザー
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • Brand Portal の使用。Brand Portal 最大ユーザー数:500、オンデマンドストレージ:最大 2.5 テラバイト
    • スマートコンテンツサービスの使用、および
    • AEM Asset Managed Services Basic 内で管理されている顧客コンテンツ使用の監視のみを目的とした、顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。

(c) AEM Assets:MS Basic 99.5% - 5 TB。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するエクストララージオーサーインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:15 テラバイト
  • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:200 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:100 ギガバイト/月
    • バックアップ:200 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 20 ユーザー
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • Brand Portal の使用。Brand Portal 最大ユーザー数:1,000、オンデマンドストレージ:最大 5 テラバイト
    • スマートコンテンツサービスの使用、および
    • AEM Asset Managed Services Basic 内で管理されている顧客コンテンツ使用の監視のみを目的とした、顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。

2.  AEM Assets Managed Services Enterprise

ライセンス。 AEM Assets Managed Services Enterprise の AEM デプロイメントごとに個別の AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージのライセンスが必要です。AEM Assets Managed Services Enterprise には、コンテンツフラグメント、エクスペリエンスフラグメント、およびコンテンツサービスの使用は含まれていません。

AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージとは、適用されるセールスオーダーに記載されている下記のいずれかの構成を指します。

(a)AEM Assets:MS Enterprise 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するエクストララージオーサーインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:最大容量は、セールスオーダーの AEM Assets Managed Services Enterprise SKU の説明に記載されている Managed Services Asset ストレージのテラバイト数。
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:実稼働環境ストレージの 3 倍の容量。
  • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:200 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:100 ギガバイト/月
    • バックアップ:200 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • Brand Portal の使用。Brand Portal 最大ユーザー数:1,000、オンデマンドストレージ:最大 10 テラバイト
    • スマートコンテンツサービスの使用、および
    • AEM Asset Managed Services Enterpris 内で管理されている顧客コンテンツ使用の監視のみを目的とした、顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。

(b)AEM Assets:MS Enterprise 99.9%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するエクストララージオーサーインスタンス 2 つとディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:最大容量は、セールスオーダーの AEM Assets Managed Services Enterprise SKU の説明に記載されている Managed Services Asset ストレージのテラバイト数。
    • ネットワーク I/O:2 テラバイト/月
    • バックアップ:実稼働環境ストレージの 3 倍の容量。
  • 4 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 4 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:400 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:200 ギガバイト/月
    • バックアップ:400 ギガバイト
  • 同時利用ユーザー数:最大 40 ユーザー
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • Brand Portal の使用。Brand Portal 最大ユーザー数:1,000、オンデマンドストレージ:最大 10 テラバイト
    • スマートコンテンツサービスの使用、および
    • AEM Asset Managed Services Enterpris 内で管理されている顧客コンテンツ使用の監視のみを目的とした、顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。

Adobe Experience Manager Forms 6.5 (AEM Forms) とは

AEM Forms は、お客様が情報を取り込んで処理し、パーソナライズされたコミュニケーションを配信し、情報を保護および追跡できる、エンタープライズドキュメントおよびフォームのプラットフォームです。AEM Forms は、デスクトップ、ラップトップ、スマートフォン、タブレットを所持するユーザーにサービスのアクセスを広げ、ビジネスプロセスからモバイル勤務、クライアントまで拡大しています。

製品およびサービス

ライセンス指標

AEM Forms Managed Services Basic

AEM Forms Managed Services Basic 基本パッケージ単位

AEM Forms Managed Services Enterprise

AEM Forms Managed Services Enterprise 基本パッケージ単位

AEM Forms Managed Services:製品の制限

1.  AEM Forms Managed Services Basic

ライセンス。AEM Forms Managed Services Basic の AEM デプロイメントごとに個別の AEM Forms Managed Services Basic 基本パッケージのライセンスが必要です。AEM Forms Managed Services Basic には、AEM Assets の Media Library 機能の使用が含まれています。AEM Forms Managed Services Basic は、AEM Forms の使用許諾制限に従います。

AEM Forms: Managed Services Basic 基本パッケージとは、適用されるセールスオーダーに記載されている下記 2 つのうちいずれかの構成を指します。

(a)AEM Forms:MS Basic 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 1 つ、ディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:1.5 テラバイト
  • 3 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 3 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:300 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:150 ギガバイト/月
    • バックアップ:300 ギガバイト
  • 年間最大フォーム提出回数:100,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:1,000,000
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Basic によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Basic によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(b)AEM Forms:MS Basic HR 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 2 つ、ディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:750 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1.5 テラバイト/月
    • バックアップ:2.25 テラバイト
  • 5 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 5 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:250 ギガバイト/月
    • バックアップ:500 ギガバイト
  • 年間最大フォーム提出回数:300,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:3,000,000
  • サービスティア 1
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Basic HR によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Basic HR によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

2.  AEM Forms Managed Services Enterprise

ライセンス。 AEM Forms Managed Services Enterprise の AEM デプロイメントごとに個別の AEM Forms Managed Services Enterprise 基本パッケージのライセンスが必要です。AEM Forms Managed Services Enterprise には、AEM Assets の Media Library 機能の使用が含まれています。AEM Forms Managed Services Enterprise は、AEM Forms の使用許諾制限に従います。

AEM Forms Managed Services Enterprise 基本パッケージとは、適用されるセールスオーダーに記載されている下記のいずれかの構成を指します。

(a)AEM Forms:MS Enterprise 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 1 つ、ディスパッチャーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.5%。
  •  すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1 テラバイト/月
    • バックアップ:1.5 テラバイト
  • 3 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 3 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:300 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:150 ギガバイト/月
    • バックアップ:300 ギガバイト
  •  年間最大フォーム提出回数:750,000
  •  年間最大ドキュメントレンダリング回数:10,000,000
  •  サービスティア 2
  •  以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(b)AEM Forms:MS Enterprise HR 99.5%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つ、パブリッシュインスタンス 2 つ、ディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:750 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1.5 テラバイト/月
    • バックアップ:2.25 テラバイト
  • 5 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 5 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:250 ギガバイト/月
    • バックアップ:500 ギガバイト
  • 年間最大フォーム提出回数:1,000,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:15,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise HR によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise HR によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(c)AEM Forms:MS Enterprise 99.9%。次が含まれます。

  • 実稼働環境での使用するパブリッシュインスタンス 2 つ、ディスパッチャーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 1 つの最低稼働率 99.5%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:750 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:1.5 テラバイト/月
    • バックアップ:2.25 テラバイト
  • 5 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 5 つ。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:500 ギガバイト
    • ネットワーク I/O:250 ギガバイト/月
    • バックアップ:500 ギガバイト
  • 年間最大フォーム提出回数:2,000,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:30,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(d)AEM Forms:MS Enterprise 99.95%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 4 つとディスパッチャーインスタンス 4 つの最低稼働率 99.95%。
  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:3 テラバイト/月
    • バックアップ:4.5 テラバイト
  • 10 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 10 個。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:1 テラバイト
    • ネットワーク I/O:500 ギガバイト/月
    • バックアップ:1 テラバイト
  • 年間最大フォーム提出回数:5,000,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:90,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

(e)AEM Forms:MS Enterprise 99.99%。 次が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 4 つとディスパッチャーインスタンス 4 つの最低稼働率 99.99%。
  • 実稼働環境で使用するオーサーインスタンス 2 つの最低稼働率 99.9%。
  • すべての実稼働環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:3 テラバイト/月
    • バックアップ:4.5 テラバイト
  • ステージング環境で使用するオーサーインスタンス 2 つ、パブリッシュインスタンス 4 つ、ディスパッチャーインスタンス 4 つの最低稼働率 99.0%。
  • すべてのステージング環境のオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンス全体の総容量
    • ストレージ:1.5 テラバイト
    • ネットワーク I/O:3 テラバイト/月
    • バックアップ:4.5 テラバイト
  • 10 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 10 個。
  • すべてのステージインスタンス全体の総容量:
    • ストレージ:1 テラバイト
    • ネットワーク I/O:500 ギガバイト/月
    • バックアップ:1 テラバイト
  • 年間最大フォーム提出回数:10,000,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:200,000,000
  • サービスティア 2
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services Enterprise によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

アドオン

製品およびサービス

ライセンス指標

アドオン製品およびサービスの適用性

AEM Assets アドオン

デプロイメント単位

AEM Sites または AEM Forms

Asset Share

パッケージ単位 AEM Assets Enterprise

AEM Forms アドオン

デプロイメント単位

AEM Sites または AEM Assets

AEM Forms 追加ライセンスの許容

パッケージ単位

AEM Forms Enterprise

AEM Screens Standard

Player 単位

AEM Sites Enterprise または AEM Assets Enterprise

AEM Screens Premium

Player 単位

AEM Sites Enterprise または AEM Assets Enterprise

AEM Sites アドオン

デプロイメント単位

AEM Assets または AEM Forms

Commerce

デプロイメント単位

AEM Sites(99.5% SLA 除く)または AEM Assets Enterprise 99.9% SLA

同時利用ユーザー

デプロイメント単位

AEM Sites Enterprise または AEM Assets Enterprise

開発 (QA) インスタンス デプロイメント単位 AEM Sites、AEM Assets または AEM Forms

Document Security

受信者単位

AEM Forms Enterprise

ダイナミックメディアとビデオ
オンデマンドサービス

年間ページビュートラフィック

AEM Assets または AEM Assets アドオン

Analytics による強化されたインサイト        オンデマンドサービス パッケージ単位 AEM Sites
Target による強化されたパーソナライゼーションオンデマンドサービス パッケージ単位 AEM Sites

セキュリティ強化

オーダー単位

AEM Sites Enterprise、AEM Assets Enterprise または AEM Forms Enterprise

Image Authoring Work Station
オンプレミスソフトウェア

インスタンス単位

AEM Assets

JEE ワークフロー

デプロイメント単位

AEM Forms Enterprise

Personalized Media
オンデマンドサービス

年間ページビュートラフィック

AEM Assets または AEM Assets アドオン

稼働能力管理

パッケージ単位

AEM Sites 、AEM Assets Enterprise または AEM Forms Enterprise

マネージドストレージ

250 ギガバイトパック単位

AEM Sites、AEM Forms または AEM Assets アドオン

ステージ インスタンス インスタンス単位 AEM Sites、AEM Assets または AEM Forms

コンテンツ配信ネットワーク

500 ギガバイトパック単位

マネージドサービス

アドオン:製品の制限

AEM Assets アドオン。 AEM Assets Add-on Deployments は AEM Sites Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、あるいは AEM Forms Managed Services Baisc または Enterprise の基本パッケージのライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加することができます。  AEM Assets Add-on Deployments には以下が含まれます。

  • AEM Assets が追加されている AEM Sites Managed Services 基本パッケージまたは AEM Forms Managed Services 基本パッケージの実稼働環境の最低稼働率を適用。
  • AEM Assets が追加されている AEM Sites Managed Services 基本パッケージまたは AEM Forms Managed Services 基本パッケージの、実稼働環境オーサーインスタンスでの 2 vCPU の増加、および非実稼働環境オーサーインスタンスでの 2 vCPU の増加。
  • 最大同時利用ユーザー数は、AEM Assets が追加されている AEM Sites Managed Services 基本パッケージで権限を持つ同時利用ユーザーの総数、または AEM Forms Managed Services 基本パッケージに AEM Assets が追加される場合は、最大 40 名まで。
  • 最大 1 テラバイトの Managed Services アセットストレージ
  • 最大 3 テラバイトのバックアップ
  • サービスティアは、AEM Assets が追加されている AEM Sites Managed Services 基本パッケージまたは AEM Forms Managed Services 基本パッケージの実稼働環境のサービスティアを適用。
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • Brand Portal の使用。Brand Portal 最大ユーザー数:200、オンデマンドストレージ:最大 1 テラバイト
    • スマートコンテンツサービスの使用、および
    • AEM Asset Managed Services 内で管理されている顧客コンテンツ使用の監視のみを目的とした、顧客サイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。

Asset Share。 Asset Share パッケージは、ライセンス済みの AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージの AEM デプロイメントにのみ追加できます。Asset Share 用に含まれている AEM サイト機能は、「Asset Share ページ」 (関連メタデータに基づいてアセットを検索するために使用されるページ) の作成を含め、お客様の Asset Share の使用を促進するためにのみ使用できます。「Asset Share ページ」は、AEM Assets 内に格納されている顧客のデジタルアセットを内部グループおよび外部グループに配信するのを促すためのものです (Asset Share ページへのアクセスはユーザーに限定されません)。

Asset Share パッケージには以下が含まれます。

  • 実稼働環境で使用するエクストララージパブリッシュインスタンス 1 つと、必要に応じてディスパッチャーインスタンス 1 つ。
  • 非実稼働環境で使用するエクストララージステージインスタンス 1 つと、必要に応じてステージインスタンス 1 つ。

AEM Forms アドオン。 AEM Forms アドオンデプロイメント は AEM Sites Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、あるいは AEM Assets Managed Services Baisc または Enterprise の基本パッケージのライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加することができます。AEM Forms アドオンデプロイメント は、AEM Forms の使用許諾制限に従います。AEM Forms Add-on Deployments には以下が含まれます。

  • AEM Forms が追加されている AEM Assets Managed Services 基本パッケージまたは AEM Sites Managed Services 基本パッケージの実稼働環境の最低稼働率を適用。
  • AEM Assets Managed Services Basice または Enterprise 基本パッケージに追加の場合、実稼働環境で使用の追加のパブリッシュインスタンス 1 つ、および非実稼働環境で使用の追加のステージインスタンス 1 つ。
  • 最大同時利用ユーザー数は、AEM Forms が追加されている AEM Assets Managed Services 基本パッケージ、または AEM Sites Managed Services 基本パッケージで権限を持つ同時利用ユーザーの総数。
  • 年間最大フォーム提出回数:100,000
  • 年間最大ドキュメントレンダリング回数:1,000,000
  • サービスティアは、AEM Forms が追加されている AEM Assets Managed Services 基本パッケージまたは AEM Sites Managed Services 基本パッケージの実稼働環境のサービスティアを適用。
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services によって作成され管理されている、適応フォームまたはインタラクティブコミュニケーション(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • 顧客サイトの定義を満たす AEM Forms Managed Services によって作成され管理されている、適応フォームまたはドキュメント(例えば、デバイスのレイアウトに対応する、または必要に応じてフォームやドキュメントの関連するセクションを自動的に表示する、キャプチャまたは表示用の HTML 変換)での、Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

AEM Forms 追加ライセンスの許容。 Asset Forms 追加ライセンス許容パッケージは、AEM Forms Managed Services Enterprise 基本パッケージのライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加することができます。AEM Forms 追加ライセンスの許容パッケージには、以下が含まれます。

  • 追加の年間フォーム提出回数:1,000,000
  • 追加の年間ドキュメントレンダリング回数:15,000,000

AEM Screens Standard。 AEM Screens Standard は AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ、あるいは AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージのライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加することができます。AEM Screens Standard は、スケジュールされた日時に AEM Screens から Player へ送られた動画や画像コンテンツを管理する目的でのみ、使用できます。AEM Screens Standard には、インテリジェントコンテンツ、インタラクティブコンテンツ、パーソナライズドコンテンツ、あるいは動的なコンテンツを管理する権利は含まれません。AEM Screens Standard は、Player 毎にライセンス供与されるため、AEM Screens Standard の機能またはその一部が現在使用されている、あるいは(継続して使用されていないが)以前使われていた、Player の総数と同じ数をライセンスする必要があります。AEM Screens Standard には、Player は含まれていません。AEM Screens Standard が AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージに追加された場合は、AEM Screens Starndard には、お客様の AEM Screens Standard の利用を促す目的でのみ使用できる AEM Sites の機能が含まれます。AEM Sites Managed Services Enterprise または AEM Assets Managed Services Enterprise に追加された AEM Screens Standard の最低稼働率は、99.5% です。Adobe は、独自の裁量で、AEM Screens Standard を Managed Services 環境の別の AEM デプロイメントで実行する場合があります。

AEM Screens Premium。 AEM Screens Premium は AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ、あるいは AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージのライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加することができます。AEM Screens Premium には、AEM Screens スタンダードのすべての機能が含まれます。また、インテリジェントコンテンツ、インタラクティブコンテンツ、パーソナライズドコンテンツ、あるいは表示するかどうかの決定の自動化が必要な動的コンテンツの管理にも使用することができます。AEM Screens Premium は、Player 毎にライセンス供与されるため、AEM Screens Premium の機能またはその一部が現在使用されている、あるいは(継続して使用されていないが)以前使われていた、Player の総数と同じ数をライセンスする必要があります。AEM Screens Premium には、Player は含まれていません。AEM Screens Premium が AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージに追加された場合は、AEM Screens Premium には、お客様の AEM Screens Premium の利用を促す目的でのみ使用できる AEM Sites の機能が含まれます。AEM Screens Premium には、インタラクティブアプリケーションまたはタッチアプリケーションを有効にする機能があります。AEM Sites Managed Services Enterprise または AEM Assets Managed Services Enterprise に追加された AEM Screens Premium の最低稼働率は、99.5% です。Adobe は、独自の裁量で、AEM Screens Premium を Managed Services 環境の別の AEM デプロイメントで実行する場合があります。

AEM Sites アドオン。 AEM Sites アドオンデプロイメントは、AEM Assets Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、あるいは AEM Forms Managed Services Baisc または Enterprise の基本パッケージのライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加することができます。AEM Sites アドオンデプロイメント には以下が含まれます。

  • AEM Assets が追加されている AEM Assets Managed Services 基本パッケージまたは AEM Forms Managed Services 基本パッケージの実稼働環境の最低稼働率を適用。
  • AEM Assets Managed Services Basice または Enterprise 基本パッケージに追加の場合、実稼働環境で使用の追加のパブリッシュインスタンス 1 つ、および非実稼働環境で使用の追加のステージインスタンス 1 つ。
  • 最大同時利用ユーザー数は、AEM Sites が追加されている AEM Assets Managed Services 基本パッケージで権限を持つ同時利用ユーザーの総数、または AEM Forms Managed Services 基本パッケージに AEM Sites が追加されている場合は、最大 40 名まで。
  • 月あたりの最大アクティビティ数:3,000,000
  • サービスティアは、AEM Sites が追加されている AEM Assets Managed Services 基本パッケージ、または AEM Forms Managed Services 基本パッケージの実稼働環境のサービスティアを適用。
  • 以下の同梱オンデマンドサービス:
    • AEM Sites Managed Services で管理されているお客様のサイト上での Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用。
    • AEM Sites Managed Services で管理されている顧客サイト上での Adobe Experience Targeting 配布コードの使用。

Commerce。 Commerce デプロイメントは、ライセンス済みの、AEM Sites Managed Services Basic 基本パッケージ (AEM Sites Managed Services Basic 99.5% の構成を除く)、AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ(AEM Sites Managed Services Enterprise 99.5% の構成を除く)、AEM Assets Managed Services Enterprise 99.9% 基本パッケージの AEM デプロイメントにのみ追加できます。

同時利用ユーザー。 同時利用ユーザーは、ライセンス済みの AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ、あるいは AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージの AEM デプロイメントにのみ追加できます。  同時利用ユーザーデプロイメント には以下が含まれます。

  • 同時利用ユーザーインスタンスが追加されている AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ、または AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージの実稼働環境のオーサーインスタンスに vCPU 2 つを追加。
  • 同時利用ユーザーデプロイメントが追加されている、AEM Sites Managed Services Enterprise 基本パッケージ、または AEM Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージで権限を持つ同時利用ユーザー数に、さらに最大で 40 名までの増加可能。

コンテンツ配信ネットワーク。 コンテンツ配信ネットワークサービスは、Amazon Web Services にデプロイされた AEM Managed Services Enterprise 基本パッケージにのみ追加できます。

開発 (QA) インスタンス。開発 (QA) インスタンスは、ライセンス済みの AEM Sites/Assets/Forms Managed Services 基本パッケージの非実稼働フェーズの AEM Deployment にのみ追加できます。AEM Assets Managed Services の機能を実行するために単独で使用することはできません。

Document Security。 Document Security は、ライセンス済みの AEM Forms Managed Services Enterprise 基本パッケージの AEM デプロイメントにのみ追加できます。各受信者は、1 つの AEM デプロイメントごとにライセンス認証されます。お客様は、Document Security で処理された電子ファイルの表示に使用するソフトウェアに表示されるプライバシーやトラッキングに関する電子通知や対話ボックスを、無効にしたり変更したりすることはできません。Document Security は、最低でも受信者 1,000 人でライセンス購入する必要があります。Document Security には、実稼働環境で使用の 1 つの処理インスタンスが含まれます。AEM Forms Managed Services Enterprise に追加された Document Security の最低稼働率は、99.5% です。

ダイナミックメディアとビデオ。 ダイナミックメディアとビデオは、ライセンス済みの AEM Assets Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、あるいは AEM Assets アドオンの AEM デプロイメントにのみ追加できます。ダイナミックバナーテンプレートの使用は、セグメント化された使用に制限され、1 対 1 のパーソナライゼーションには使用できません。発信元サーバーのバナーの要求は、そのアカウントの合計要求数の 30%を超えることはできません。発信元の要求が合計要求数の 30%を超えた場合、お客様は、パーソナライズされたメディアのアドオンを購入する必要があります。Dynamic Media and Video には、計 60 GB のオンデマンドストレージが付属します。Dynamic Media and Video に含まれる一部の機能へのアクセスは、Adobe Scene7 または Dynamic Media Classic のブランド名が入った代替インターフェイスを介して提供されることがあります。Adobe は独自の判断により、代替インターフェイスのブランドを更新し、かかる機能を単一アクセスのインターフェイスに統合することがあります。

利用可能化メンバー。 利用可能化メンバーは、ライセンス済みの AEM Communities の AEM デプロイメントにのみ追加できます。利用可能化メンバーライセンスを同時に、または複数のユーザーで使用することはできません(同じログイン ID を複数の利用可能化メンバーまたはコンピューターで同時に使用することはできません)。

Analytics による強化されたインサイト。Analytics による強化されたインサイトは、AEM Sites のライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加できます。Analytics による強化されたインサイトには、1 ヶ月あたり最大 1000 万回のプライマリサーバー呼び出しとセカンダリサーバー呼び出しが含まれます。Analytics による強化されたインサイトは、Adobe Analytics のライセンス、または AEM Managed Services の HIPAA 対応デプロイメントのライセンスを保持しているお客様は使用できません。Analytics による強化されたインサイトには、強化されたインサイトのライセンスの制限が適用されます。

Analytics による強化されたインサイトによって収集された顧客データは、オンデマンドサービス環境の AEM Managed Services 外に保存されます。ただし、AEM Managed Services 内のレポート機能で利用するために、顧客データが AEM Managed Services 内で複製されて保存される場合があります。

Target による強化されたパーソナライゼーション。Target による強化されたパーソナライゼーションは、AEM Sites のライセンスがある AEM デプロイメントにのみ追加できます。Target による強化されたパーソナライゼーションには、Adobe Experience Cloud ユーザーインターフェイスのターゲットセクションで使用可能な次のコンポーネントと機能が備わっています:自動配分機能が強化された A/B テスト、多変量テスト (MVT)、ルールに基づくターゲティング、ジオターゲティング、サーバー側最適化 (または API による最適化)。これらの機能は、年あたり最大 1,000 万ページビューのブラウザーベースのチャネル (デスクトップ Web およびモバイル Web) の最適化のために使用されます。Target による強化されたパーソナライゼーション は、Adobe Target のライセンス、または AEM Managed Services の HIPAA 対応デプロイメントのライセンスを保持しているお客様は使用できません。

Target による強化されたパーソナライゼーションによって収集された顧客データは、オンデマンドサービス環境の AEM Managed Services 外に保存されます。

セキュリティ強化。セキュリティ強化は、ライセンス済みの AEM Sites/Forms/Assets Managed Services Enterprise 基本パッケージの AEM デプロイメントにのみ追加できます。

画像オーサリングワークステーション。画像オーサリングワークステーションインスタンスは、ライセンス済みの AEM Assets Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、あるいは AEM Assets アドオンの AEM デプロイメントにのみ追加できます。お客様は、複数のコンピューターが画像オーサリングワークステーションを使用またはアクセスできる、または複数のユーザーが画像オーサリングワークステーションを使用できる、サーバー、共有またはホストされるシステムに画像オーサリングワークステーションをインストールすることはできません。

JEE ワークフロー。JEE ワークフローデプロイメントは、ライセンス済みの AEM Forms Managed Services Enterprise 基本パッケージの AEM デプロイメントにのみ追加できます。JEE ワークフローは、HTML ワークスペースと AEM Forms JEE ワークフロー機能のみサポートしています。詳細は、https://helpx.adobe.com/experience-manager/6-3/forms/using/capabilities-osgi-jee-workflows.html をご覧ください。JEE ワークフローアドオンに含まれる Adobe AEM Workbench のコピーは、JEE ワークフローアドオンと連動した使用でお客様のデスクトップ PC またはノート PC でのみ使用できます。これらの使用は、追加のデプロイメントとしてカウントされません。JEE ワークフローデプロイメントには、実稼働環境で使用するための 1 つの処理インスタンスと、非実稼働環境で使用するための 1 つのステージインスタンスが含まれます。AEM Forms Managed Services Enterprise に追加された JEE ワークフローデプロイメントの最低稼働率は、99.5% です。

パーソナライズされたメディア。 パーソナライズされたメディアは、ライセンス済みの AEM Assets Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、あるいは AEM Assets アドオンの AEM デプロイメントにのみ追加できます。パーソナライズされたメディアには、60 ギガバイトの統合オンデマンドストレージが提供されています。パーソナライズドメディアに含まれるダイナミックメディアとビデオの機能(ダイナミックメディアとビデオのライセンスとは別にライセンスされている場合)は、Visual Configurator およびパーソナライズドメディアの 1 対 1 テンプレートコンポーネントをお客様に使用可能にするための目的でのみ使用できます。パーソナライズされたメディアに含まれる一部の機能へのアクセスは、Adobe Scene7 または Dynamic Media Classic のブランド名が入った代替インターフェイスを介して提供されることがあります。アドビは独自の判断により、代替インターフェイスのブランドを更新し、かかる機能を単一アクセスのインターフェイスに統合することがあります。

稼働能力管理。稼働能力管理パッケージには下記が含まれます。

  • AEM Sites Managed Services Basic の AEM デプロイメントの場合
    • 月あたりの最大アクティビティ数:1,000,000。AEM Sites Managed Services Basic の AEM デプロイメントのお客様がライセンスを保有するManaged Production Capacity パッケージの総数は、AEM Sites:MS Basic 99.5% (合計 1,700 万の追加アクティビティ) で 17 パッケージ、AEM Sites:MS Basic HR 99.5% (合計 1,500 万件の追加アクティビティ) で 15 パッケージに制限されています。
  • AEM Sites:MS Enterprise 99.5%、AEM Sites:MS Enterprise HR 99.5%、AEM Sites:MS Enterprise 99.9%、および AEM Sites:MS Enterprise 99.95% 用に構成された AEM Sites Managed Services Enterprise の AEM デプロイメントの場合:
    • 月あたりの最大アクティビティ数:20,000,000
    • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つ。
    • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • AEM Sites:MS Enterprise 99.99% 用に構成された AEM Sites Managed Services の AEM デプロイメント
    • 月あたりの最大アクティビティ数:20,000,000
    • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つ。
    • 非実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つ。
    • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • AEM Froms Managed Services Enterprise の AEM デプロイメントの場合
    • 実稼働環境で使用するパブリッシュインスタンス 1 つとディスパッチャーインスタンス 1 つ。
    • 2 非実稼働環境で使用するステージインスタンス 2 つ。
  • AEM Assets Managed Services Enterprise の AEM デプロイメントの場合
    • 実稼働環境オーサーインスタンスでの 4 vCPU の増加と、非実稼働環境オーサーインスタンスでの 4 vCPU の増加。

マネージドストレージ。 ストレージ管理は、AEM Sites Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、AEM Forms Managed Services Basic または Enterprise の基本パッケージ、AEM Sites Managed Services または AEM Forms Managed Services への AEM Assets アドオンがライセンスされている、AEM デプロイメントにのみ追加できます。ストレージ管理は、AEM Sites Managed Services または AEM Forms Managed Services への AEM Assets アドオンに追加されている場合は、1.5 テラバイトに制限されます。

ステージ インスタンス。ステージインスタンスは、ライセンス済みの AEM Sites/Assets/Forms Managed Services 基本パッケージの非実稼働フェーズの AEM Deployment にのみ追加できます。AEM Assets Managed Services の機能を実行するために単独で使用することはできません。AEM Sites/Assets/Forms Managed Services 基本 BASE パッケージがライセンスされている AEM デプロイメントにステージインスタンスを追加する場合、それぞれの AEM Sites Managed Services Basic 基本パッケージ、AEM Assets Managed Services Basic 基本パッケージ、または AEM Forms Managed Services 基本パッケージの一部としてデプロイされた作成者インスタンス、パブリッシュインスタンス、ディスパッチャーインスタンスの合計数と同数のステージインスタンスのライセンスが必要です。

定義

アクティビティ: お客様のサイトへコンテンツやデータを配信するための、AEM Sites Managed Services への呼び出し(ページビュー、離脱リンク、ダウンロード、顧客リンク、API コール、その他顧客サイトで発生したイベントを含むが、これらに限定されるものではない)。各呼び出しは、1 つのアクティビティとしてカウントされます。コンテンツ配信ネットワークへの呼び出しは、アクティビティに含まれません。

月あたりのアクティビティ: 1 ヶ月間の合計アクティビティ数。カスタマイズ無しですぐに使用できる AEM Sites Managed Services は、標準化されたトラフィックパターン(例えば、月平均で 25% を下回るトラフィックスパイクのあるトラフィックパターン)に基づく月あたりの指定されたアクティビティ数(「製品およびサービス」の説明に記載)に対応する仕様となっています。システムパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあるほどに、アクティビティが標準化されたトラフィックパターンを超えて増加すると、Adobe では各四半期毎に最大で 2 週間まで、追加料金なしで、お客様の超過アクティビティに対応するための相応の取り組みを行います。システムパフォーマンスが悪影響を受けない場合、お客様が月あたりのアクティビティ数を上回ることがあります。

Adobe Analytics Essentials:AEM Managed Services の HIPAA 対応済みデプロイメントがライセンスされていない Adobe Analytics のライセンスのないお客様の場合、(i)該当する AEM Managed Services 基本パッケージの定義に記載されている Adobe Analytics Essentials 配布コードの使用と、(ii)該当する AEM Managed Services 基本パッケージ内で利用できるレポート機能の使用。AEM Managed Services および AEM Mobile On-demand Services での Adobe Analytics Essentials の使用は、1 ヶ月あたり 1 億 5,000 万のプライマリサーバー呼び出しを上限とします(お客様の AEM(Sites Managed Services、Assets Managed Services、Forms Managed Services、AEM Mobile On-demand Services)に複数の Adobe Analytics Essentials のデプロイメントがある場合、それらのデプロイメント全体で、1 ヶ月あたり累積 1 億 5,000 万のプライマリサーバー呼び出しが利用できます。この 1 ヶ月あたり 1 億 5,000 万のプライマリサーバー呼び出しは、お客様の Sites Managed Services、Assets Managed Services、Forms Managed Services、AEM Mobile On-demand Services 全体の Adobe Analytics Essentials デプロイメントに分散されます)。Adobe Analytics Essentials では、Adobe Experience Cloud ユーザーインターフェイスにはアクセスできず、関連機能も使用できません。

Adobe Analytics Essentials によって収集された顧客データは、オンデマンドサービス環境の AEM Managed Services 外に保存されます。ただし、AEM Managed Services 内のレポート機能で利用するために、顧客データが AEM Managed Services 内で複製されて保存される場合があります。

Adobe Experience Targeting:AEM Managed Services の HIPAA 対応済みデプロイメントがライセンスされていない Adobe Target のライセンスのないお客様の場合、AEM Managed Services には、該当する AEM Managed Services 基本パッケージの定義に記載されている Adobe Experience Targeting 配布コードの使用と、AEM Managed Services 基本パッケージ内で利用できる Adobe Experience Targeting のルールに基づくターゲット機能の使用。1 ヶ月あたり最大 1 億 5,000 万のページビューが利用できます(AEM 全体(AEM Sites Managed Services や Forms Managed Services)に複数の Adobe Experience Targeting デプロイメントがある場合、そのデプロイメント全体でのお客様の上限が 1 ヶ月あたり累積 1 億 5,000 万のページビューとなります。(1 ヶ月あたり 1 億 5,000 万のページビューは、お客様の Sites Managed Services や Forms Managed Service 全体の Adobe Experience Targeting デプロイメントに分散されます))。Adobe Experience Targeting には、Adobe Experience Cloud ユーザーインターフェイスへのアクセスや関連機能の使用、また A/B テスト機能も含まれていません。

Adobe Experience Targeting によって収集された顧客データは、オンデマンドサービス環境の AEM Managed Services 外に保存されます。

AEM デプロイメント: 独立したオーサーインスタンス、またはリンクされたオーサーインスタンスのクラスター。接続するパブリッシュインスタンスの数に制限はありません。

AEM Forms の使用許諾制限:以下のライセンス制限。

  • AEM Forms ポータル
    • AEM Forms ポータルの一部として含まれる AEM Sites 機能は、Web サイト上のフォームおよびドキュメントの作成、管理、配信にのみ使用できます。これには、フォームとドキュメントの検索、表示、取得、処理に関連する Web ページの作成とカスタマイズ、Web サイトで配信されたドキュメントへのリンクが設定された電子メールのオーサリングなどがあります。お客様は、AEM Forms ポータルの一部として含まれる AEM Sites 機能を使用して、フォームの処理やドキュメントの表示に関連しない Web コンテンツの公開、または Web サイトの管理をすることはできません。
    • Media Library は、フォーム、ドキュメントと通知メール、および関連する AEM Forms ポータルの Web ページの作成に使用できます。一般的なアセットのストレージおよび管理には使用できません。
  • Reader 拡張機能。お客様がライセンスを保有する各 AEM Forms Managed Services Basic または Enterprise 基本パッケージ向け:
    • お客様は、Reader 拡張機能を最大 100 の固有のドキュメントで使用し、それらのドキュメントを数に制限なく受信者にデプロイできます。
    • 受信者へのデプロイメントの直前に PDF フォームのレンダリングエンジンによってレンダリングされたドキュメントでは、お客様は数に制限なく Reader 拡張機能を使用できます。この無制限の使用では、Reader 拡張機能を使用したドキュメントは、PDF フォームのレンダリングエンジンを使用してドキュメントを再度レンダリングしなければ、Web サイトに投稿、または複数の受信者にデプロイできません。
  • フォント。こちらの「印刷および表示のための埋め込みを許可されている」http://www.adobe.com/products/type/font-licensing/additional-license-rights.html に規定されているフォントについては、お客様は、ドキュメントの印刷および表示の用途に限り、AEM Forms での使用のために配布されたフォントソフトウェアのコピーをお客様のドキュメントに埋め込むことができます。
  • AEM Forms Designer。AEM Forms Designer のコピーは、AEM Forms Managed Services と合わせてお客様のデスクトップまたはラップトップコンピューターでのみ使用してください。これらの使用は、追加のインスタンスとしてカウントされません。
  • 電子証明書。お客様の AEM Forms Managed Services の使用に伴う、サードパーティ認証機関が発行するデジタル証明書の購入、使用、信頼性については、お客様独自の判断、リスク、責任を負うものとします。
  • Adobe Acrobat Professional。AEM Forms Managed Services とともにお客様に提供された Adobe Acrobat Professional は、ドキュメントで説明されているように、AEM Forms Managed Services がインストールされたコンピューターにのみインストールし、AEM Forms PDF Generator がプログラムにより Adobe Acrobat Professional にアクセスする仕様の範囲においてのみ間接的に使用できます。
  • 同時利用ユーザー。カスタマイズ無しですぐに使用できる AEM Forms Managed Services の機能は、最大で 40 名の同時利用ユーザーに対応する仕様となっています。

AEM Forms ポータル:AEM Forms Managed Services ととも使用する AEM Sites 機能および Media Library の一部へアクセスできる AEM Forms Managed Services のモジュール。AEM Forms ポータルには適切な数のユーザー指定ライセンスが含まれていますが、そのユーザーの AEM Sites の機能および Media Library の使用権限は AEM Forms ポータルの制限に従って限定されます。ユーザーに、AEM Sites および AEM Assets のすべての機能にアクセスする権限はありません。

AEM Mobile On-demand Services:AEM Mobile On-demand Services ユーザーインターフェイスを使用してアクセスされるマルチテナントサービス。

年間ページビュートラフィック 12 ヶ月間のページビュー数の合計。

オーサーインスタンス:お客様の Web サイトのコンテンツをユーザーが入力および管理できる環境。すべてのオーサーインスタンスは、特にエクストララージインスタンスとして指定されていない限り、ラージインスタンスです。

バックアップ: 各 AEM デプロイメントで利用可能なバックアップ容量の合計です。

Brand Portal Brand Portal On-demand Services。Brand Portal On-demand Services のストレージはお客様のストレージ総量に含まれます。

Brand Portal ユーザー: Brand Portal ユーザーインターフェイスを使用したり、アクセスしたりできる個人。Brand Portal ユーザーのライセンスを同時に、または複数のユーザーで使用することはできません(同じログイン ID を複数のユーザーまたはコンピューターで同時に使用することはできません)。

同梱オンデマンドサービス: 該当する AEM Managed Services Base Package の説明に記載されている下記のいずれか、または組み合わせ。

  • Analytics Essentials
  • Brand ポータル
  • Experience Targeting
  • スマートコンテンツサービス

同梱オンデマンドサービスは、Managed Services 環境外のマルチテナント環境で運用されます。そのため、同梱オンデマンドサービスは、関連する Managed Services の最低稼働率に従って提供されるものではありません。また、本契約に定められているその他の Managed Services のインフラストラクチャ関連、バックアップ、ストレージ、暗号化、データ保持、サポート義務のいずれも適用されません。同梱オンデマンドサービスは、HIPAA および FedRAMP に対応していないため、HIPAA または FedRAMP 保護の必要なデータや処理には使用しないでください。

同時利用ユーザー: Managed Services の実稼働環境オーサーインスタンスに同時にアクセスしているユーザー数。カスタマイズ無しですぐに使用できる AEM Managed Services は、Managed Services の実稼働環境オーサーインスタンスにユーザーから掛かる平均負荷に基づいて指定された、同時利用ユーザー数(「製品およびサービス」の説明に記載)に対応する仕様となっています。同時利用ユーザー数が、該当する製品やサービスの説明に指定されている同時利用ユーザー数を超えた場合、または Managed Services の実稼働環境オーサーインスタンスにユーザーから掛かるお客様の平均負荷が、Adobe の仕様平均値を超えた場合、お客様がご利用のサービスのパフォーマンスに制限がかかる場合があります。Managed Services の実稼働環境オーサーインスタンスにユーザーから掛かるお客様の平均負荷が、Adobe の仕様平均値を下回っている場合は、お客様の AEM Managed Services のデプロイメントでは、指定された同時利用ユーザー数(「製品およびサービス」の説明に記載)以上のユーザー数に対応できる場合があります。

顧客実施型エンジニア: セールスオーダーに別途指定がない限り、1 年あたりの顧客実施型エンジニアのサポート合計 90 時間の範囲で Managed Services のベストプラクティスに関する質問に答えてくれる、最大 10 名の指名カスタマーテクニカルサポート担当者のプールされたリソースです。Adobe では、顧客実施型エンジニアに関連する応答時間の指定は特にありません。

カスタマーサクセスエンジニア: Managed Services の初期実装、アップグレードプロセス、Managed Services のベストプラクティスに関する最大 10 名のカスタマーテクニカルサポート担当者からの質問に回答するリソース。これらのカスタマーサクセスエンジニアは、お客様を担当するカスタマーサービスエンジニアの現地時間で、月曜から金曜の午前 9 時から午後 5 時の間対応可能です。Adobe では、カスタマーサクセスエンジニアに関連する応答時間の指定は特にありません。

デプロイ 何らかの方法により直接的または間接的に、受信者を含む 1 人以上の人または 1 つ以上の事業体にドキュメントを配信または利用可能な状態にすること。デプロイされたドキュメントは、配布できなくなるまで、デプロイされているものとみなされます。

開発 (QA) インスタンスは、設計、コーディング、テスト、品質保証などの開発機能を実行するための非実稼働環境です。開発 (QA) インスタンスはすべて、ラージインスタンスです。

ディスパッチャーインスタンス 動的な Web オーサリング環境のキャッシュおよびロードバランシングツールのための環境。キャッシュでは、ディスパッチャーインスタンスは HTTP サーバーの一部として機能し、静的な Web サイトのコンテンツをできるだけ多くキャッシュし、Web サイトのレイアウトエンジンへのアクセスをできるだけ少なくします。ロードバランシングでは、ディスパッチャーインスタンスは、他のクラスター化されたインスタンス全体でロードを分散します。ディスパッチャーインスタンスはすべて、ラージインスタンスです。

ドキュメント AEM Forms で処理または生成する電子または印刷ファイル。データが入力および保存されるデータフィールドを持つ文書を含みます。1 つのドキュメントは、デプロイされたドキュメントの同一のコピー、デプロイされたドキュメントの言語の直訳、他のデプロイされたドキュメントとの相違点が誤植を修正した点のみ、あるいは、受信者に関する情報(例えば、氏名、住所、アカウント番号など)のデプロイメント前のカスタマイズを含有、のいずれにも該当しない場合は、「他には存在しない唯一無二である」とみなされます。およびドキュメントの根本的な事業目的を変更しない類似の相違を含むものでない限り、それぞれ固有とみなされます。

ドキュメントレンダリング:テンプレートとデータの組み合わせによるドキュメントの描画、ドキュメントのデジタル署名または認証、またはドキュメントの長さや最終版形式に関わらず、ある形式から別の形式へのドキュメントの変換のこと。カスタマイズ無しですぐに使用できる AEM Forms Managed Services は、標準化されたドキュメントレンダリングパターン (例えば、1 時間あたりのドキュメントレンダリングスパイクが 1 時間平均 25% を下回るドキュメントレンダリングパターン) に基づいて指定された年間ドキュメントレンダリング回数 (「製品およびサービス」の説明に記載) に対応する仕様となっています。システムパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあるほどに、ドキュメントレンダリングが標準化されたドキュメントレンダリングパターンを超えて増加すると、Adobe では各四半期毎に最大で 2 週間まで、追加料金なしで、お客様の超過ドキュメントレンダリングに対応するための相応の取り組みを行います。

強化されたインサイトのライセンスの制限とは、以下のライセンスの制限を意味します。

  • Foundation Reports and Analytics
    • レポート (Reports):Report に含めることができる一意の値またはデータ要素は、1 ヶ月あたり最大 50 万 (500,000) までです。
    • マルチサイトロールアップレポートスイート (Multi-Site Roll-up Report Suites):Multi-Site Roll- up Report Suite に含めることができるデータ (毎日更新) は、最大 200 レポートスイートまでです。
    • Props:レポートスイートあたり 75 Prop までです。Prop に含めることができる一意の値またはデータ要素は、1 ヶ月あたり最大 50 万 (500,000) までです。
    • eVar:レポートスイートあたり 200 eVar までです。各 eVar に含めることができる一意の値またはデータ要素は、1 ヶ月あたり最大 50 万 (500,000) までです。
    • イベント (Events):レポートスイートあたり 1000 Event までです。
    • 処理ルール(Processing Rule):レポートスイートあたり 150 Processing Rule までです。
    • 計算指標:この機能は、フォーマットタイプ (10 進数、時間、パーセント、通貨)、配分の変更 (デフォルト、リニア、パーティシペーションなど)、指標タイプ (標準および合計)、基本演算子 (加算、減算、乗算、除算) などの基本的な計算指標に限られます。
  • 異常検知:この機能は日単位に限られます。
  • その他の使用制限。Analytics による強化されたインサイトにはアクセスまたは使用のためのライセンスが含まれず、お客様は、アドホック分析 (Ad Hoc Analysis)、レポートビルダー (Report Builder)、貢献度分析 (Contribution Analysis)、顧客属性 (Customer Attributes)、すべての Live Stream 機能 (Analytics から Campaign までルールベースのトリガーを除く)、Mobile Services UI、モバイルアプリのマーケティング機能、ビデオストリーム、広告分析 (Advertising Analytics)、または Adobe Analytics のサービスまたはアドオンの一部として使用できるその他の機能、サービス、または機能強化にアクセスしないこと、または使用しないことに同意したものとみなされます。

エクストララージインスタンス: 4 vCPU の配分。

フォーム提出: AEM Forms で作成されたあらゆるタイプや形式の提出データを、結果的にデータベースや他のストレージレポジトリ等、場所を問わずに提出すること。1 つのフォームが複数のページやパネルからなる場合、そのフォームの提出は 1 回のフォーム提出とみなされます。部分的に完成しているフォームの場合は、フォーム提出としてカウントされません。最終版のフォームの提出のみが、フォーム提出としてみなされます。フォームセットの各フォームは、個別のフォーム提出としてカウントされます。カスタマイズ無しですぐに使用できる AEM Forms Managed Services は、標準化されたフォーム提出パターン(例えば、1 時間あたりのフォーム提出スパイクが 1 時間平均 25% を下回るフォーム提出パターン)に基づいて指定された年間フォーム提出回数(「製品およびサービス」の説明に記載)に対応する仕様となっています。システムパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあるほどに、フォーム提出数が標準化されたフォーム提出パターンを超えて増加すると、Adobe では各四半期毎に最大で 2 週間まで、追加料金なしで、お客様のフォーム提出回数超過に対応するための相応の取り組みを行います。

インスタンス

(a)Managed Services のデプロイメントでは、1 台のコンピューター上で実行する 1 つの AEM Managed Services、および

(b)オンプレミスソフトウェアのデプロイメントでは、物理コンピューターまたは仮想環境上の Java 仮想マシンプロセス内でインスタンス化され実行する 1 つのオンプレミスソフトウェア。

各インスタンスは作成者インスタンスまたは発行インスタンスに指定できますが、いずれも別途 1 つのインスタンスとしてカウントされます。

ラージインスタンス: 2 vCPU の配分。

Media Library では、個々のデジタルアセットレベルで使用するために AEM Assets で次の機能を利用できます。お客様の Web コンテンツ管理システムを支援するデジタルアセットのストレージ、「プロパティ基本」タブでのメタデータプロパティの管理、タイムライン機能へのアクセス(コメントの表示、アセットのバージョンの管理、ワークフローの起動、アクティビティの表示など)、注釈アイコンを使用したコメントの追加、静的なレンディションの管理、共有リンクによる Creative Cloud ファイルの共有。AEM Assets のその他の機能を使用するには、AEM Assets のフルライセンスが必要です。

ネットワーク I/O: 各 AEM デプロイメントの、指定のクラウド領域との入出力合計トラフィック。局所的なクラウドを離れず、代わりにそのクラウド上の別のサーバーで終結する情報の送受信に上限はありません。

ページビュー: アプリケーションの画面表示、アプリケーションの画面状態、モバイル Web ページ、ソーシャルネットワークページを含む、インターネットサイトの電子メールまたは Web ページの単一表示。ページビューは、Web ページの読み込みまたは更新、アプリケーションの読み込み、コンテンツのレンダリング、または開いているか表示中の電子メールからコンテンツが表示されるたびに発生します。

PDF フォームレンダリングエンジン: PDF フォームの記入、保存、送信を動的にレンダリングし、デプロイする AEM Forms のサーバーベースのコンポーネント。

Player: 接続されたディスプレーパネル上でのコンテンツやエクスペリエンスを管理する目的で AEM Screens アプリケーションがインストールされているデジタルメディアコンピューター。1 つの Player で対応可能なディスプレー数は 25 台までで、それ以上のディスプレーでコンテンツを再放送することはできません。

プライマリサーバー呼び出し お客様サイトでの各ページビュー、離脱リンク、ダウンロード、カスタムリンク、その他のイベントの中で、Adobe Analytics Essentials にアクセスし、使用する目的でかかるページビュー、離脱リンク、ダウンロード、カスタムリンク、その他のイベントにお客様がタグ付けした、タグ付けを許可した、またはタグ付けさせたものです。タグ付きの各ページビュー、離脱リンク、キャンペーンコンテナ要求、ダウンロード、カスタムリンク、その他のイベントは、1 つのプライマリサーバー呼び出しとカウントされます。該当する場合、オフラインソースから読み込んだ各データ行は、1 Primary Server Call とカウントされます。

処理インスタンス: パブリッシュインスタンスで発生しないランタイム処理操作が実行される環境。

パブリッシュインスタンス: お客様が対象とする視聴者にコンテンツを利用可能にする環境。すべてのパブリッシュインスタンスは、特にエクストララージインスタンスとして指定されていない限り、ラージインスタンスです。

Reader 拡張機能: ドキュメントで使用する場合にお客様が Adobe Acrobat Reader で追加の Reader 機能を有効にできる AEM Forms Managed Services のモジュール。

Reader 機能

(a)AEM Forms Managed Services によって PDF ファイルに組み込まれた特定のテクノロジーで、それ以外では利用できない Adobe Acrobat Reader ソフトウェアの機能(ローカルにドキュメントを保存、注釈を付けるなどの機能)を有効にします。

(b)Adobe Forms Rights Management により直接、またはサポートされるソフトウェアアプリケーションを介して、実施されるように設計されたアクセス権および使用権を記載または参照するメタデータ(コンピューターに保存されたり、サポートされるファイル形式の電子ファイルに埋め込まれている)。

受信者: お客様が直接または間接的にドキュメントをデプロイする相手先。受信者ライセンスは 2 名以上の個人受信者で共有または使用することはできませんが、再割り当てすることができます。

(a)お客様との関係を解除した前の受信者と新しい受信者が入れ替わる場合

(b)書面によるアドビの許可を得た場合

セカンダリサーバー呼び出し:お客様サイトでの重複ページビュー、離脱リンク、ダウンロード、カスタムリンク、その他のイベントの中で、お客様がサイトでの VISTA 規則 (Visitor Identification, Segmentation, and Transformation Architecture) を使用して、マルチサイトタグ付けまたはカスタマーデータのリアルタイムセグメンテーションを有効にしているものです。

サービスティア: 

機能

ティア 1

ティア 2

顧客実施型エンジニアへのアクセス

最大 90 時間/年

 

カスタマーサクセスエンジニアへのアクセス

 

X

セルフサービス自動処理

X

X

24 時間 365 日のユーザーサポートと監視

X

X

パッチとアップグレード

X

X

バックアップ、復元、障害回復

X

X

事前設定済みインストール

X

X

顧客とパートナー向けのオンボード会議

X

X

ベストプラクティスの指導

 

X

稼働準備とアップグレードの指導

 

X

専任の稼働開始日サポート

応相談

X

監視のカスタマイズ

 

X

システムアーキテクチャのカスタマイズサポート

 

X

管理されたコードリポジトリを使用した進行中のコードのデプロイ

 

X

進行中のパフォーマンス調整と実稼働のカスタマイズサポート

 

X

定期メンテナンスの管理

 

X

実稼働の管理

 

X

スマートコンテンツサービス スマートコンテンツサービスオンデマンドサービス。お客様は、スマートコンテンツサービスにタグ付けされた画像を送信して処理することを選択できます。お客様は、この処理によってスマートコンテンツサービスが今後画像処理を行う際に、お客様のタグのつけ方を学習しより正確に再現できるようになることに同意します。

ステージインスタンスは、本番環境に適用する前にコンテンツの変更を検証するために使用する非本番環境です。すべてのステージインスタンスは、特にエクストララージインスタンスとして指定されていない限り、ラージインスタンスです。

ストレージ: 各 AEM デプロイメントで、すべてのアクティブなデータについて常時利用可能な合計ストレージ。ストレージには、オブジェクトストレージと固体ドライブストレージがあり、必要に応じて Managed Services 標準運用手順に指定されている割合での Managed Services の効率的な運用にご利用いただけます。

ユーザー 基本利用条件に記載される「ユーザー」の意味もありますが、プログラムで(API を使用するなどして)製品およびサービスにアクセスする個人も含まれます。

Visual Configurator パーソナライズおよびカスタマイズ効果を得るための顧客のオンラインビジュアル構成ソリューションを実現するリアルタイムの画像レンダリングテクノロジーおよびフレームワーク。これらの効果には、カラー、テクスチャ、サーフェス、パターン、モノグラム、エッチングの製品イメージまたはシーンへのリアルタイムレンダリングなどがあります。Visual Configurator のお客様のライセンスには、Scene7 Image Authoring の 10 インスタンスが含まれます。

1 対 1 テンプレート ターゲットのサイト訪問者に対し、1 対 1 でパーソナライズされたリッチメディアバナーを動的に組み立てて配信します。1 対 1 テンプレートは、発信元サーバーの要求がアカウントの要求合計の 30%を超えている場合、1 対 1 で高度にターゲットされたダイナミックバナーまたは 1 対 1 でパーソナライズされた電子メールに必要です。

 

 

 

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー