最終更新日:2020 年 2 月 5 日

Audience Manager とは

Adobe Audience Manager は、デジタルでアドレス可能な消費者データを管理するためのプラットフォームを提供しています。このアプリケーションで様々なデータソースを統合して、ユーザーの共通の特性を組み合わせて、高価値オーディエンスセグメントを定義することにより、該当するユースケースが適用可能になります。例えば、すべてのタッチポイント全体でのユーザーの統合、ルックアライクモデリング、アドターゲティング、またはサイト側最適化のためのコンテンツターゲティングなどがあります。

製品およびサービス ライセンス指標 デプロイメント
Adobe Audience Manager アクティビティ オンデマンドサービス

製品の制限:

Adobe Audience Manager の特定の機能の制限事項は次のとおりです。

  • maxTraits = 100000
  • maxRuleBasedTraits = 100000
  • maxOnboardedTraits = 100000
  • maxAlgoTraits = 50
  • maxSegments = 20000
  • maxLookalikeModels = 20
  • maxDestinations = 1000
  • maxPushDestinations = 1000
  • maxS2SDestinations = 100
  • maxAdsDestinations = 1000
  • maxPredictiveAudiencesModels = 10
  • 予測オーディエンスモデルごとの maxPredictiveBasePersonas = 50

注:上記の配信先制限は、ピープルベースの配信先アドオン機能の配信先制限とは別です。ピープルベースの配信先アドオン機能の配信先制限については、セールスオーダーを参照してください。

定義

アクティビティ:Audience Manager オンデマンドサービスとのすべてのオンサイトインタラクションとオフサイトインタラクションの総数を意味します。以下を含みますが、これらに限られません。

  • サーバー呼び出し:Web サイト、サーバー、電子メール、モバイルアプリケーションまたはその他のシステムから Audience Manager に送信されるデータコレクションまたは取得イベント。
  • ピクセル呼び出し(以前のインプレッションサーバー呼び出し):広告から収集されたデータ(ターゲティングプラットフォームからのインプレッションボリュームなど)または Audience Manager に対して行われたメールインプレッション呼び出し。クエリ文字列に「d event」が必要です。
  • オンボード済みレコード:顧客関係管理(CRM)システムまたはオフラインデータファイル(コールセンターレコード、デバイス ID、外部データプロバイダーからのカスタムデータフィードなど)から取り込まれた一意のレコード。
  • ログファイルレコード:ターゲティングプラットフォームから Audience Manager オンデマンドサービスによって取り込まれたログファイルの一意のレコード。

一意のレコード:お客様に代わってアドビが格納したファイル内のデータの個々のレコード。