スマートフォンやタブレットのAdobe Photoshop Lightroomに内蔵されているカメラで美しい写真を撮る方法を紹介します。
スマートフォンを手で持って灯台の写真を撮影中

スマートフォンやタブレットでLightroomのアプリ内カメラを開く

またとない瞬間の写真を撮るときに、明るさの条件が理想的とは限りません。空が曇っていたり、部屋が薄暗かったり、あるいは蛍光灯の光が写真を台無しにすることがよくあります。

Lightroomモバイル版のアプリ内カメラを使うと、露光量を適切に設定したり、クリエイティブな効果を適用したり、写真の構図を決めたりすることで美しい写真を簡単に撮影できます。

モバイルデバイスでLightroomを開きます。カメラボタンをタップして、Adobeアプリ内カメラを起動します。

デフォルトのカメラモードは「AUTO」に設定されており、すばやく撮影するのに便利です。オプションが多数用意された撮影モードに切り替えるには、カメラモードボタンをタップして「プロフェッショナル」を選択します。

スマートフォンにRAW写真撮影機能が備わっている場合は、このアプリ内カメラでDNGまたはJPEGのどちらかのファイル形式を選択できます。ファイル形式の切り替えは、画面上部にあるファイル形式スイッチでいつでもおこなえます。

左のスマートフォン画面はLightroomの「カメラ」アイコン、右のスマートフォン画面はカメラのインターフェイス

ホワイトバランス設定を選択する

ホワイトバランスは、画像の色をできるだけ正確に見せるために光を調整するカメラ設定です。「プロフェッショナル」カメラモードでは、ホワイトバランス設定を変更できます。

シーンのライブビューの下にある「WB」(ホワイトバランス)アイコンをタップし、以下のホワイトバランスオプションのうちの1つをタップします。

  • 自動ホワイトバランス(AWB)
  • 室内のシーンでは、白熱灯(電球アイコン)または蛍光灯(蛍光灯アイコン)
  • 屋外のシーンでは、晴天(太陽アイコン)または曇り(雲アイコン)
  • 撮影対象内のニュートラルグレーを使って整える場合は、カスタムホワイトバランス(スポイトアイコン)

この写真は屋外で撮影されたため、「晴天」ホワイトバランスを選択して屋外の照明用に調整しました。

左右に並んだスマートフォン画面、右の灯台のカメラ画像では青の色かぶりが除去されている

オーバーレイグリッドを使用して写真の構図を決める

Lightroomカメラにはグリッドオーバーレイがいくつか用意されており、写真の構図やフレームを決めるのに役立ちます。右上にあるドットが3つ並んだアイコンをタップし、グリッドアイコンをタップすると、グリッドオプションが表示されます。

二分割グリッドではフレームが縦横とも半分に分割され、三分割グリッドではフレームが三分割される定番の構図となります。黄金比のオーバーレイは、これも定番の構図とされている黄金比にもとづいています。水平をあわせるレベルのオーバーレイもあり、デバイスのセンサーを利用して、カメラとシーンの地面を水平に揃えられるようになっています。 

三分割アイコンをタップします。被写体をグリッドの線や交差に合わせて、写真の構図を決めます。

グリッドオーバーレイを非表示にするには、「グリッドとレベル」表示設定でなしアイコンをタップし、タップして表示設定を閉じます。もう一度ドットが3つ並んだアイコンをタップして、水平のメニューを非表示にします。

灯台の画像が映っている2つのスマートフォン画面、右の画面にはグリッドオーバーレイが表示されている

シュートスループリセットを適用する

プリセットとは、写真を好みの外観にするための設定の組み合わせです。シュートスループリセットは撮影時に適用します。シュートスループリセットが写真にどのように反映されるかを、撮影の前にプレビューできます。

右下にあるプリセットアイコンをタップすると、シュートスループリセットのサムネールが表示されます。コントラスト(高)、フラット、シャドウ(暖色系)、白黒コントラスト(高)、白黒フラットがあります。いずれかのプリセットを写真上でプレビューするには、そのサムネールをタップします。プリセットをアクティブにした状態でキャプチャボタンを押すと、そのプリセットが写真に適用されます。プリセットによって適用された設定は、撮影後に写真を編集するときに変更できます。つまり、いつでも元の写真に戻すことができます。

シュートスループリセットがアクティブになると、プリセットアイコンが黄色に変わります。プリセットなしのシーンをプレビューするには、左にある斜線入りのサムネールをタップしてプリセットを無効にします。サムネールのプレビューを非表示にするには、プリセットアイコンをもう一度タップします。

左右に並んだスマートフォン画面、左の灯台のカメラ画像の方が色調が暖かい

写真を撮る

白いシャッターボタンをタップして写真を撮ります。

左下の画像サムネールをタップして撮影した写真を表示するか、画面左上の「X」をタップしてアプリ内カメラを終了し、写真の編集へ進みます。アプリ内カメラで撮った写真は自動的に「すべての写真」に保存されます。「Lr Camera写真」アルバムにも保存され、これを使用するとアプリ内カメラで撮影したすべての写真にすばやくアクセスできます。

画面左上の「X」アイコンをタップしてアプリ内カメラを終了し(左)、「Lr Camera写真」アルバムの写真にアクセス(右)

カメラ設定を試してみる

Lightroomのアプリ内カメラの各種設定で、様々な写真効果を試してみましょう。Lightroomのアプリ内カメラで撮影した写真と、モバイルデバイスのLightroomでそれらに適用した編集は、デスクトップや他のモバイルデバイス、webのLightroomと自動的に同期されます。

編集前後の灯台の画像、編集前はカラー、編集後は白黒
07/08/2020

フォトグラファー:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。