雲がはっきり写っていないために空の写真が退屈に見える場合は、Adobe Photoshop Lightroom CCで露光量とハイライトを調整して、空を生き生きと見せましょう。
雲のフォトブック

この写真を使って作業を進める場合は、練習用ファイルをダウンロードしてください。「+」アイコンをクリックしてサンプル写真を追加するか、自分で用意した写真を使用します。

雲のディテールが見えない空の写真で編集を開始します。

水空

好みの外観になるまで、ライトコントロールをいろいろと試してください。

空編集アプリ

露光量とハイライトを下げて、明るい部分のディテールを再現します。下の画像は、好ましい結果が得られた設定を示しています。

Lightroom CCの露光量とハイライト

簡単な調整で、空の写真のディテールをご覧のように復元できます。

bring-out-clouds-in-sky_step4_BEFORE bring-out-clouds-in-sky_step4_AFTER

これで退屈な空を生き生きと描くことができます。より柔軟に編集したい場合は、RAW形式で撮影するメリットを参照してください。

10/17/2018

提供元:Pei Ketron

このページは役に立ちましたか。